生きづらさは”愛のもつれ”でできる | 福岡 博多 熊本 自分のことが好きになる心理セラピー 心理カウンセリング ビリーフチェンジ ストレスクリア トゥルーステップ

福岡 博多 熊本 自分のことが好きになる心理セラピー 心理カウンセリング ビリーフチェンジ ストレスクリア トゥルーステップ

やりたいことができる!好きな自分になれる!
"心"と"思い"が一致するときが"自分を変えられる"とき。
そんな"心"と"思い"が一致する、自分を好きになる心理セラピー・心理カウンセリングをご提供しています。


テーマ:

福岡・熊本にて 心理カウンセリング と 心理セラピー をご提供している

心理カウンセラー/心理セラピスト 畑中登世秀(はたなか とよひで)〔本名〕です。

 

いろんなセラピーを経験して楽になったけど、

漠然と幸せを感じられない方に、

心理セラピーを通じて、

自分本来の本当の幸せに導くセッションを

ご提供しています。

 

 
ビリーフチェンジで扱う”ビリーフ”とは、『生き方のルールの”思い込み”』のことです。
 
『悪運がいい』などビリーフがあると人生で同じような経験を繰り返します。
 
そのなかで特に『~であってはいけない』がつく”禁止のビリーフ”は 行動を制限し 感情に苦しみ 生きづらさの根本原因になります。 
 
・真剣なお付き合いができない相手ばかり好きになる(愛情を感じてはいけない)
 
・ちょっとしたことで落ち込みがはげしく なかなか立ち直れない(自己価値を感じてはいけない)
 
・いつも不安で消えてしまいたくなる(存在してはいけない)

…など。

 

このような禁止のビリーフは幼少期の家族間(特に両親)の”愛のもつれ”からつくられます。

 

禁止のビリーフは、幼少期の限られた状況のなかで両親に

 

”愛されるため”、”育ててもらうため”、”生き延びるため”など

 

愛を得るために身につけた鎧であり、

 

また両親を愛しているからこそ、

 

両親に幸せになってほしい”、”両親に笑顔になってほしい”ために作った仮面です。

 

鎧と仮面をつくるために子供のあなたは

 

感情を我慢し 行動を制限する 必要があったため

 

”生き方のルール(禁止のビリーフ)”をつくりました。

 

禁止のビリーフは心の表面には見えない根のようなもので人生全般に影響を及ぼします。

 

 

愛を得るため、愛しているために、我慢や犠牲になるという”愛のもつれ”によってつくられた禁止のビリーフは、拒絶したり見ないようにするとより強固になり存在感を増します。

 

 

ビリーフチェンジのセッションでは”愛のもつれ”を受け入れほどいていくことにより禁止のビリーフが柔らかくゆるんで溶けていき再決断(ビリーフチェンジ)が起こります

 

”愛のもつれ”には、そもそも そこに愛がないと もつれることもありません。

 

”本当はありのままの自分を両親に愛してもらいたかった”、

 

また 本当は両親を愛していた”

 

気持ちを受け入れ、幼少期に我慢した感情を解放してあげることで

 

禁止のビリーフが柔らかくゆるんで溶けていき

 

新たな望む生き方を手に入れることができます

 

 

 

 

 

"後悔の人生"をくりかえさない!! ビリーフチェンジ

 【ご提供場所】

・対面セッション : 福岡・熊本

 

友だち追加

お友達に追加 頂くと《トゥルーステップ》《ビリーフチェンジ》《ストレスクリア》のどれかおひとつのセッション代を割引させて頂きます^ ^

 

☆ メニュー

ストレスクリア・ビリーフチェンジ 心理セラピスト 畑中登世秀さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス