只今朝の6:30。 | ENIAC MANIAC Ⅱ

ENIAC MANIAC Ⅱ

アメリカンビンテージが大好きです。

ここのところ朝晩はかなり涼しくなってきましたが、これは連休中のネタです。

 

私のベルエア、今の所特に急いで直さなければならない所が無いのは有難いのですが、となるとブログのネタにするような事も無い・・・と言う訳で今回はちょっと無理やりネタ作りです。

 

私のベルエアにはクーラーは付いていないので必然的に夏場の使用頻度はかなり減ります。

 

なので特に使う予定は無いけど取りあえずエンジンくらいはかけとくか・・・と、エンジンをかけてブレーキの踏みしろを確かめ、トランスミッションを一通りシフトして正常なのを確認してそれで終わり・・・みたいな事がよくある訳ですが、そうなるとどうしてもバッテリーの比重が下がって来ます。

 

と言う訳でいつも比重のインジケーターを見て下がって来たら完全に上がってしまう前に充電する事にしています。

 

バッテリーはスペアがあるのでそれと付け替えて元のバッテリーを充電する訳ですが、何せ真夏の暑い中、日中やるのは嫌なのでまだ多少は涼しい朝のうちにやる事にしました。

 

と言う事でいつも会社に行く時より早起きして朝の6:30に家の前までベルエアを回して来ました。

 

 

こちらが「なんちゃってビンテージバッテリー」なカバーが付いた元のバッテリー。

 

 

そしてこちらが付け替えが終わった本来の姿のスペアバッテリーです。

 

もう何年もなんちゃってビンテージバッテリーの姿に見慣れてしまっているので、スペアに付け替えると物凄く違和感があります。

 

まぁ、カバーも付け替えれば良いのですが、バッテリーを充電している間動かせたら良いだけなのでいつもこんな感じです。

 

で、交換作業、仕事の時に華氏100度(37.8℃)になる事もある現場で汗だくになって仕事をしていますから、休みの時まで汗だくになるのは嫌だ・・・と朝の6:30に作業をした訳ですが、やっぱり汗だくになってしまいました(泣)。

 

なのでどうせ汗だくになってしまったのでついでに何か見ておこうと言う事で・・・

 

 

 

フロントをジャッキアップしてハブベアリングのガタを再点検しておきました。

 

 

そして後日、充電が終わったバッテリーを元に戻す時は「ちょっと涼しくなってから作業をしよう」と今度は夕方の6:30に作業をしたのですが、やっぱり汗だくになってしまったのは言うまでもありません(笑)。

 

camera:Canon F-1 + Kodak Portra 400 film