2005-01-25 00:34:57

聖なる春

テーマ:推薦本
「夜働いている女だと、雨の日を選んで迎えにいく。
レインコートだけ羽織って、傘はわざと持っていかない」

「聖なる春」久世光彦、新潮社刊

この本は何度読んだだろう。

初めて読んだのは、ベトナムのハロン湾のクルーズ。
気持ちいい風とカンボジアからベトナムに入った安心感と船の中で飲むビールの酔いに包
まれて、少し陽気に少し怠惰に、ゆっくり読んだ。

まず、表紙のクリムトの暗い絵が好きになった。

甘美に抱き合っているのに、後ろには亡霊達が睨んでいる「愛」という名の絵に惚れた。
ポストカードを買った。壁紙にした。クリムトの個展を親友と渋谷に見にいった。

だんだん、原画が見たくなった。

ウィーンにあるらしい。

来年、サッカーを見に山仲間と、ドイツに行く。

ドイツならわたしはサッカーより、まずこの絵が見たい。見つめていたい。

自分の過去の「愛」が走馬灯のように、駆け巡るだろうか。

どんな気持ちになってもいい。

ただ絵が欲しい。
クリムトグッズを買い占めよう。

お金をためよう。

楽しみがあると、出稼ぎも楽しくなる。

天敵のようにいじわるな事をわたしに言う、あのお客さんにも、たまには笑ってあげよう。

天敵達は、わたしに謝ってくる。

だけど、わたしは許す事はしない。
わたしを過呼吸にさせる程、傷つけた人達になぜ、つかなきゃならないのか。

ママから指名を受ければ、いきますよ、天敵達。

だけど、ドリンク料は高いですよ。
わたしあの店の娘なんです。

タレントの中でも、一番、「お姉さん」な年齢なんですよ。

だから、どんなに嫌な事があっても、店では泣いちゃいけないんです。
ひそかに、いろんな物を我慢して、大人として、飲み込んでるんです。
虚勢張りっぱなしですよ。

だから、たまに自分のお客様の楽しい宴で、陽気に飲み過ぎます。

だけど、毎日はそうじゃないんです。

もう、天敵方がいらっしゃると身体が震えちゃうんです。

また、過去吸になったら怖いと思って。

過呼吸って知ってますか。なった事ありますか。

死ぬほど苦しいんです。涙が止まらなくなるんです。
仕事なんてできません。

だから、やはり、天敵方はお断りします。

出稼ぎ妨害そのものですから。

以上。

話しの展開がそれましたが、ご容赦下さいませ。

管理人、やや感情的になってます。
煙草でも吸いたいと思います。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2004-11-22 22:01:30

「フィリッピーナを愛した男たち」

テーマ:推薦本
フィリッピーナを愛した男たち (文春文庫)/久田 恵
フィリピンパブにこれから行き始める方、行っている方におすすめ。

作者 久田恵  文藝春秋社 第21回大宅賞受賞のノンフィクション。
¥428
Amazon.co.jp


1986年初版です。


今とのシステムの違いを楽しむのもよし、いろんな恋愛模様を観察するのもよし、国際結婚の難しさを感じるのもよしです。フィリピンという国もかい間みれます。


いろんなピーナと男達の恋愛模様と自分と愛するピーナの今を比較するのも面白いかも?



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。