桂米紫のブログ

米朝一門の落語家、四代目桂米紫(かつらべいし)の、独り言であります。


テーマ:
今日は、四年前まで住んでおりました“元・地元”、京都府向日市で年に二回のペースで定期開催させて戴いている、『ひまわり寄席』の開催日でありました。


今日の僕の演目は、シュール落語の極北「義眼」と、人情味溢れる親子のドラマ「子はかすがい」という…両極端な二本立て。

130名程の、満席のしかもとてもご陽気なお客様方に恵まれ、楽しく高座を務めさせて戴きました。


助演は「映画好き」という僕と同じ趣味を持つ桂寅之輔くんと…そして一年ぶりの再会となる、琵琶奏者の村上旭楓ちゃん。

思い起こせば、旭楓ちゃんと初めて出会ったのは、今から七年前…彼女がまだ中学二年生の頃。
藤井寺の落語会で共演させてもらったのがきっかけでした。

その後何度か、その藤井寺の会でご一緒させてもらい、『ひまわり寄席』にも出てもらうようになって、世話人さんにもバッチリ気に入られた彼女は、今や『ひまわり寄席』の準レギュラー的ポジションを獲得するに至りました。


明るくハキハキしてて、その上細やかな気配りも出来る…幼少の頃から「琵琶の弾き語り」という希少で難しい世界に飛び込み、厳しい師弟制度の中腕を磨いている彼女なら、当然の事でしょう。

一年ぶりに彼女の「弾き語り」を聴かせてもらいましたが、今までの“一生懸命さ”に、“琵琶を弾き語る楽しさ”というのがいい感じに加味されて、その上達ぶりにオジサンはとても嬉しくなりました。

まだ21歳やけど、芸歴はもう十年やものね。
これからの旭楓ちゃんの活躍が、本当に楽しみです。


ただ旭楓ちゃん、めちゃくちゃ背が高いのです。
今日訊いたら、176cmもあるそうです。

旭楓ちゃんの事は大好きですが…極力僕の横には並ばないでもらいたいもんです。


落語会終演後は家に直帰して、ウチに入門志願に来てる見習いさんに、落語のお稽古を。

故あってまだ正式入門って訳ではありませんが…着物の畳み方とか楽屋の作法とか、鳴物の打ち方とか落語のお稽古なんかを、ボチボチ指導させてもらっています。


ただこの見習いも、背が高いときてやがります。
確か180cmとちょっとあるとか…。

見習い連れて歩いてると、見習いの方が僕の保護者みたいになっています。

次からの志願者には、身長制限を設けてやろうかと思っています。


写真は、僕と村上旭楓ちゃん。

もちろん旭楓ちゃんは、屈んでくれています。


チビで悪かったな!!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。