続きまして向かった先は東長寺。806年唐から帰国した空海が日本で最初に作ったお寺です。

 

 

              

 

まず目を引くのは何と言っても五重塔です。とても鮮やかな朱色ですね。

 

 

                                  

聖天堂には鈴のかわりに大きな木製の数珠玉が滑車で吊るされぶら下がっています。ガラガラと回す事ができます。少しチベット教のマニ車(转经)みたいですね。

 

次にボランティアスタッフの方がお寺についていろいろとご丁寧に教えて下さいました。これを

中国語で同時通訳もして博多の歴史の勉強だけではなく、中国語のリスニングの勉強も出来ました。

 

                

 

「弘法大師東漸日本最初霊場」。この石碑は西安の青龍寺から寄贈されたものです。

 

                

石碑の裏には簡体字の文章が書かれています。お時間の有る時読んでみて下さい。

 

               

 

 

お昼は美味しい中華料理を食べて1日満喫できました!

 

 

           

               

 

このように教室から離れて博多の魅力を再発見すると同時に中国語でどのように説明するかをその場で聞くことができる実践的な学習法ができました。また次回もこのような機会を設け

たいと思いますので、ぜひ沢山のご参加をお待ちしております。

 

北京・ニーハオ中国語センター                               

福岡市中央区舞鶴1-2-1天神陽明ビル2階

TEL:092-714-3005

HP:www.pekin2180.com

メール:beijing2180@yahoo.co.jp