タイで「中目黒夏まつり」の提灯 | タイの海辺で54才の再挑戦

タイの海辺で54才の再挑戦

タイで29年間暮らしている元バックパッカー。昨年8月、バンコクのカオサンとシーロムで17年間続けてきた「竹亭」を閉め、タイ南部の海辺の田舎町プラチュアップキリカンで再起を賭けてタイ妻と日本料理店「富士山」を開店しました。毎日全力奮闘中。


テーマ:

 タイには
日本からの中古品を
売る店がたくさんあります。



聞くところによると
日本で大量に捨てられる
中古品や処分品を
コンテナーで輸入して
卸す業者があるそうで
バンコクのみならず
プラチュアップキリカンのような
田舎町にさえ
日本中古品店が点在します。



このお店は
タイとミャンマーの
国境
ダンシンコーンの
お土産物屋さんの集まる
一角にありました。



ここは
インテリアに使える中古品を
専門に扱っているので
海岸通りでのイベントに出店する
露店の飾り付けを
探しに来ました。



写真でお分かりの通り
実に多彩な品揃えです。



雛人形、仏画、飾り絵
鯉のぼり、琴、地球儀
全国の観光地の置物、侍の兜の置物
地球儀、ボーリングの玉まであります。



惜しむらくは
壁のない店舗のため
外の土埃が
吹き込み放題で
商品が全て埃まみれなこと。



これでは買う気も
失せてしまいます。


ちなみに私は
この提灯を2個
買いました。



1個140バーツです。



「中目黒夏まつり」
の文字が入っているけど
日本人のお客様は
まずいないだろうから
マイペンライ😁😋🎉✌



この日記を気に入って頂けたら

ぜひ応援クリックを

お願いいたします。

 

他のたくさんの人気ブログにも

出会えますよ!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

 

 

 

 



begritさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス