7-11で見つけた桜の香りの牛乳 | タイの海辺で54才の再挑戦

タイの海辺で54才の再挑戦

タイで29年間暮らしている元バックパッカー。昨年8月、バンコクのカオサンとシーロムで17年間続けてきた「竹亭」を閉め、タイ南部の海辺の田舎町プラチュアップキリカンで再起を賭けてタイ妻と日本料理店「富士山」を開店しました。毎日全力奮闘中。


テーマ:

今日セブンイレブンで
 桜の香りの牛乳を見つけました。


この製品が
棚に並んでいるのは
少し前から
気がついていましたが、
初めて手に取ってみて
ちょっとびっくり。


想定外の桜フレバーの
牛乳でした。


タイの日本ブームは
ここまで浸透しているのですね。


この牛乳の特徴は
最近のタイ人の健康志向を反映してか
牛乳アレルギーの原因となる
乳糖を含まないことです。


さらに成分表によると
砂糖の含有量は5グラム
血糖値を上昇させる
炭水化物は11グラム、4%のみで
血糖値の気になる私も
気安く飲めます。


タイのドリンクといえば
砂糖がどっさり入った
極甘のイメージが強いけど
トレンドは
大分変わりつつあるようです。


ちなみに桜の香りですが
私にはよくわかりませんでした。


言われてみれば
遠くの方で微かに
それらしい香りがする程度。


でも消費者である
一般タイ人も
桜の香りなどわからないでしょうから
マイペンライ😁😂


一本22.5バーツでした。

応援クリックを

頂けたら

とても嬉しいです。

 

他のたくさんの人気ブログにも

出会えますよ!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

 

 
 

begritさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス