(仮)オリジナルご当地 T シャツ製造販売計画 | タイの海辺で54才の再挑戦

タイの海辺で54才の再挑戦

タイで29年間暮らしている元バックパッカー。昨年8月、バンコクのカオサンとシーロムで17年間続けてきた「竹亭」を閉め、タイ南部の海辺の田舎町プラチュアップキリカンで再起を賭けてタイ妻と日本料理店「富士山」を開店しました。毎日全力奮闘中。


テーマ:

近年、タイ人外国人の観光客が
 確実に増えている
プラチュアップキリカンですが
 

お土産物といえば
 お菓子やパイナップルなどの
食べ物ばかりで
 ご当地の名前入りの T シャツ等を
見たことがありません。


 それなら
自分達で作って
販売してみたらどうだろうと
義弟と話し合っています。
デザインは 
アート系の得意な義弟に任せ
 私は営業販売担当です。


 具体的には、
より多くの観光客の目に触れるように
 主な土産物屋、
ホテル、リゾートなどの
宿泊施設での委託販売を
を考えています。


 つまり委託先に 
T シャツを預けて展示してもらい 
売れたらコミッションを払います。


もし売れない場合は
 委託先には
一切の費用はかかりません。 


だから委託先は
ノーリスクで 販売できるわけです。


 現在は
オリジナル Tシャツを
作ってくれる店を
探している段階です。


 先日、
義弟の知り合いの店に
見積もりを出してもらったのですが
 

思ったより高くて
委託先と自分たちの
利益を加算すると
 販売額が当初の予定より
高くなってしまいます。

 
引き続き
 もう少し安く
T シャツを作ってくれる業者を
探してみようと思っています。


ちなみに、
 T シャツの委託先を探しながら
同時に観光客をターゲットにした
富士山の営業もできるので 
一石二鳥だと目論んでいます。 


さて 手頃な価格で 
T シャツが作れるかどうかが
この計画の鍵です。


応援クリック

を頂けたら

とても嬉しいです。

 

他のたくさんの人気ブログにも

出会えますよ!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

 


begritさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス