ムエタイジムで爽快な汗 | タイの海辺で54才の再挑戦

タイの海辺で54才の再挑戦

タイで29年間暮らしている元バックパッカー。昨年8月、バンコクのカオサンとシーロムで17年間続けてきた「竹亭」を閉め、タイ南部の海辺の田舎町プラチュアップキリカンで再起を賭けてタイ妻と日本料理店「富士山」を開店しました。毎日全力奮闘中。


テーマ:

昨日の定休日の夕方、
 地元のムエタイジムに行きました。


 富士山開店で忙しかったので
 ほぼ3ヶ月ぶりの
トレーニングです
このジムは 
お店から車で
20分ほどの所にあります。 

粗末なリングと 
ボロボロのサンドバックと
 屋根があるだけの 
質素な ローカルジムです。


 プロ選手が1名と
地元の子どもたちが
トレーニングに励んでいました。


 私も久しぶりの割には
体もよく動き
トレーナーに パンチが重いと
褒められました😁✌

 
トレーナーの持つミットに向かって
気合いと共に
パンチや蹴りを 打ち込むと
頭の中が真っ白になります。


全身の細胞と筋肉が 
生き生きと
躍動するのを感じます。


気持ちよかったです。
スカッとしました。


私はやっぱり
ムエタイが大好きです。


自分がもし
10代後半もしくは20代前半だったら
 きっとプロを目指したでしょう。


それはもう果たせぬ夢ですが 
それでも自分の年で
これほど夢中になれるものに
出会えたことは幸せです😀


応援クリック

を頂けたら

とても嬉しいです。

 

他のたくさんの人気ブログにも

出会えますよ!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

 





begritさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス