美味!海辺の町のシーフード・カノム・クロック | タイの海辺で54才の再挑戦

タイの海辺で54才の再挑戦

タイで29年間暮らしている元バックパッカー。昨年8月、バンコクのカオサンとシーロムで17年間続けてきた「竹亭」を閉め、タイ南部の海辺の田舎町プラチュアップキリカンで再起を賭けてタイ妻と日本料理店「富士山」を開店しました。毎日全力奮闘中。


テーマ:

タイの代表的なお菓子のひとつが

カノム・クロック。

 

日本のたこ焼き器に似た

鉄板プレートで焼く

タイ版たこ焼きみたいなものです。

 

米粉とココナツミルクと砂糖が材料の

優しい甘さにほっとするお菓子。

 

日本人にも馴染みやすい甘さで

屋台街の定番でもあります。

 

さて、先日

プラチュアップキリカンで

変りカノム・クロックを見つけました。

海辺の町らしく

シーフード入りのカノム・クロックです、

 

ムール貝、海老、カニカマの3種類がありましたが

カニ肉を使っても美味しそうだな。

 

こうなると、

お菓子の域を超えていて

ちょっとした屋台ご馳走です。

 

それでいて

値段は一人前30バーツ。

 

バンコクでは見たことのない

海辺の町らしい

美味でした。

 

 

3つのブログランキングに参加しています。

よろしかったら応援クリックを

お願い致します。

たくさんの人気ブログにも

出会えますよ!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 

 

 

タイ・ブログランキング

 

 

 

begritさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス