自分の欠点 | タイの海辺で54才の再挑戦

タイの海辺で54才の再挑戦

タイで29年間暮らしている元バックパッカー。昨年8月、バンコクのカオサンとシーロムで17年間続けてきた「竹亭」を閉め、タイ南部の海辺の田舎町プラチュアップキリカンで再起を賭けてタイ妻と日本料理店「富士山」を開店しました。毎日全力奮闘中。


テーマ:

をする時、小学生の頃からいつも言われてきた。

力を抜けと。

力むなと。

 

自分はいつも力を入れすぎる。

運動が苦手という先入観があるせいか、野球でもドッジボールでも体操でもうまくやろうとして力が入り身体が固くなって余計に良い結果が出ない。

 

上手な人は余分な力が入っていない。

だから最高のパフォーマンスが出来る。

 

力の入れすぎ。

これは自分の人生の癖のようなものだ。

 

スポーツだけでなく、仕事も旅もムエタイも全力でやってきた。

常にベストを尽くそうとした。

 

さらには恋愛においてさえ

好きになった相手に猛アタックして見事に玉砕!!!

何度人知れず涙を流し深酒に溺れたことか(爆)

 

でも、全力で頑張る自分が好きだ。

すかしていたり醒めている奴は多分私よりも利口だろうけど、自分は熱く燃えて生きたい。

いつもワクワクしていたい。

挑戦していたい。

 

でも、今日のムエタイトレーニングでは意識して力を抜いて練習した。

トレーナーとのミット打ち5ラウンド。

いつもは気合い入れまくって全力でパンチや肘、膝、蹴りを繰り出す。

 

でも今日は、力を抜いてパンチと蹴りを出した。

すると。特に蹴りだがいつもよりスピードが乗ってトレーナーのミットが小気味よく良い音たてる。

打撃力が増している!

スタミナもいつもより温存出来た。

 

この感覚をしかと覚えるようにしよう。

特に自分は気合いと一緒に力も入り過ぎてしまいやすいから。

 

欠点の裏側は良い点でもある。

力が入り過ぎるくらい一生懸命頑張るのだから。

 

それは否定せず、ムエタイだけでなく仕事でも人間関係でも上手に肩の力を抜いて最高のパフォーマンスを発揮できるようになりたいものです。

 

何度も何度も失敗を繰り返しつつ

少しづつでも成長していきたい。

一人の父親としても

娘に親父のそういう背中を見せてやりたい。

 

もしこの日記を気に入って頂けたら、

お手数ですが下のアイコンをクリックして頂けるとても励みになります。

どうぞよろしくお願いいたします^^

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ  

 

タイ・ブログランキング 

 

 

 

 

 

 

 

 

begritさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.