「空き家バンク」で田舎暮らし | 田舎暮らしで自分らしさを・・・自然に生きる

こんにちは、沢が大好きな「さわがに」です

 

 

私たちは2013年11月に長野県のとある村に移住してきました

 

今日はその時の家探しのハプニングなども併せて紹介します

 

 

まず私たち夫婦は、愛知県の中部国際空港の近くで、人生の大半を過ごしてきました

 

丁度10年ほど前ですが、妻と「放浪の旅」なんて言いながら10日間程予定も立てず出発しました

 

 

最初に向かったのは、千葉県に転勤になった次男の所

 

途中、鎌倉の大仏を見学して湘南海岸を眺めながら

 

 

アクアラインで一路、松戸市の次男の所へ顔出しして夕食を一緒に食べ出発

 

 

夜の首都高でビルの銀ギラギンに吸い込まれそうになり、めまいがしそうでした

 

早く都会から脱出したくて、八王子方面から長野県を目指して走り続けました

 

 

翌日は富士山周辺を散策、紅葉が綺麗な時期でした

 

 

 

ちょっとホッとして仮眠を取り、これからの予定を話し合いました

 

なかなか長期の休みは取れないので、この機会に長野県(中信地区)の観光スポットを回ることにしました

 

そして、大町のログハウスのバンガローで連泊することにしました

 

 

松本・白馬・大町・安曇野を中心に時間の許す限りあちこち動き回りました

 

一番興味を持ったのは、安曇野の「ちひろ美術館」でした

 

 

最終日の朝、寒いと思ったら雪で真っ白でビックリしました

 

リンゴに雪が綺麗に乗っていて可愛かったな

 

 

そして、帰る途中岐阜県の馬籠宿にも寄りました

 

 

そして、私たち二人の「放浪の旅」は幕を閉じたのですが、二人の感想は・・・・

 

「いつか長野に住みたいね」でした

 

「放浪の旅」から約5年後、、色々な事情があり途中広島に1年半ほど居ましたが

 

私たちの念願の長野県への移住が実現しました

 

 

移住に関しては「空き家バンク」を活用させてもらいました

 

探す条件として「戸建て・家が広い道に面していない・高台に位置して圧迫感がない所

 

周りに家が密集していない・水洗トイレ・犬が室内で飼える・高速に近い・畑が隣接している」

 

などでした

 

この中で苦労したのは「犬が室内で飼える>高台に位置して圧迫感がない所>水洗トイレ」

 

の順でした

 

 

水洗トイレは、古民家でなければ意外と改修されていてクリアできました

 

高台に位置して圧迫感がない所は、実際に現地で確認するしかないので、その都度

 

空き家バンクの担当スタッフさんに確認しました

 

犬が室内で飼えるは、一番苦労しました

 

屋外で飼って良い物件は、比較的簡単に見つかります、ところが室内となると・・・・

 

やはり貸す側としては、退去後の事を考えると簡単にはOKできないと思います

 

私たちが現在住んで居る物件も室内飼いはNGでしたが、大家さんと直接お話をさせてもらい

 

最終段階でOKをもらうことができました

 

 

空き家バンクで良い物件を探すのは、良い大家さんに巡り合えるかでかなり差が出るような気がしました

 

私たちの大家さんは気さくな方で、色々話しやすくラッキーでした

 

入居前に室内のクリーニングやボイラーの新品交換、シンクの水柱の新品交換もやってくれました

 

 

テレビ、冷蔵庫、洗濯機、食器棚、食器、家具調こたつ、机など使えるものは、そのまま使っても良いから

 

壊れたら処分して構わないと言って、そのままになっていました

 

まぁ、大家さんが処分するのに費用が掛かるし、家から出すだけでも大変だからだと思いますが・・・

 

実際には後日、ほとんど倉庫に大移動させました

 

 

この倉庫は、茅葺をトタン葺きに改修されたリフォームが必要な古民家です

 

住むにはとても大変な状況ですので、倉庫がわりに使って良いと言われてたので助かっています

 

 

そして、物件の下見の時にハプニングがありました

 

空き家バンクのHPで間取りなどを図面で確認して、頭の中で色々想像しながら楽しみに現地に行きました

 

役場のスタッフの方に案内されて間取りを1つずつ確認していたところ・・・・

 

 

スタッフの方が・・・「アレッ?? なんか図面と違う気がする・・・・部屋の数が合わない」

 

事前の確認では、5DKで二人暮らしでは十分過ぎる広さでした

 

ところが、再度確認したところ、7DKだった事が判明

 

実際には、内装が施して無い部屋がもう一部屋ありました

 

少ないと話が違うってなるでしょうが、多い分にはこちらは問題なし!

 

 

結局、私たちの希望する条件を全て満たしてくれる物件に出会えました

 

二人で住むには十分過ぎると思っていたのですが・・・

 

その後、色々な事情で半年後には4人暮らしとなり

 

そのまた1年後には5人暮らしとなりましたが、現在は4人暮らしに落ち着きました

 

 

その後、大家さんの了解を得て、和室は車椅子で移動できるようにフローリングに張り替え

 

トイレも車椅子でもそのまま入れるようにリフォームして、バリアフリー化しました

 

 

移住して6年、環境や周りの人たちに支えられながら「田舎暮らし」を楽しんでいます

 

最近は、空き家バンクの物件の数が減っているようで、探すのもなかなか大変なようです

 

移住をお考えの方は、ひょっとしたら掘り出し物件が見つかるかも知れませんので、

 

空き家バンクを一度ご利用されると良いと思います

 

ながながとお付き合いいただき、ありがとうございました!

 

 

皆さん、今日も一日お疲れさまでした

 

 

by さわがに

 

 

人気ブログランキングへ

田舎暮らしランキング

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ