発想の方法 ~知識の横断~ | 世田谷区で宅建業をメインとした『はぶ行政書士事務所』のブログ

世田谷区で宅建業をメインとした『はぶ行政書士事務所』のブログ

平成27年1月15日に行政書士登録しました。平成27年2月16日まで、はにゅう(仮)としてブログを書いてました。


テーマ:
 どうも、はぶです。

 新しいことを思いつくにはどうしたらいいのでしょう。

 ゼロから思いつくこと。それが出来れば一番いいでしょうね。

 でも、よっぽどの天才じゃない限りそれはなかなか難しいと思います。

 ではどうすればいいのでしょうか。

 それは

 知識を横に繋げることを意識する

ことだと思います。

 私たちは、小学校以降、知識を縦に繋げる方法で学んできています。どういう事かといいますと、
例えば数学でいえば、

 「数列、確率、ベクトル、微分・積分」

などの分野別にして学習をしてきました。

 もちろん最初はこれでもいいのですが、世の中の事象は教科書通りにカテゴリ分けきちんと出来るわけではなく、むしろ色々な要素が複雑に絡み合っています。

 なので、縦ではなく知識を横に繋げることを意識することが大事だと思うのです。

 ところが横に繋げる教育をほとんど受けていないので、違う分野と違う分野をつなげること、また、分析するときはどの分野とどの分野が絡み合ってるかを見抜くことが苦手な人が多い気がします。

 さらに発想ですが、個人的に思うのは新しい発想は、現状に不満があるか、現状あるもの同士を合わせたときに生まれるのではないかなと思います。

 なので、新しい発想をしなくてはいけないときは、ゼロから考えるのではなく、今あるものを繋げることを意識したほうが、生まれやすいのではないかな~と思います。

 最後までお読みいただきありがとうございました。

 では。
 

はぶ行政書士事務所さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス