肩こり頭痛、五十肩、首の痛みは筋膜から整える | 理学療法士 小崎俊季のブログ-人生の本舞台は常に将来に在り-

理学療法士 小崎俊季のブログ-人生の本舞台は常に将来に在り-

「理学療法士の認知・価値の向上」をテーマに奔走中

プライベートスタジオサロンBE FIT代表
理学療法士/コンディショニングトレーナー小崎 俊季によるブログ
読んだ方の生活が良くなるような健康・フィットネス・福祉関連の情報を発信していきます


テーマ:

新宿区四谷のプライベートスタジオサロン

 

BE FIT

 
の小崎です
昨日は肩こりの原因
 
肩甲骨の動きのせいではなく
 
筋膜が関係していると
 
紹介しました
昨日の記事は👇

肩こりの原因は肩甲骨が硬いからなのか

実は肩こりだけではなく
 
四十肩・五十肩痛みや動きの制限
 
首や腕の痛みなどにも
 

筋膜が悪さをしている

 
 
ことが多くあります
首が痛くて病院に行ったら
 
ストレートネックだから痛い」
 
とか
 
ヘルニアだから痛い」
 
そう言われたことがある方も少なくないと思います
間違いではないと思いますが
 
少し考えてみてください
 
ヘルニアだから痛い
 
となると
椎間板が加齢により変性した
 
高齢者はみんな首が痛くなってしまいます
 
腰椎椎間板ヘルニアによる
 
腰痛も同じです
ヘルニアと診断をするのであれば
 
レントゲンだけでなく
 
上肢(腕から指)への痺れ
 
感覚障害
 
筋力低下
 
などの症状があるはずです
 
それがなくて、痛みだけで
 
ヘルニア
 
と診断するのは少し安易ではないか
 
という気もするのです
骨の変形や関節の変性は
 
誰にでも起こります
 
先ほどの痺れ、感覚障害、筋力低下
 
レッドフラッグといわれ
 
それらの症状がみられれば
 
すぐに病院に行って精密検査を受けるべきです
しかし、痛みや可動域制限などの
 
いわゆる機能低下であれば
 
回復する可能性は非常に高いです
 
★はあるひとつの筋膜のライン
 
を表しています
 
目、頬っぺた、こめかみの筋膜は
 
首や肩につながっていますし、
 
手や肘の筋膜も
 
肩や首につながっています
頬っぺたやこめかみの筋肉は
 
咀嚼いわゆる噛むときに使われます
 
食事のときはもちろん
 
現代における天敵
 
ストレス
 
でいつのまにか奥歯を食いしばっている
 
寝ているときにも力が入っているなど
 
知らず知らずのうちに力が入り
 
使い過ぎの状態となり
 
筋膜が硬くなることが多くあります
顔の筋膜が硬くなり
 
つながりのある肩や首の筋膜
 
二次的に硬くしてしまっているのです
 
手の使い過ぎでも同じようなことが起こります
 
顔や、手の筋膜が原因の場合
 
肩や首に電気を当てたり
 
マッサージをしても
 
改善しないことや
 
そのときはよくてもまたすぐに戻ってしまう
 
ということが起こります
ですので、肩や首の痛みでも
 
顔の筋膜を調整すると
 
痛みが改善することがあるのです
 
「ストレートネックだから」
 
「ヘルニアだから」
 
ずっと痛みと付き合っていかなければいけない
ということはありません
 
肩こりや頭痛
 
四十肩・五十肩
 
首や腕の痛み
 
でお悩みの方で
 
筋膜調整を受けてみたい
 
一度筋膜の状態を見てほしい
 
 
という方は
 
>>>> BE FIT
 
へご連絡ください(^^)
 
 

 ただいまホームページからのご予約で

 

筋膜調整が初回通常価格¥20000のところ

 

半額の¥10000(税込)となります

 

この機会に是非お試しください(^^)

 

運動やトレーニングのご相談もいただいております。

 

このブログをみて

 

コンディショニング、パーソナルトレーニング

 

のご予約をいただいた方には

 

肩こりだけでなく、小顔にも効果のある

 

お顔の筋膜調整(20分)をサービス

 

させていただきます。

 

ご予約の際、ブログを見たことをお伝えください。

 

では本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

 
 
新宿区三栄町9  大澤ビル102
03-6457-4690
 
 
 
 
 

befit428さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス