BB店長のへらぶな実釣日記

BB店長のへらぶな実釣日記

埼玉県三郷市《へらぶな釣専門店ビーズブーン》のBB店長こと長谷川です。気になる新規・お勧め商品を釣場にて使い勝手&使用法など細かにチェック!商品ご購入の際ご参考下さい。※あくまでも私一個人の感想です、誹謗・中傷等は削除させて頂きます、ご了承下さい。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

へらぶな釣専門店ビーズブーンのHPです。


こんばんは、BB店長ことはせがわです。

春一番も吹き荒れ…そろそろ暖かくなってきた今日この頃いかがおすごしでしょうか?


今回は【ヤマサ大和】のアイテムをインプレッションな内容です。

大和のモニターである岡田清氏にもお話を聞いてきました。


BB店長のへらぶな実釣日記

YAMATO FISHING ITEM IMPRESSION (part1)


■イントロダクション■


へらぶな釣り…この釣りに魅了され、その独自の世界観に引き込まれの方も多いと思います。
ひとえに”へらぶな釣り”と言っても、様々な釣り方&シチュエーションがあり、釣り師の心をくすぐります。


まず”野釣り”。
山上湖にて雄大な景色をバックにボートを浮かべるもよし、ダム湖などで巨べらを狙う。。
また、近所の河川で地べらを相手に気軽に楽しめるのも”へらぶな釣り”の良さだと思います。


次に”管理池”。
その池々に独特な釣り方や攻め方があり、魚の大きさも千差万別。
トーナメントの練習から、家族で気軽に釣りを楽しめる釣り場かと思います。


それ程までに色々な釣り方がある中で、自分にとって本当に”良い道具”・”使い易いアイテム”に出会うのもなかなか困難な作業と思います。


友人や知人からの情報、ネットや雑誌等からの情報…。
この情報過多の時代に”自分に合う好みの道具”に良い出会いが出来る為には…。


まず、へらぶな釣りをどう楽しみたいのか”自分を知る”事かと思います。
正直、突き詰めればオールマイテイーに何にでも使えるアイテムはごくわずか…です。


一般的に購入可能なへら竿…誰もが使い易いを追及するのがメーカーですので、自分に合う合わないがあってもそれは否めません。
かゆい所に手が届かない!のでは、釣りを100%楽しむのは難しくなってしまいます。


そこで”自分に合った、自分のアイテム”をお選び頂けるように、”ヤマサ大和”モニターの岡田清氏と共に、実際の釣りを通して竿の選び方や使い方等をご紹介したいと思います。

各月少しずつですが記載させて頂きたいと思っております、宜しくお願い致します。


へらぶな釣専門店 ビーズブーン 長谷川亘




■FIRST IMPRESSION■



<大和の合成竿>
大和の合成竿では2種類の合成竿があります。

まず…穂先(竿先)のみカーボン製の”冴”グレード。
穂先のみがカーボンで穂持&元は竹製ですので、より”純正竹”に近い合成竿になります。
釣り味なども純正竹に似ておりますが、柔らかめの調子でも大型の魚にも対応可能ですので、より釣りを楽しめて頂けます。


次に…<3本継の場合>穂先(竿先)&穂持(2番目)がカーボン製、元(グリップ部分)が竹製の”竹冠”グレード。
こちらはよりカーボン竿に近い使い方が可能です。
また、元は竹製ですので竹独自の粘りのある引き味が楽しめ”ハリスや道糸切れ”が起こり難いのが特徴です。


作者自身も野釣りから管理池まで釣行し、その釣り場・釣り方に合った合成竿も制作しております。
ダム湖や巨べら釣りに対応した”虎(フー)”。


”高野竹”を使用した細身で滑らかな調子の”揚羽(あげは)”…etc。
お客様の好みに合う竿を制作可能なのが”大和の合成竿”です。




<はじめての合成竿>


使用してみたいけど、どれを買えばよいのか…。
手入れやメンテナンスが大変そう…。
などなど…お客様より多くのご質問があります。


私自身も最初は恐々使い始めましたが、キチンとした使い方&メンテナンスを行っていれば末永くご愛顧頂ける合成竿です。
勿論、許容範囲を超える使い方をすれば壊れたり、メンテナンスは必要になりますがそれはカーボン竿も同じ事。


まずは自身の釣りを知る事がファーストステップです。

大和の合成竿の調子は、柔らかめの方から”中式”・”中硬式”・”硬式”・”特硬式”と大きく4つに分ける事が出来ます。
”中式”は浅ダナの釣り、”中硬式”は浅ダナ&チョウチンの釣り、”硬式”はチョウチンの釣りにと適しております。


大和の竿を初めてお使い頂ける方にお勧めしている調子は”中硬式”です。
まず、中硬式の8尺や9尺をご使用頂き、大和の合成竿の基本を感じて頂ければと思います。


浅ダナ釣りでのエサの振り込み易さ、へらが水面に顔を出してからの竿の引き味。
チョウチン釣りでの魚のあしらい易さ、魚の強い引きにも負けない粘り強さがお楽しみ頂けます。


自然素材の竹を使用した合成竿ですので、世に2本と同じ物はございません。
1本1本若干の違いがあり、まさに”自分の愛竿”と呼ぶにふさわしいでしょう。



■岡田氏との実釣■

BB店長のへらぶな実釣日記

2月の初旬、大和の会”和会”にて岡田氏と竿についてお話を聞いてきました。
今回の釣り場は埼玉県・川越市にある”川越フィッシングセンター”です。


手ごろなサイズの魚が放流されていることもあり、この厳寒期でも浮子を動かしてくれ、タナ規定がなく”かっつけ”から”底釣り”まで楽しめる釣り場です。


BB店長のへらぶな実釣日記

当日の岡田氏の釣り方は…8尺かっつけ(タナ15cm)バラケに「力玉」のセット。
竿は大和の”揚羽(あげは)”の8尺です。


BB店長のへらぶな実釣日記

かっつけに使用する浮子のサイズは全長8-12cm程の小浮子…オモリを背負っていない浮子を自分の思い通りに運ぶには…
そこで”揚羽(あげは)”の選択は当然かもしれません。


BB店長のへらぶな実釣日記

岡田氏に曰く…


かっつけはテ ンポがとても大事なんです。
特に今年の厳寒期は魚を寄せて釣る…というより、魚を1枚1枚寄せながら釣っていく感じが強いと思います。


BB店長のへらぶな実釣日記

ですので、大きなバラケを打って魚を寄せるとイメージは無く、小さなバラケをテンポ良く打ち返しアタリを出すイメージです。


BB店長のへらぶな実釣日記

その中で、この”揚羽”を使う事によりイメージ通りの場所にエサを打ち込み、か釣れた時に元気が良い魚を迅速に取り込む事が出来るので、この釣り場にはとてもマッチしています。
また、例会なのでハリス切れなどのトラブルも軽減するので、一日の釣りを組み立て易いです。


BB店長のへらぶな実釣日記

自分にとっての竿とは大会や例会などで1枚を争う時など、なるべくトラブルを回避しつつ釣り込んでいける竿が必要になります。例えば、時間の限られた大会などで、魚が釣れたら”より早く魚を引ける竿”が良いのでは?とのご質問があるのですが、自分的には何よりもトラブルにより1枚釣り逃す方が痛い場合があると感じます。


BB店長のへらぶな実釣日記

結果がすべての大会などでは、竿・浮子・ラインのトータルバランスが重要かと思います。

何より、自身が一番納得できる釣り方&道具を見いだせると、一段とへらぶな釣りが楽しい釣りになると思います。



テーマ:


あけましておめでとうございます。

へら浮子【昴】作者の山川です。


今回はフリーバンガードについてご説明させて頂きたいと思います。


【昴(すばる)】フリーバンガード2009《深宙用》


BB店長のへらぶな実釣日記
【昴(すばる)】フリーバンガード2009《深宙用》



フリーバンガード2009…

この浮子は分類としてチョーチン用されていますがダンゴ、セット問わず場合によっては底釣りにも対応しているオールマイティなモデルです。



私自身も浮子の基準、釣りの基準としています。

浮子の説明はホームページを参照頂けましたら幸いでございます。


昴の同深宙パイプモデル”ディーププロパー”と比較すると、羽根の太さと絞りの違いから同じボディ寸法だとフリーバンガードの方がオモリは背負いません。2サイズぐらいの差となります。



8~9尺のチョーチンセットであればNo10が標準的な大きさとなります。

15~16尺のチョーチンでNo15、18~19尺でNo17が目安です。



深いタナで言えば前回のアッパーバンガードと同じように安定感のある浮子でナチュラルというのが当てはまると思います。



重複した説明になるかも知れませんが今年は両ダンゴ時期からセットの現在まで簡単に馴染む餌は魚の寄りが悪く、動かなかったり、あたらなかったりでバラケる餌や軟らかい餌等、上から魚が興味の示す餌を入れようとすることに「なじみ」が変化してしまうそんな状況では?と思っていました。



ムク系のトップは馴染ませやすいというのもパイプトップの浮子でなじんだりなじまなかったりの不安定な時にという条件の中での話しです。



難しい説明ですがトップの違いで安定、不安定ということは餌の位置は浮子が立ってから下ということになり「タナ」での現象となります。



なじまないからムクとしても既に上からの魚に負けてしまうぐらいの餌、ゆっくり落下していくオモリ量のボディサイズではそれ以前の問題ですので先に進めません。



上の魚に負けないで反応のある餌というのが傾向となっていてそれにはパイプトップの浮子が適正と思います。


アイテムで考えると動き出やすいものほど立ち始めの時の寄っている魚の影響を受けやすいので今年はアッパー、フリーがやりやすいと思いました。


もちろんアトラクター、ディープを選択しなじみの安定性は欠けるが「動き」の良さを買って餌をコントロールする自信がある方であればそれもありです。



BB店長のへらぶな実釣日記

最後に昨年一年ありがとうございました。

厳しい今の時代にへらぶな釣りをしている方、昴を買って頂いているお客様、本当に感謝しております。


色々な情報や話し、説明が混載する中で買って頂いているお客様、これを見て頂いている方に役立つことができているのか?と思っております。


年々へらぶな釣りが難しくなり得た情報を試しても役立たない方も多いのではと思います。

釣れる方は釣れる。が真似ても全てがイコールではないので良い結果が付いて来ない。決して間違い、嘘ではないのだけど・・・そんな現状と考えています。



そしてこの釣りに関しては「明確な答え」がなく絶対はありません。

釣り人としてならトップの人でも負ける時もあると思いますし、浮子の作者としてなら自身の物が一番良いとは決して言えない。お客様自身が決めることですし、そして選んで頂けるよう努力していきたいと思っております。


長くなりましたが本年も頑張りますのでどうぞ宜しくお願い致します。               


へら浮子 昴 作者 山川 功




テーマ:

へらぶな釣専門店ビーズブーンのHPです。



謹賀新年…少し遅めですが。。


BB店長のへらぶな実釣日記

皆様、あけましておめでとうございます。

BB店長こと長谷川です。

年が明けてからの”へらライフ”…いかがおすごしでしょうか?


私事で申し訳ございませんが…昨年の12/25以降ずっと、ずぅーっと店で仕事してましてやっとのお休みの昨日、新年の釣り始めにいって参りました。


BB店長のへらぶな実釣日記

場所は、お約束の埼玉県・隼人大池。

自分が若い時からずっとお世話になっている釣り場でございます。


新年の釣り始め&久々のお休みと言う事もあり、前日から準備万端!と言いたい所なのですが…まぁ、人生そんな簡単にはいきませんもので、遅くまで仕事に追われやっとこの思いで早起きが出来ました。


まぁそういう時にかぎって(いつも??)忘れ物なんかをしちゃうものでして…。

釣り場についてから…アレはどこ、コレはどこ?とバックをあさるはめになります。


BB店長のへらぶな実釣日記

でもでも!ハリスだけはキチンと前もって結んでいたので一安心。。

とりあえず、道糸をつまみ出し仕掛け作りから始める釣りはじめ…。。


BB店長のへらぶな実釣日記

年末にシマノの新しい竿”ニュー煉”の16尺をチャッカリ手に入れていたので、まづは自分よりも上手な友人に手渡し”使ってみなよ~”と言いながらも、釣れるクセをつけて頂きました。


まさか、自分でつかっておデコ竿にしてはいけませんので…。


さてはて…

今日は型が見れればイイよね♪なぁんて言ってても…やっぱ沢山釣りたいのが真実でありまして。

とりあえず浅ダナウドンセットから初めてみます。


…結果釣れませんでした、2時間程頑張ったのですが(汗)

浮子のサイズを変更したり、ハリスの長さ変えてみたり、針の大きさ変えてみたり、バラケをイジってみたり…と出来うる事すべてやりましたがね。。うんうん。


このような時は素直に釣り方を変えるべし!!


そこでお次は段差の底釣りへ…

最初はグラスムクの浮子をつけてやってみたのですが、サワリはあるのですがアタラナイ。

これまたイロイロとバラケをイジったり、ずらし幅変えたり、クワセを色々つかったのですがダメ。


いやぁ~困りました。

まぁ最近釣りに行く度に困っていますけどね(゚ー゚;


で!!最後に一番得意な釣り方の登場です。

沖目の底釣り。両グルテンのです。


浮子は【飛蜂】底釣BS(パイプ)の5番をとりあえずつけてやってみます。


BB店長のへらぶな実釣日記

【飛蜂(ひほう)】底釣BS[ボトム・ストライカー]パイプ


とっても喰いが立っていないので、とりあえず細めボディのBS(パイプ)を使おうかと。

ハリスも短めで40cm&30cm、針は【オニガケ】軽量ダンゴヒネリの3号です。


自分的に最近の底釣りはタナがスッテンテン(上バリとんとん)位が良い感じなのですが、とりあえず様子見でチョット切れてる位トップ1目盛多く馴染む位からスタートします。


何故かって?

それは、少し前に良い思いとしたからです。まぁ基本底にエサがついていないと釣れませんのであしからず。


グルテンは私の大好き【BASIC】セットグルテン単品、配合は粉:水を1:1で少し硬めから入ります。

で、様子を見ながら少しずつ柔らかくしていく作戦です。


とりあえずパチンコ玉位のエサを2個付けて打ち始めます。

そすると、エサ落ちより4目盛程馴染みました…自分的には3目盛なのですが、少し大きめにエサをつけたのとチョット固めなえさなので…まぁとりあえずセッセとえさを打ちます。


数等するとトップがモジモジし始めましたが…ずっとモジモジしているだけなので、とりあえずエサの大きさを針が隠れる位の大きさ(超小さい)に変更。

トップの馴染みもエサ落ちより3目盛となりベストポジション!!


すると今度は、一度3目盛沈んだトップが直ぐに1目盛戻してモジモジ…モジモジしています。

あーやっぱ底にエサは付けないといけませんよねぇ~なんてヒトリゴトいいながら、浮子の位置を調整し直します。


でもって、浮子の位置を調整して丁度エサが底につくぐらいに変更すると…エサ落ちから2目盛馴染みの丁度良い感じになりまして、さあアタって下さい!喰って下さい!


モジモジ…チクッ!

来たー…カラツン。


次ぎ。

モジモジ…モジモジ…ズルっ!?

来たー…またまたカラツン。


その次ぎ。

トップが馴染んでから直ぐに…チクっ!!

どうせカラツン。。


いやぁーーーー(ノ゚ο゚)ノ



いるんですよきっと…へらぶな。

なんかが合ってないのよね…。。


その後、少しずつズラしたり…

エサを柔らかくしたりしてみても結果変わらず。

そしてどんどん風も吹き初めまして、浮子も流れて当たってんのか良くわかない状態になったので…


セッティングを大きく変更致します。


浮子を【飛蜂(ひほう)】RM深宙(PCムク)の5番へ変更。

とりあえずオモリを背負う浮子で流れ対策。

でもってハリスを70cm&60cmのロングに変更、えさも最初からチョイ柔らかい状態にしてみました。


BB店長のへらぶな実釣日記
《BBオリジナル》【飛蜂】RM深宙(PCムク)


でもってタナを測り直し、やっぱり少し底切った状態から再度エサ打ち開始です。


何投かすると…トップが馴染む際にモゾモゾとサワリが出始めました。

どうせウワズッてるんだから…アタッたら合わせてやろうと心に誓う。。


次にエサを打った時のチャンスが来ました!

丁度エサ落ち付近に馴染みが差し掛かる時に…スッと浮子に反応が!


ええ…もちろんスレあたりでしたがね。。

そんなに喰いが良かったらもっと簡単に釣れていますとも。。


なので少しずつエサを底にずらしながら様子を見て行くと…

何気に底にトントン位が一番反応が良いので、ずらしを戻します。


サワリはあるのだけど、カラツンが多いので柔らか目のグルテンに粉のままグルテンを少しさして硬めに調整。。

エサの大きさはやはり針が隠れる位です。


さぁ!喰って下さい、当たって下さい(*゚.゚)ゞ


ハリにエサを2つ付け…エイサッとエサを打ち。

浮子が立っても道糸のテンションを掛けっぱにして…しばし待つ。

トップが馴染む際のアタリには手を出さずに…


エサ落ちより3目盛馴染んでから…もじもじトップが動きながら1目盛戻した後の…


チクリっ☆


…と、アタリを合わせてみると…


BB店長のへらぶな実釣日記
きたきた!きました~(^ε^)♪

本日初めてのへらぶなが!

なんだかデッカイの釣れたのです。


いやぁ~頑張ったかいがありましたよ。。うんうん。

これこれ!これですよね隼人のへらぶな。。


結局のところ2枚のみの釣果だったのですがね。

まぁとりあえず初釣りなので…このへんでゆるしてください。。


最後に2枚目の記念ショットです。



BB店長のへらぶな実釣日記

BB店長のへらぶな実釣日記



BB店長のへらぶな実釣日記

BB店長のへらぶな実釣日記

BB店長のへらぶな実釣日記

で…



BB店長のへらぶな実釣日記

です。。


自分の釣り方…ちょっと変なのでご参考にはならないと思いますが。

これからの厳寒期、1枚1枚釣り上げるのがとても難しいですが、逆にイロイロと試行錯誤した際の結果と考えると…なかなか冬の釣りもおつなものかと思います。


寒さに負けず…頑張るぞ~!!

Ameba人気のブログ