2007-12-15

◇ 秋ドラマの終わり(その1)

テーマ:TV

今週から来週にかけて、軒並み終わっていきますね。


『歌姫』の応援キャンペーンをサボっていましたが、このところ、いくつかいい場面はあったものの、少し引っ張り過ぎ感がありました。

演劇が元になっているので、11週の連続ドラマとなると少し間延びしてしまうのか。


本当なら、死んだと思っていた夫に会えた美和子が太郎に迫るのはもっともな事ではありますが、序盤から、太郎と鈴の、幼い頃からのやりとりや淡い恋を見せられてきた者には、ツラく、イライラするところがありました。


今日の分もまだ観ていませんが、いよいよ来週最終回。どういう結末になるのでしょう。



さて、昨夜、『おいしいごはん 鎌倉・春日井米店』 が終わりました。


この作品、とっても好きでした。


最初は典型的なホームドラマだなーと思っていましたが、とにかくキャスティングの妙に感心させられました。


不気味な水川あさみも良かったし、飄々とした余貴美子も粋で大好きでした。

陣内の嫁も、少々浮世離れしたブリっ子ママぶりが上手く、徳重聡ときたら、うだつの上がらない息子役、個性的な女性に囲まれて埋もれる没個性ぶりは、なかなか”21世紀の裕次郎”としてデビューした(何度でも蒸し返す)男とは思えない演技か素でした。

まあ、鳴り物入りでデビューというのはなかなか難しいということは、歴史が何度かは証明してますけれど。セイント・フォー、平家みちよ、とか、えっと、まあそんなのとか。

ドランクドラゴン塚地も上手かった。

それと、子役の土井洋輝は、今季の子供の中で上手さは群を抜いていたと思います。


最終回は、ある程度予想していたところもありましたが、でも、それでも泣いてしまいました。

水川あさみが泣いているのを見てホロリ。藤原紀香の号泣にポロリ。星井七瀬渡哲也の抱擁にボロリ。


毎回、食卓を囲むシーンで登場するご飯も、本当に美味しそうでした。


キャストがよくて、脚本もよくて、演技もいい、ドラマらしいドラマでした。

テレ朝はなかなかドラマの再放送をしてくれませんが、もしあったらお勧めします。

gohan

(春日井新平 と たえ 夫妻 のつもり)


そして、今日は、『オトコの子育て』が最終回。


さんざんひっぱった、6年前に家を出て行った理由はエエェェッ・・・なもので、涙のシーンもオイオイそれで感動しろってかい、という感じでしたが、小泉孝太郎尾美としのり、尾美の子供役の熊谷知博たちのキャラはよく出来てました。

あと、高橋克典の元カノ役が、どこかで見た顔だなあと思ったら、テレ東でやっていた大型時代劇『逃亡者おりん』で主役だった青山倫子でした。綺麗な人です。


月曜には『ガリレオ』が最終回。

ドラマとしての面白さという点では、最も不満な作品が視聴率的にはダントツな状況は寂しいものがありますが、最後もまた話題性で視聴率を稼ごうとしてます。何%を記録するやら。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

beerorさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。