寿司割烹濤崎は、リーズナブルにのにハイクオリティなお寿司が味わえた!@中央区銀座。 | rei blog.
銀座でお寿司。
いかにも高そうな響きです。

ザギンでシースー。
いかにも頭が悪そうな響きです。



《銀座でお寿司》だけど高くもなく、頭が悪そうでもなく、お値段以上の満足感が得られるお店へ行きました。
寿司割烹濤崎
濤崎は〈トザキ〉と読みます。金春通りにあるカウンターメインのお店です。テーブル席もあるようですが、お寿司はやっぱりカウンターでいただきたいですよね。

まずは乾杯のスパークリングワインをいただいてから、お料理がスタートします。

丁寧に作り込まれた先付には、大好物の稚鮎の揚げ物や焼生麩田楽が。


お造りには、鰹の藁焼き、鮪の中トロなど。お刺身のエッジがスゴイです。なんでも、濤崎さんの大将が包丁マニア(?)だとか。たしかに、カウンター越しに見える向正面には、細長い包丁が何本も飾られていました。
そして、やっぱり藁焼きは美味しいです。
鰹を食べるのは今がチャンスですよ!


そして、一貫づつ繊細なお寿司がスタートします。
濤崎さんのお寿司は、
あらかじめお醤油や塩が施されています。

途中に鱒の西京漬けを挟み、

車海老のにぎりは、3種の赤酢をブレンドした酢飯で。


眩いお寿司が次から次へ。


と思えば、想定外の温かな餡かけが登場。
(何のお魚なのか失念。)


こわくて凝視できないけれど、てんこ盛りのいくら。


私にとっては、フワフワの穴子が江戸前寿司の華です! 
口に入れた瞬間にほどける穴子と酢飯は、幸せ以外のナニモノでもない!

だけど1番好きな寿司ネタは、シメ鯖、マグロ、ホタテ、鯵、雲丹、赤貝! 
ひとつに絞れません。



で、案の定あら汁が運ばれてきてしまいました。


さみしいので、追加で雲丹を握っていただく。


以上、乾杯スパークリングワインからあら汁まで、締めて5千円ジャストです。
一休レストランで予約をしました。
ランチ限定の【一休限定◼︎乾杯スパークリング付!新鮮な握り寿司7貫を含む贅沢な寿司会席を愉しむ】というコースです。
餡かけは今回のコースには含まれていないと思われるお料理でした。
あれはサービスだったのか、はたまた単純に間違えて私たちに出してしまったのか、未だにワカラナイけれど、とにかく美味しくいただいたのは間違いナイです。

お寿司が小ぶりで、いくつでも食べ続けられそうな感じがキケンです。
カウンターのお客様は、我々も含めて全員予約のお客様でした。
濤崎さんに行く時は、予約必とお考えいただいた方が良いかもです。


センスが良いレストラン予約サイトは実にたくさんありますが、私はいつも一休.comレストランにお世話になっています。

他の予約サイトでは共通したコースが多いのに対し、一休.comレストランは【一休限定コース】という設定をよく見かける気がします。
と言っても、チョットした差なんですけどね。
だけどその差が嬉しかったり。
今回の濤崎さんも、有り難い事にイロイロとお気遣い頂いた気がしてなりません。

そうなると、また行こう! ってなりますよね。

ということで、寿司割烹 濤崎さんは、リピート確定のお寿司屋さんでした。

近々お伺いさせていただきます〜


寿司寿司割烹 濤崎寿司
中央区銀座8-7-11
ソワレ・ド銀座第2弥生ビル2階
予約専用 050-5232-2002