徳島戦 -転換点- | 犬まっしぐら

犬まっしぐら

ジェフの事とか日々の事とか。

とても暑い日でした。選手の消耗も激しく、厳しい戦いとなりましたが、最後まで気持ちの見えるプレーが見えました。
コートを変えられるのも今回は、スタジアムが一体となった守備の意識を作り出して、これはこれで良いなぁと思いました。ゴール裏から波打つように、自然発生的に拍手がスタジアムを包み込む雰囲気はいいですね。
久々に気持ちの良い試合でした。

さて試合の方は、これまでから大きな転換点を迎えることになったようです。
これまでは、「個を活かす為にチームのバランスをどうとるか?」がポイントでしたが、今節は「チームとしてバランスをとる中で、個をどのように出すか?」であったと思います。
前々節の水戸戦からは、個としての奪取力に長けるパウリーニョから健太郎へ。そして、熊本戦でも結果が出なかった為、個として攻撃にアクセントがつけられる也真人が外れました。

試合は一進一退、暑さもあり膠着状態が続きましたが、それを打破したのが谷澤。
得意の角度から放たれたシュートは、キーパーの手をギリギリ届かない所を通って、ゴールに吸い込まれました。苦しい状況で、輝きを放って欲しい選手の一撃でした。

■守備の意識
前節の熊本戦は、ロングボールにあっけなくやられてしまった分けですが、今日はロングボールをけらせないことが徹底されていましたね。1トップから2トップにシステムが変わり、相手のDFを自由にさせなかったこと。センターサークル付近でも、勇人・健太郎が、すかさずプレッシャーをかけていました。後半は、守備の意識が強くなりすぎたのは、気になる所ですが、これまでのようにセカンドボールも相手に拾われ続けることはなかったと思います。

■ボランチ二人の頑張り①(健太郎)
健太郎は、守備だけでなく攻撃のスイッチ役として、ボールを散らしていました。攻撃の時の前の動き、守備の時のバイタルエリアのスペースの消し役、サイドの守備への貢献。後半は、前掛かりにならないようにチームに落ち着きを与えていました。
正に、健太郎らしい、黒子としての役割を全うしたと思います。

■ボランチ二人の頑張り②(勇人)
長い距離を何度も何度も走っての攻撃参加がチームにアクセントを与えました。後半、勇人が抜け出したシーンも久々に見た気がします。守備のスイッチ役として、勇人がプレスをかけると周りが連動する守備もこれから磨きをかけていかなければいけません。
試合終了後の谷澤の俺たちジェフの時に、ピッチに寝転がっている姿が印象的でした。

■攻撃の仕方
得点シーンは、谷澤の落としを遥也が受けて、左サイドに流れます。左に太亮が張ってましたが、遥也は太亮ではなく、谷澤への縦パスを選択します。いつもであれば、太亮に出している所ですが、今日のジェフは慎重で、太亮への攻撃参加を抑えていました。

結果的に、徳島のDFとしては、サイドに張る太亮が気になって、遥也にプレスに行けず、徳島の4人の丁度真ん中で谷澤が受けます。谷澤と遥也で切り込みますが、DFがクリア。健太郎が拾って、今度は太亮へ。ここもいつもであれば、縦への突破を試みるところですが、今日は遥也への中へのパスを選択。徳島のSBも太亮の突破を警戒して寄ってきた所だったので、遥也に寄せられませんでした。そこで、遥也が受けた所から、谷澤のゴラッソが生まれました。

これまでは、太亮のクロスを頼りでしたが、今日は、太亮のクロスと見せかけてという形や、右サイドに森本やネイツが流れて作る形もあり、太亮頼り(個への依存)も減ったように見えます。

■次戦以降
とりあえず、長いトンネルから抜けました。次は強敵のC大阪。でも、負けられない戦いです。
今日の戦いをベースにすることになるでしょうか?それでも、個として強力な輝きを放つパウリーニョをベンチに置いておくのももったいないこと。パウリーニョをどうやって使っていくのかも課題ですね。

それにしても、アドのフィジカルの強さは日に日に凄くなっていきますね。試合内容に関係なく、観るものを惹きつける選手になりつつあります。

そして、谷澤の俺たちジェフ。ジェフを愛する全ての人が一体となって、試合を作っていきたいですね。久々にLIVEで観る良さを満喫した一日でした。