こてくり通信&さくらのぽっちゃり日記

こてくり通信&さくらのぽっちゃり日記

小哲・栗太郎・桜の日常と預かりキャバワン情報


テーマ:

9月15日から19日掛けて、ちょっと遅い夏休みをいただき、またまた福島にキャンプに行ってきました車

本来ならば、小野川湖の庄助キャンプ場に4泊の予定でしたが、台風到来で1泊は近くのペンションに避難し、そこからは、場所を坂下の沼沢湖に変えて一泊しましたニコニコ

 

まずは、小野川湖の庄助キャンプ場

湖畔でのキャンプは最高です。

そして、私の小さな小さな自慢ですが、我が家の子達は3頭ともじーっとキャンプの準備の間、コットの上で待っていてくれます。たまに、日向になりすぎていないか、水は飲めているかを確認するだけでよい。

小さな事だけれど、無駄吠えをしないというのは本当に助かります。

桜はまだ、私の姿が見えなくなると不安な時もあるようですけど、よい練習になります。

(貫禄の小哲兄ちゃん)

(体力温存中の栗太郎)

(小哲兄さんに迫り行く桜てへぺろ

 

準備が終わった後は、ランチやカヤックでの水遊び

桜もカヤックを楽しむようになりましたおねがい

ここでも小哲兄さんは不思議ワールド全開ですガーン

ふと気が付くと・・・

クーラーボックスの上を気に入ったらしく、ぐっすりと眠っているzzz

飲み物出すのも一苦労爆  笑

 

桜は、子供達に大人気で、順番に抱っこしてもらってきました。

保護当時11キロあった桜、今は7.7キロチョキダイエットして良かったねドキドキ

 

そして、夜はすき焼きを堪能

焚火を囲みながらの食後のコーヒーは最高でした

 

台風をやり過ごした後は、猪苗代湖のHEROさんにて朝ご飯

BIGサイズのHEROバーガーにかぶりつく76才、後期高齢の婆さん、これを遺影に決定ウシシ

 

ここから坂下の沼沢湖に移動して、最後の一泊はとことん水遊び

 

この夏、栗太郎は泳ぎに自信がつき、長い首をひょいと上げて、とても上手に泳ぐようになりましたラブラブ

SUPから落ちた主人が「栗~!助けてくれ~」とふざけると「はいよー!」とばかりに湖に一直線しっぽフリフリ

「とーちゃん、待ってろよ~!」

「はい、父ちゃん、この上に乗ってくだしゃい、助かりますよ!」

「じゃぁ、栗ちゃんは、これにてさようなら~」

「バイバイキーン」

「あ~、手がかかるな~」

 

「今度は母ちゃんかよ!一人で行くんじゃねぇ!運動神経ゼロのくせして爆弾

 

「急げ~、母ちゃんが絶対コケるぞ~ビックリマーク

「母ちゃん、ちゃくらもお助けに向かいますぅビックリマーク

「さくちゃん、結構です」 

早速、捕獲てへぺろ

 

そして、再度、SUPに乗ろうとする父ちゃんに

 

「父ちゃん、SUP乗るんですか?栗、お手伝いしますので、乗せて下さいビックリマーク

とばかりに、SUPを沖まで横歩きで押してくれている爆  笑

「よいしょ、よいしょ!」

「ありがとう、栗。乗せてやるか!」

「ほれ!」

「お手伝いした甲斐がありました」

沼沢湖はカルデラ湖で、大変に綺麗な湖でした。木々が写り込み、綺麗なエメラルドグリーンに心が洗われる思いでしたドキドキ

対岸で飲むコーヒーも最高ですラブ

 

夕飯はサンマの予定でしたが、お高い挙句にとても小さいので、イワシに変更ニコニコ

また来年もキャンプに行こうね!

 

 

帰り道中、すっかり疲れ果てた主人に代わって、私が運転車

 

なにやら、後ろでパシャパシャとシャッター音がしている。

すっかり運転している私を撮っているのだと思い、後ろ向きではあるものの、顎のラインを作っていたら、

 

なんと

「ちゃくら~、お前は、ちょっとおブスだけど超可愛いな~ぽってりフラワー」と爆睡している桜を激写しておりましたガーン

せっかくなので、作った顎のラインを強調した横顔も無理矢理撮ってもらいましたニヤリ

 

さ、みんな、楽しかったねラブラブ

 

改めて、我が家の子供たちの可愛さを痛感いたしました。どの子もどの子も愛おしくてたまりませんドキドキ

3人とも、うちの子になってくれてthank you!!

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス