乾燥肌だと同年代よりシワっぽくなるし、くすみがちで年をとればとるほど肌トラブルが多くなりますよね。

乾燥やエイジングの大きな原因となるのが、保湿成分セラミドの不足によるもの。

そのセラミドを増やせる化粧水、ライースリペアのインナーモイスチュアローション No.11を使ってみました

オイルを使わなくてもツヤが出てきた



ライースリペアインナーモイスチュアローション No.11はこんな化粧水

国から「分保持能を改善する効果アリ」と認められたライスパワーNo.11を配合

べたつきがないので、乾燥肌だけでなくインナードライ、混合肌でも使いやすい

主に使っているのは40代~50代


ライースリペアインナーモイスチュアローション No.11


化粧水ライースリペアインナーモイスチュアローション No.11の口コミと効果


肌質を選ばない、使いやすいテクスチャー




ややとろみのある濃厚で美容液のようなローションです。

ローション自体は、ボトルから出すとややべたべたします。ヒアルロン酸が入ったローションのような感触。(ライースリペアの化粧水にはヒアルロン酸は入っていません)



しかし、肌になじんだ後は、すぐにべたつきが消えます。ここがヒアルロン酸入り化粧水とは違うところ。

べたべたしないので、どの肌質でも使いやすい保湿化粧水だと思います。

香りは、ほのかなお米の香りです。

最初は物足りなかった保湿。しかし使い続けることで肌自体が潤うように


インナーモイスチュアローション No.11を最初に使ったとき、肌がさらっとして、しっとりこってり系の保湿化粧水に慣れている私には、物足りなさがありました。

実はライースリペアは、以前からかなり使ってみたかった保湿化粧品で、トライアル購入をしないで本製品を買ってしまおうかと思っていたくらい。

なんといっても潤い改善!と効果をうたっているので、高校時代からほうれい線のあった乾燥肌の私からしたら、気になって仕方のない化粧品なわけです。

しかし、念のため買ったライースリペアのトライアルセットで、使用当初は肌の潤いがあまり感じられず不安になり、思わずメーカーの勇心酒造さんに問い合わせを入れてしまいまし

勇心酒造さんからの返事は以下のようなもの。



  • あまりのサッパリ感に、これで保湿できているのかといった声は他のお客様からもある(←やっぱりあるのね)

  • ライースリペアは他社の保湿化粧品と違って膜をはらないので、最初は物足りなさを感じるかもしれない(←たぶん、これが私も物足りないと感じたところ)

  • ライスパワーNo.11は人が本来持っている健康な肌にするために肌の中から健康な細胞を生み出す

  • 効果を実感するのに時間がかかるが、肌の内部では改善が進んでいる




一言でいうと、効果あるはずだから待っていて!てことです


私は使用して4日くらいから、肌が潤うようになり「あ、いい」となりました。個人差が大きいと思うので、人によってはもっと時間がかかるかもしれません。

化粧水をたくさん使わなくても潤う



私の肌は乾いていると、化粧水をごくごく飲みこんでしまうような肌です。だから大量に使ってしまうこともあるのですが、ライースリペアの化粧水インナーモイスチュアローション No.11は、ごくごく飲むというより、じんわり染みていく感じ。

化粧水を使っている時に、浸透した~という感覚は少ないのですが、実はかなり肌の奥まで保湿成分ライスパワーNo.11が浸透しています。浸透力は、保湿ブランドの中でも非常に高い部類になります。


どのメーカーでもトライアルセットを使用すると、乾燥肌の私は化粧水が最初に無くなるのですが、ライースリペアに関しては、化粧水が一番最後まで残ったくらいでした。


丁寧に顔のすみずみまで塗ると発光しているような艶が



指先にもライースリペアインナーモイスチュアローション No.11をなじませ、鼻のキワやこめかみ、フェイスライン周りも丁寧に丁寧になじませていたら、オイルなど使っていないのに艶がでてきましたよ

トライアル終わる頃には、お肌もモチモチに。


ライースリペアシリーズを使っている人の口コミをみると、「肌が綺麗」と言われる人が多い印象で、セラミドが増えることで肌バリアも強くなり、ちょっとした刺激や紫外線にも耐えやすくなるんだろうと思います。



化粧水ライースリペアインナーモイスチュアローション No.11を使うメリット



スキンケアの1番目に、セラミドを増やせるアイテムを使える点が、大きなメリットだと思います。


セラミドは、肌の水分を留めておいたり、紫外線など刺激から守ったりと、非常に重要な保湿成分です。

セラミド入り化粧品も今は多いですよね。

実際、私自身も30代後半からセラミド配合の化粧品を主に使うようになってから、肌の調子がよくなったほどです。

ただセラミド自体は脂質で、水溶性である化粧水よりも、クリームや乳液といった油溶性との相性が良い成分です。

一方、ライースリペアに使われているライスパワーNo.11は、水分とも油分とも相性が良く、アイテムをえらびません。

水溶性の化粧水とも相性のよいライスパワーNo.11



化粧水にも保湿クリームにもそのまま使え、どのアイテムでもセラミドを増やせることができるのです。

クリームでセラミドを補うのも良いけれど、やっぱり洗顔直後の肌に直接、セラミドを増やせる化粧水を使えるのは、乾燥肌にとっては嬉しいですね。


インナーモイスチュアローション No.11はこんな人におすすめ



外から与えるだけでなく、肌の内側から強くなりたい

保湿したいが、べたべたしたものは苦手

乾燥、小じわ、くすみ、毛穴が気になる


注意点としては、ライースリペア全般に言えますが、最初は保湿に物足りなさを感じるかもしれません。ライースリペアのスタンスとしては、不要な潤いでごまかさないというもの。

しかし、使っているうちに肌のセラミドが増えて改善につながり、スキンケアを頑張らなくても潤いが続く肌を目指せるので、根本的に肌を強くしたいという人におすすめの化粧水ですよ


乾燥肌・敏感肌が不足しているセラミドを増やせる化粧水




化粧水だけ1ヶ月分使えるトライアルセットもあります。数量限定になりますが、化粧水をじっくり試したい方にはかなりお得なので、こちらもおすすめです。