今日は慈恵医大病院で栄養管理についての会があり、参加してきました(^^)


栄養は、誰にとっても大切なものです☆特に子供たちにとっては、これからの成長発達に密接に関わってくるものであり、私たち看護師がチェックするべき重要なポイントです。

多分一般の方には想像できないほど、経口摂取がなかなか進まないお子さんはとても多く、苦労されているご家族は大勢いらっしゃいます(*´-`)

今回発表された症例では、どれも訪問看護が利用されていなかったとのこと・・医療ケアがないお子さんがどれだけ見過ごされがちかがよく分かります(u_u)

ミルクを飲まない、ごはんを食べない・・それがご家族にとって、どれだけ大変で不安でストレスであることなのか。

訪問して何が出来るんだと思われているのかも知れません。そばに居て一緒にミルクを飲むところを見る、一回分でも食事介助を交替する、食事の場を楽しくする、ご家族もお子さんもよく頑張っていることを認めて支える、飲み方や食べさせ方など方法を変えることを提案する〜などなど、看護師にできることは沢山あります。

医療ケアが無くても、何かしらお子さんに問題があり、困っているご家族がいらっしゃるならば、訪問看護は利用できるのです☆もっとそこは私たちがアピールしていかなくてはいけないと思いましたp(^_^)q

前田先生の講演は、ぶっちゃけ話満載でありつつ、いつも通り、とても為になるお話でした(*^^*)

さて、今日は新しく発売されたばかりの高カロリー栄養剤をご紹介します!

大塚製薬から「イノラス」が今月発売開始となりました♪


イノラスはなんと1パウチ300kcal!1mlで1.6kcalという、エネーボ1.2kcal、ラコール1.0kcalよりもさらに高カロリーの栄養剤です(^_-) 

大人だと3パックで1日に必要なビタミン、微量元素を摂取できるそうです!ただ、ラコールより浸透圧が高めとのこと、下痢になったり、消化がしにくいことは増えるかも知れません。なので、決して一気に使用してはいけませんし、慣れるまでゆっくりゆっくり増量する必要があります。 

実験によると、少量を定期投与〜ちびちび飲むのが効果的で、体重増加が良かったそうです。基本は大人用に作られているので、子供たちにとってはミルクの代わりに全部というよりは、補助的に使い、体重増加を助ける感じでちょこちょこ注入するのが良さそうです( ^ω^ )

イノラスの大きな特徴は、経口摂取ができること!りんごとヨーグルトフレーバーの二種類があり、ほんのり甘くできているそう(*^o^*)色はヤクルトと同じような色でした!

体重とともにミルクの必要量は増えるため、うまく高カロリーの飲み物を併用したりして、コントロールできるとよいなぁと思いました(*´꒳`*)