沖縄/ 美脚・美尻トレーニング専門      MIiller Hirokoの脚線を美しく整える    

沖縄/ 美脚・美尻トレーニング専門      MIiller Hirokoの脚線を美しく整える    

骨格ラインを整える美姿勢・美脚メソッド・ウォーキングで
骨盤・脚の歪み・O脚・お尻のたるみを改善!
眠らせていた美脚筋・美尻筋を目覚めさせ、
あなた本来の骨格を生かした脚線美を磨くプライベートレッスン

昨日は息子の中学の卒業式でした^^

 

 

この情勢の中、



卒業式を執り行っていただけた事、 



本当に有り難いです。

 

 



卒業生一人一人が卒業証書を受け取る中、



息子と友人とのあるエピソードが脳裏をよぎり、



目頭が熱くなる思いでした。

 

 




私の息子は小学4年生からバスケをやっていて、



中学でも3年間バスケ部に所属。

 

 


時に悩み、時にけんかをし、時に喜びあい、



仲間の部員や後輩、父母、先生方に



支えられた3年間でした。

 

 


バスケが好きで好きで好きで、部活以外でも、



頭の中はいつも



バスケ🏀バスケ🏀バスケ🏀



時折、寝室から聞こえてくる叫び声のような

 


寝言さえもバスケの事。



『パスーーーーー!!!』って笑



とにかく早朝から夜遅くまで



バスケの練習に明け暮れバスケへの情熱は静かに熱い。

 

 




そんな彼は2年の時にスターティングで



プレイタイムをもらえるようになったのてすが、



途中からスランプに陥り、



ここ一番の大事な試合直前になって、



スターティングを外された事がありました。

 

 




その頃の彼は上手くいかない事が多く、



悶々と悩んでいる多感な時期で、



自信を失いつついたんです。

 

 




チームは試合に勝利し皆んなが喜ぶ中、



彼は思うように活躍する事ができず、



1人悔しさのあまりすっかり消沈しきって、



帰りの車内では、



静かに涙を流していたのですね。

 

 




そこまで沈み落ち込む息子を前に、



励まそうにもなんと言葉をかけていいのか、



どうしたものかと思っていたら😅

 

 

同乗していた同じバスケ部員のR君が、

 

 

声をかけるでもなく、



励ますでもなくとった行動。。。

 

 

 





 

息子の肩にそーっと手をおいたんです。

 

 



  



 

しばらく、肩に手をおいたまま、



時折、力んだ肩の力を解いてくれるかのように、



肩をゆっくりもんであげたり。

 

 

 




声をかけるでも、


 

励ますでもなく、

  





ただただ、静かに、

 





そっと肩に手をおいているだけ。

 

 






 

 

私はその瞬間、思いました。

 

 

 


 

 

言葉は発しなくとも、

 

 

R君のその手からは、

 




 

『悔しかったな。。。』

 

 

『わかるよ。。。』

 

 

『一緒にそばにいるから。。。』

 

 

 




 

そんな言葉を感じ取りました。

 

 

 

 

息子にとって目の前の真実に『寄り添い』、



深く深く感じてくれていたんです。

 

 

 



 

R君は普段、あまり表情を表に出さない。



口数の少ない、内心は素直だけれども、



ちょっぴりつっぱった感のある

 


照れ屋の頑張りやさん。

 





 

そんな彼の優しさに気づかされた瞬間でした。

 

 

 

 

 

 


共に感じる



そうだ、そうだよなと賛同するでも、



上から目線で同情する事でもなく、



「共に感じる」事。



 

『共感』とは、



相手の姿が自分の姿のように感じとれること。







ただただ虚心に、



相手の真実を自分の事のように感じ思うこと。





 

きっと、R君自身にもこれまでに



色んな経験と思いがあったと思うし、



何らかを感じとったと思います。







 

親としてはついつい、


『大丈夫!すごかったって!』



『次頑張ればいいじゃん!!!』

 

 

『男だろーが!しっかりせんかい!!!!』



『顔上げんか〜!オラ〜!!!!!!!!!』



くらいの勢いで言葉をかけがちでしたが笑。





 

応援し励ましているつもりでも、



さすがに相手が深く悩み、



苦しみの真っ只中であった時、



相手はその言葉を



受け取れないのかもしれませんね。

 




R君は息子の傷ついた心に寄り添い



癒し



を与えたにちがいない。





静まりかえった闇黒のようだった車内から、



温かな青春の空気を感じとった瞬間でした。







なんて事ないことだけど、



かけがえのない瞬間を



彼らから気づかせてもらいました^^


 




 

あ〜、それにしても仲間っていいですね〜🎵



あ〜、青春〜!もう一度味わいたい笑



 





女子生徒のピュアで透き通った声、


男子生徒は変声期の低い声、

  


『旅立ちの日に』の歌に込められた



蕾から花を咲かそう

 



感動をありがとう。



卒業おめでとう☺️





今日は私自身の気づきの話でした^^



 

 ミラーひろこ