ファイザー社の文書第一弾が公開!とんでもない内容だった!! | ポジティブに生きよう!
新型コロナウイルスに関する情報について

ファイザー社の文書第一弾が公開!とんでもない内容だった!!

 

 

ファイザー社は初めから知っていた、そしてFDAは初めから出ていた死者や副反応を隠蔽して、安全で有効だとして世界中の人々を騙していた!

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

ファイザー社の文書の第一弾が公開「緊急使用許可(EUA)が出た最初の90日間で1,200人以上が死亡、数十万人が副反応を経験」 ~mRNAワクチンの副作用の実態を隠蔽し、「安全であり有効である」と主張し続けた食品医薬品局(FDA)

転載元 シャンティ・フーラ 2021/12/04

 

竹下雅敏氏からの情報です。

 

 Maxwell Smart氏の「重要:ファイザー社の公式文書」の一連のツイートも合わせてご覧ください。
 「Public Health and Medical Professionals for Transparency(政府の説明責任を果たすための団体)」は、30人以上の教授や科学者からなるグループで、ファイザー社のmRNAワクチンに緊急使用許可(EUA)を与えた全てのデータを連邦政府に開示するよう求めた。
 裁判所は食品医薬品局(FDA)に情報公開法(FOIA)を遵守し、ファイザー社の緊急使用許可(EUA)に関する情報を開示するよう命令。FDAはワクチンに関する情報開示を55年後に行うことを主張して法廷で争っていたが、FDAは当初の文書提出命令に従わなければならないため、文書の第一弾を公開。
 公開された資料で分かったことは、“緊急使用許可(EUA)が出た最初の90日間で1,200人以上が死亡、数十万人が副反応を経験”というとんでもないもの。にもかかわらず、“FDAはmRNAワクチンの副作用の実態を隠蔽し、「安全であり有効である」と主張し続けた”のです。
 ファイザー社の資料には、「これらの副作用は任意で報告されたものであり報告されていない副作用がどれだけあるのかはわかっていない。」と書かれており、“女性は男性よりも3倍も被害を受けやすく、FDAはmRNAワクチンが特に女性(流産など)を攻撃する特性があることを知っていた”というのです。
 時事ブログでは、2020年1月31日の記事で、新型コロナウイルスは「生物兵器」であり、新型コロナウイルスによって人々にワクチン接種を強要、“このワクチンは体内に入るとその人の遺伝子を組み替え、その人を白痴にして不妊にさせる”という情報を取り上げました。
 その後も、ワクチンは大量殺戮のための「生物兵器」で、こうした一連の流れは「人口削減計画」の一環であり、こうした計画を立てた者たちの目的はトランスヒューマニズムであると指摘して来ました。
 今回、ファイザー社の文書の第一弾が公開されたことで、こうした仮説は事実だと考えざるを得ないことが分かると思います。

                                          (竹下雅敏)

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

12/3-その1 mRNAワクチンについて日本政府が知るべき最も重要なこと

引用元 日本や世界や宇宙の動向 21/12/3

(前略)
FDAはファイザー社のmRNAワクチンに関する情報の開示を55年後に行うことを主張して法廷で争っていたのです。しかし裁判所はFDAの主張に同意せず、毎月500冊の資料(情報)を開示するよう命じました。
(中略)
https://phmpt.org/wp-content/uploads/2021/11/5.3.6-postmarketing-experience.pdf
 
https://www.naturalnews.com/files/536-postmarketing-experience.pdf

この資料によると、今年初めにファイザー社のmRNAワクチンを緊急使用として世界中に供給され始まってから90日以内に任意でファイザー社に報告された副作用事象レポートから、ファイザー社は既にその間に1223人の死者、42000件以上の副作用が生じていたこと、そして他を経由して報告されたものを含めるとトータルで153,393件の副反応が生じていたことを知っていたことが明らかになりました。
(中略)
この期間だけでもこれだけ多くの副作用件数が報告されていたのに、FDAはmRNAワクチンの副作用の実態を隠蔽し、「安全であり有効である」と主張し続けたのですから非常にショッキングです。
(中略)
女性は男性よりも3倍も被害を受けやすいことがわかりました。(中略)… FDAはmRNAワクチンが特に女性(流産など)を攻撃する特性があることを知っていたようです。
(中略)
資料の「Safety concerns」 (3.1.2項) には、mRNACovidワクチンはワクチン関連疾患増悪(ワクチン関連呼吸器疾患増強を含む)を生じさせると記されています。つまりFDAは、mRNAワクチンが接種者を病気にさせCovidに感染した場合は死に至らしめることを認識していたということです。
(以下略)

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

秘訳オンライン:ファイザー社の最初のワクチンのファイルから衝撃的な副反応報告

引用元 G NEWS 21/12/3 秘密翻譯組G-Translators
翻訳:待命(文暁)

(前略)          
カイル・ベッカー氏による最初の報告では、42,086件の副作用の症例報告(医学的に確認されたもの25,379件、医学的に確認されていないもの16,707件)があり、合計158,893件の症例をカバーしていた。そのうち、米国では13,739件、英国では13,404件、イタリアでは2,578件、ドイツでは1,913件、フランスでは1,506件、ポルトガルでは866件、スペインでは756件、残りの7,324件はその他56カ国で報告された。そのうち25,000件以上が「神経疾患」に分類されている。
 
ワクチンが公開されて以来、OpenVAERSグローバルデータベースに報告された有害事象は913,000件を超え、その内訳は、死亡19,249件、入院97,561件、救急101.372件、流産3,071件、心臓発作9,546件、心筋炎・心膜炎14,428件、後遺障害30,967件、感染症4,512件などとなっている。血小板減少症、生命を脅かす症例が21,583件、重篤なアレルギー反応が34,189件、帯状疱疹が10,643件と、これはあくまでも報告された内容である。
(以下略)

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

全部見きれないでしょう!

 

って言うか、ずる賢く生き延びようとして月に500ページを公開する提案をしたと思うけど、もうすでに大量殺戮を犯していることが解ったので、全部開示するまでも無いんじゃないかな?

 

ワクチン推薦者は人工削減のために動いている兵隊で、皆グルだったと言うことですよ!

 

政府を信用してワクチンを打った人は尽く騙されていたと言うことです。

 

3回目接種する前に気がついて下さい。

 

そして「イベルメクチン」や「グルタチオン」を飲んで少しでも改善する方向に努力することだと思います。

 

メドベッドを期待しても、魂のない人はロボット人間にされてブラックキューブ(人工知能666)に支配されるだけです。

 

ロマーナ女王のテレグラムによれば、カナダではメドベッドが出てくるようで、「カナダ王国では、メドベッド/銀河系ヒーリングチャンバーの使用は無料です。…これらの技術は人類への贈り物であり、収益化されることはありません」とのことです。

 

 

 

 

ただ、自分の番になるのは何年先になるのでしょう?

 

そして高額なメドベッド詐欺が現れて、また騙される人がたくさん出てくるのでしょうね。

 

期待し過ぎない方が良いと思います。

 

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとう御座います。感謝します。  (^人^)

 

 

励みになります。応援してくださいね。

    ダウン ダウン

 


ニュース全般ランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベントバナー