令和2年はパニックにならないように落ち着いた行動を! | ポジティブに生きよう!

令和2年はパニックにならないように落ち着いた行動を!

 

 

 

今年になってからまだ半月なのに、世界各地で災害が頻発しています。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

InDeep さんによると「2020年 1月3日から 9日までの 1週間のマグニチュード 4.5以上の地震の回数が 99回だったと書かれてありますが、その後、地震の数はさらに加速していまして、

「 1月7日から 13日までの 1週間の M4.5以上の地震の数は 114回」

となっていました。

・インドネシアでは未曾有の大洪水(AFP

・イスラエルでは観測史上最大の雨量の中で洪水が続いている(earthreview.net

・オーストラリアの森林火災の煙が全世界に拡散し始め(AFP

・プエルトリコとメキシコでは大地震

・フィリピンではかつて見たことのないような火山の大噴火…」

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

こんな世界的な大災害が同時期に起こるなんてことは今まであったでしょうか。そして、これから更に被害が膨らむことで起きる最悪の被害は、太陽光を遮ることで起きる気温の低下、そして作物の大打撃、それに伴って起きる世界的な食糧危機です。

 

オーストラリアの森林火災は成層圏にまで達し、太陽光を遮っています。そしてフィリピンでは大噴火による噴煙が約17000mまで達しているのが衛星の写真からでも分かるくらいです。

 

これが更に巨大な大噴火になってしまうと、今以上に太陽光を遮ってしまう事になるのですね。これはフィリピンやオーストラリアだけの問題ではなく世界に広がりかねない状況にあるのです。

 

そして日本、世界の災害だと軽視してないで下さいね、日本も大地震の予兆が出ているのです。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

【注意】南海トラフ巨大地震、スロースリップを海底で観測!東日本大震災前も発生!豊後水道沖や紀伊水道沖など

転載元 情報速報ドットコム 2020/01/16

 

 

*地震研究所
南海トラフ巨大地震の発生が想定されているエリアで、初めて複数地点の観測機から同時に「スロースリップ」と呼ばれるプレートがゆっくりズレ動く現象が観測されました。

 

これは東京大学と海上保安庁の合同チームが発表した調査結果で、東海から四国の広い海底で強い揺れを出さずにゆっくりとプレートが動いている様子を確認したとのことです。

 

実際にスロースリップがあったのは豊後水道沖や紀伊水道沖など合わせて7ヶ所で、いずれも陸地から50キロ以上離れた地点となっています。

今まで地震のデータやプレートの動きからスロースリップの存在が指摘されていましたが、ここまで広範囲の複数地点でスロースリップを明確に観測したのは初です。

 

スロースリップは東日本大震災前にも発生していた現象で、本震発生の1~2ヶ月ほど前にスロースリップによるズレ動きが激しくなったとのデータもありました。現時点では詳しいメカニズムは分かっていませんが、スロースリップによって巨大なプレート同士がぶつかり合い、数々の前兆現象を誘発していると考えている学者も居ます。

 

↓NHKが取り上げたスロースリップの範囲

 

 

例えば、クジラやイルカ、深海魚の大量座礁なんかはその典型例で、地下の巨大なプレートがズレ動いたことでビックリして飛び出てきてしまったと考えることが出来るでしょう。他にも地震雲や異常現象の発生報告も膨大な岩石がズレ合うことで大量の電磁波やガスが放出され、大気の流れにも異常を与えていると推測することが可能です。

 

岩石が割れることで電磁波が放出されるのは科学だと教科書にも書いてある現象で、それが数百キロ、数千キロに渡って数センチ動くだけでも、物凄いエネルギーになると思われます。

 

ちなみに、スロースリップは千葉県東方沖でも観測されており、今後も引き続きこのような場所では厳重な警戒が必要です。

 

「スロースリップ」沖合の海底で初確認 地震メカニズム解明へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200116/k10012246921000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_020

発生が懸念される南海トラフの巨大地震。東海から四国の陸地から遠く離れた海底で、プレートの境目がゆっくり動く「スロースリップ」という現象が起きているのを東京大学と海上保安庁が初めて捉えました。巨大地震との関連性が注目されている現象で、メカニズムの解明や防災対策につながるのか期待されます。

防災科学技術研究所 スロースリップ
https://www.jma.go.jp/jma/press/1912/06a/mate01_2.pdf

 

(中略)

 

 

 

(以下略)

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

日本もヤバそうです、安心していてはいけません!令和2年はパニックにならないように落ち着いた行動をして下さい。十分に注意して気を張っていきましょうね!! (ง •̀_•́)ง‼

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとう御座います。感謝します。  (^人^)

 

 

励みになります。応援してくださいね。

    ダウン ダウン

 


ニュース全般ランキング