【人の輝きに出会うインタビュー】


「こういう事が聞きたい!」という目的を持ったインタビューではなく、「相手のお話の背景にあるメッセージや、隠れた魅力を感じ取りたい!」という人の輝きに出会うためのインタビューを目指して。。。


インタビュアーの資格を取ってから二度目の正式インタビュー!

今回はなんと!


NPO法人日本インタビュアー協会会長伊藤友江さんとご主人で画家の伊藤ノリヒコさんにお話をお聞きしました。



伊藤友江さん

―日本インタビュアー協会会長

―産業カウンセラー

―経営コンサルタント

―京都文教大学非常勤講師

―日本オーラル・ヒストリー学会会員(元理事)

私が初めて伊藤先生にお会いしたのは、昨年の12月。

インタビュー講座に参加させて頂いた時のことです。


ひと目見た時から、相手を包み込むような優しい雰囲気と、どんなお話でも真剣に聞いて下さる姿勢に感動したことを覚えています。


一日の講座を受講し、もっともっと伊藤先生自身のお話を聞いてみたい!と思ったので、早速伊藤先生へのインタビューを申し込んでみると、とっても暖かく迎えて下さりました。


そして2月1日。

ワクワクしながら先生から頂いた高速バスのチケットを握りしめ、東京駅を出発しました。

{744ADCDC-2150-477F-BFAA-9ECFD11918A5:01}


________________________________________

◆これまでの人生


今でこそ、ご自身でNPO法人日本インタビュアー協会を立ち上げ、幅広く活躍されている伊藤先生も、はじめは全く別の道を歩んでいました。


友人と小説を書きあうなど文学に親しんだ学生時代を経て、卒業後は憧れのアナウンサーとして就職が決定。


しかしいざ入社してみると、会社の都合でアナウンサーではなく、経理の部門を担当することになり、その分野で30年以上働き続けます。


「当時は他の世界を知らなかったから、仕事に誇りも持っていたし、楽しかったですよ。それにやっぱり、組織のことを知らないと、社会で生き抜いていけませんからね。」


希望通りの職種ではなかったけれど、その状況を受け入れ、楽しみながら経理や組織のことをたくさん学んだそうです。


そんな伊藤先生に転機が訪れたのは60歳になったとき。


「アメリカから来たインタビュー技法を学んで仕事してみない?」



60歳の定年を迎えて、いろんなことにチャレンジしたいと思っていたので、知り合いからのお誘いをきっかけに、思い切ってインタビューの世界に足を踏み入れました。


そこで、アメリカから来たオーラル・ヒストリーインタビューの技法を学び、日本の文化に合せたインタビュー技法を開発。


その後、NPO法人をご自身で立ち上げて、日本各地でインタビュアーを育成しています。


さらに人の縁が繋がり、京都文教大学でもインタビューについての講義を行ってこられたり、中小企業診断士や、産業カウンセラーの資格も取って活躍されています。


もちろん今でもさらなる目標に向かって挑戦を続けており、まさに「生涯現役」を目指す輝く女性です。



「結局まわり回って当初の夢に戻ってきました。アナウンサーの仕事にも通じるインタビューを極め、父の『教員になって欲しい』という希望も叶えることができたのですから。努力を続けて、諦めなければ夢は叶う、ということを若い世代の人に伝えたいですね。」


諦めなければ夢は叶う。

よく聞く言葉ではありますが、伊藤先生はそれをまさに体現されているのでとても説得力があり、先生の声が心に響きました。


◆人生で大事なこと


「努力してれば、チャンスが来た時に乗れるんですよね。」


ふんわり素敵な笑みを浮かべながら、しなやかな強さを秘めた目が鋭く光る。


「本当にチャンスはどこにあるかわからない。だから常に努力を続けていないとね。私もインタビューの技術を開発して努力を続けていたから、60歳にもなってNPO法人を立ち上げて、さらに大学でも講義できるようになったんですから」

そう言って無邪気に笑う伊藤先生の美しさに、思わずどきっとしてしまいました。


◆若者へのアドバイス


「本当にやりたいことが何なのかわからない・・・。」


日本の学生には選択肢が多すぎるがゆえに、このような悩みを持つ人が非常に多いです。


そんな若者に対して、伊藤先生から人生の大先輩としてアドバイスを頂きました。


「そういって何も行動しないまま、50代になっても同じことを言っている人が沢山いますよ。私がその人達に言うのはね、とにかく何かやってみなさい、ということです。行動してみないと何が向いているかなんてわからないし、行動する中で次の目標が見えてくるものですよ」


「私だって、こうなろうと思ってここまできたわけではなく、努力を積み重ねる中で、偶然のチャンスが重なってここまで辿り着いたのですから」。



私自身、見えない将来のことで悩んでいる最中だったため、先生の言葉はとても心強かったです。


まっすぐ一本道じゃなくてもいい。



あきらめないで、目の前にある壁を一つ一つ自分なりに乗り越えて努力して行けば、偶然のチャンスが我が人生を導びいてくれる・・・。


なんて素敵な人生でしょう!


希望を持って頑張ろうという気持ちになりました。


________________________________________

伊藤先生とお話をさせて頂くと、緊張しない程度の心地いい気づかいを常にして下さり、「私はここにいてもいいんだ」と存在をまるごと受け止めてもらっているような感覚を感じました。


沢山の人生経験を積まれ、カウンセラーとインタビューの道を極められた伊藤先生だからこそ醸し出せる空気感なんだと思います。


{0562435C-5324-401F-AA2E-E996F046171E:01}


人として大事にすべきことをたくさん学ばせて頂きました。

本当にありがとうございました。

インタビューについて学びたい方↓

http://interviewejp.net/