サスティナブルな暮らしのために「足るを知る」や「あるものでまかなう」ということも大事ですが、


大量生産・大量消費に加担しないことと消費社会の渦から抜け出すことも同じくらい大事だと思います。


今回は、サスティナブルな暮らしのためにわたしが【やめた習慣】を振り返りました。


サステナ暮らしやミニマルライフの参考にしていただけたら幸いです!



①安い・早い・便利を求めすぎること

主に先進国の人たちが「安い・早い・便利」を求め過ぎた結果、こういったもの↓が大量に生産されて大量に消費される世の中になりました(消費されない分は大量に廃棄されている)。



・ ファストファッション

・ 工場型畜産

・ カカオ豆などのプランテーション

・ 遺伝子組み換え食品

・ 農薬や化学肥料まみれの農作物

・ 添加物だらけの加工食品

・ 使い捨てプラスチック製品 など



わたしたちの暮らしは便利で快適になったけど、その暮らしは多くの犠牲の上に成り立っているということ。



さらには化学物質の摂りすぎで、自分たちの健康被害をも招いているということ。



そんな実態を知ったら「自然を壊してまで・動物や労働者から搾取してまで・健康を害するリスクを負ってまで手に入れたいものはない」という価値観に変わりました。



「安い・早い・便利」よりも「フェアトレード・オーガニック・プラントベース・プラスチックフリー」を重視してます(カタカナ多い…)



身近で買えるフェアトレードコーヒーについては、こちらの記事で紹介しています↓




②お買い物マラソンで完走すること

すこし前までバリバリ楽天経済圏の住人だったので、お買い物マラソンは欠かさずエントリーし、きっちり完走してました。



☆ お買い物マラソンは、楽天市場で普段よりお安く商品が買えたり、買えば買うほどにポイントを多くもらえたりするセール期間のこと



ポイントの還元率を上げるために買いたいものを血まなこで探し回っていたし



ポイントが貯まったら貯まったで、期限内に消費しなきゃとこれまた買いたいものを探していたし



いま思うとほんと謎すぎる…「買いたいものを探してまで買う」ってなんだそりゃ、完全に楽天の奴隷ではないか。お金も時間も勿体なかったです。



サステナ暮らしを始めて「必要なものを必要なときに必要な分だけ買えばいい」と腹落ちしたら、お買い物マラソンが心底どうでもよくなりました。



楽天ルームは放置し、ダイヤモンド会員でもなくなったが、なーーんにも困ってない!むしろ走らなくなって快適です。




③顔にいろいろ塗ること

メイクするからクレンジングが必要だし、クレンジングをするからスキンケアも必要になる」と、うすうす気付いていながら肌断捨離する勇気がなかったけど



ステイホームという絶好の機会が与えられたので、顔にいろいろ塗るのをやめてみました。どのみちメイクしてもマスクで隠れちゃうし。



まずはファンデーションとクレンジングをやめたら乾燥しないばかりか、お肌の調子がみるみる良くなって、くすみも抜けてきました。



続いて化粧水や美容液もやめてみたけど無問題です。

ファンデーションに含まれる化学物質の刺激だったり、クレンジングで肌の水分や油分を取り過ぎて乾燥したり、それを補うために保湿してって完全に悪循環!



あれもこれもと塗りたくることで、もともと肌に備わっている再生力や保湿力が失われていたんだなと実感しました。



そもそも顔に何かを塗る度に摩擦を与えていたことも肌の負担になっていたんだと思う。



今は自家製の保湿クリームをお風呂上がりにちょこっと塗る程度にしてます。



保湿クリームの作り方はこちらの記事で紹介してます↓



最近は顔を石けんで洗うのと、日焼け止めを塗る習慣もやめてみました(日傘と帽子で対応)。




④プレゼントやお土産をもらうこと

・モノを増やしたくない

・パッケージのゴミが出るのが嫌

・長く大切にできるモノしか家に迎え入れたくない

・動物性の原料や添加物が含まれている食品を口にしたくない



という理由から、プレゼントやお土産をいただくことがストレスになってきました。



とはいえ相手も善意でくださっているので、そのお気持ちは有り難くいただいて、現物はやんわりお断りすることにしてます。



昔、夫に「誕生日のプレゼントは貴金属がいい」とか「出張に行ったら手ぶらで帰って来るな」などと言い放っていたわたしですが、



「プレゼントもお土産ももう要らない」と180度方針転換してみました。




⑤砂糖に依存すること

ずっとやめたい!と思っていたけど、完全にはやめられていなかった(白)砂糖。



というのも、砂糖はありとあらゆる加工食品に含まれているから。ドレッシングやパスタソースなど、とりわけ甘くない食品にも入っているから厄介です。スーパーで砂糖なしの加工食品を探すほうが難しいくらい。



砂糖が入っていなくても「人工甘味料」が入っていたりします。もっとヤバい。



なので甘いものが食べたいときは、ヴィーガンスイーツを選び砂糖を摂取するのはやめました。



ヴィーガンスイーツは白砂糖ではなく、てん菜糖・メープルシロップ・アガベシロップなどの精製されていない天然の甘味料が使われています。



砂糖を使わないヴィーガンスイーツはこちらの記事で紹介してます↓



ですが、もっと手軽に甘いものが欲しいときは、甘酒を飲んだり

(甘酒を炭酸で割るとめちゃくちゃ美味しい♡)



焼き芋を食べたり

(スーパーでプラスチックフリーで買えるスイーツ!冷やして食べても美味しい♡)



最近はイオンで見つけた「きらず揚げ」という国産小麦とおからのお菓子を買うことも。



原材料はこちら↓

粗糖は精製加工する前の糖のこと。精製されていないので、サトウキビとほぼ同じ栄養素が含まれています。



買い物する際は、かならずパッケージ裏の原材料をチェックして、砂糖や人工甘味料が入っているものは買わないことにしました。なので大半の加工食品は買えません。



なぜこうまでして砂糖の摂取をやめたいのかは…


・腸内環境を悪化させる


・癌のエサになる


・精製された砂糖はミネラルやカルシウムが取り除かれて糖度が高いため、体内で素早く吸収され血糖値を急上昇させる


・急上昇した血糖値は急降下するため、そのときに脳がまた砂糖を欲する(中毒性が高い


・糖尿病だけでなく、肥満、虫歯、冷え性、骨粗しょう症などの症状を引き起こす


とまぁ理由はいろいろあるけど、1番怖いなと思うのは砂糖の中毒性や依存性が高いところ。



ちなみに人々が砂糖依存になって1番得をするのは、砂糖を使って食品を作っている企業と、その企業からたくさん税金を納めてもらっている国ですね!



ついでに癌や糖尿病になってくれたら病院と製薬会社も儲かります。




おわりに…

サスティナブルな暮らしのために、わたしが【やめた習慣】まとめ



① 安い・早い・便利を求めすぎないこと

② 楽天マラソンで完走しないこと

③ 顔にいろいろ塗ること

④ プレゼントやお土産をもらうこと

⑤ 砂糖に依存すること



世の中は「安くて便利で魅力的な商品」や「依存性のある美味しい食べもの」であふれていて、次々と買わせようとするけれど

 


その裏にはあらゆる環境問題や人権問題などが潜んでいるし



化学物質や砂糖の摂取によって健康を損なうリスクもあるよというお話でした。



より多くの人が大量生産と大量消費に加担しない・今の消費社会の渦から抜け出すという選択をすることで、自分の未来も地球の未来も変わっていくのだと思います。



○ 関連記事 ○

サスティナブルな暮らしから学んだこと:エコと経済成長は両立できない




まじかるクラウン 毎日をご機嫌にエシカルに過ごすための愛用品・買ってよかったもの等はこちらで紹介しています!
 

 

ハート インスタグラム → @yuuki_salon
流れ星 楽天ROOM → yuuki358
グラサンハート 別ブログ → yuukimay.com



くまアイス先月いちばん読まれた記事はこちら↓

【サスティナブルな暮らし】始めて1年、やってよかった!と思う8つのこと



チョコがけハート 前回の記事はこちらでした↓

【湯シャン】頭皮がベタつくときの対策5つ。と「捨てない暮らし」のインタビュー記事掲載