梅雨どきの「浴室のカビ」や「洗濯物の生乾きの臭い」ほんっと嫌ですよね。換気に気をつけていても湿度が高いからどうにもならないし。
 
 
けど、
強力な薬剤を使ってカビや臭いを撃退するのも、なんだか環境に悪い気がしてきました。
 
 
そこではっと気付いたんです。ティーツリーオイルを使えばカビも生乾き臭も解決することを!
 
 
最近アロマのお仕事から遠ざかっていたので、すっかり忘れておりました。。ティーツリーはオーストラリアの先住民(アボリジニー)が天然の治療薬として古くから使ってきた万能オイルなんです。
 
 
防カビや殺菌消臭だけでなく、抗菌や抗炎症作用もあったりで、めちゃめちゃ優秀。抗菌作用があるのでコロナ対策にもなります!
 
 
ということで、今回はティーツリーオイルの使い方を紹介します。
 
 
カビとかコロナとか臭いとか諸々防ぎたいけど、環境にもカラダにも優しい方法がいいという方は参考になってくださいね。
 
 
まず 洗濯物の生乾き臭には…
 
洗濯中「洗い」と「すすぎ」のときにティーツリーオイルを数滴たらしておきます。こうしておくと、生乾きのイヤな臭いがなくなります。
 
 
排水口のカビ予防には…

毎回お風呂からあがるとき、排水口に数滴たらしておくと、ピンクのカビが生えてきません。
 
 
カビ○ラーなどを振り撒くより、天然オイルだけでカビを防げるので環境にも体にも良き。しかもヒノキのようなキリッとした香りが浴室に広がって爽やかです。
 
 
キッチンの排水口も同様に、片付け終えたら数滴たらしておきます。実はG対策にこれとっても大事!(ティーツリーはGが嫌いな香りの1つなんですよ)
 
 
手の殺菌には…

あらかじめハンドソープボトルの中に数滴たらしておくのが効果的。我が家は泡用ソープを使ってます。
 

 
 
他には…
 
ティーツリーの抗菌スプレーを作っておくと使い道がぐんと広がりますよ。
 
 
作り方は、50mlのスプレーボトルに水を40mlと無水エタノール5mlを入れたら、そこにティーツリーオイルを10〜15滴垂らすだけ。
 

例えば、これをマスクの外側にシュッとスプレーしておけば 感染症予防 になるし
 

浴室の壁にスプレーすればカビも防いでくれます。
 

頻繁に洗えないソファとかクッションの 抗菌や消臭にも。リ○ッシュのように使えます。下駄箱(シューズクローゼット)の消臭にも◎
 
 
アロマディフューザーで拡散すれば、お部屋全体の浄化にもなります(スッキリ系なのでリラックスや安眠に使う香りではないけど)。
 

これだけでも万能だけど、ティーツリーオイルのもっとすごいのは原液のままお肌につけてオッケーなところ(ただし100%天然成分のものに限ります)。
 
 
殺菌力や抗炎症作用があるから、傷や水虫にも使うことができるんです(綿棒につけてちょんちょんと塗る)。
 
 
さらにに刺されたときにも、このオイルを塗るとすぐに痒みがひくので、蚊にモテまくる私としては手放せません。
 
 
先ほどのスプレーを使えば虫除けにもなるようです。キャンプとかアウトドアで重宝しそう。
 
 
今まで、お風呂のカビ予防には○○、抗菌対策には○○、消臭には○○、虫さされには○○と製品を使い分けていたけど、このオイルのおかげでいろいろ揃えておかなくてよくなりました。
 
 
それに環境のためにケミカルなものを減らすことは、自分にとっても心地よいことでした。
 
 
ご興味ある方はぜひティーツリーオイルを使ってみてください。あ!天然成分100%のオイルでないと安全ではないので、信頼できるメーカーのものを使っていただければと思います。
 
 
私はプラナロムというところの精油を使ってます(無添加でオーガニック100%の天然オイル)↓
 
 
 
無水エタノール↓
 
 
 
スプレーボトル↓
 
 
まじかるクラウン そのほか毎日をご機嫌に過ごすための愛用品・買ってよかったもの等はこちらで紹介しています!
 
 
ハート インスタグラム → @yuuki_salon
流れ星 楽天ROOM → yuuki358
グラサンハート 別ブログ → yuukimay.com
 
 
くまアイス他にはこんなことも書いてます↓
 
 
くちびる 前回の記事はこちらでした↓