冷えを予防し、代謝をアップ! | 日本フードバランス協会公式 小針 衣里加

日本フードバランス協会公式 小針 衣里加

バランス料理研究家、日本フードバランス協会代表の小針衣里加です。自分や家族の健康が気になる方、食の知識を深めたい方などに
適した食の資格講座「フードバランスアドバイザー講座」を主宰し、講師業を主に全国で講演を行っています。

昨日は武蔵村山市で二回目のダイエット講座を行いました。

ただ、先日の大型台風の影響で食材が普段より手に入りづらい

可能性もあると思い、私が準備する食材は早めに確保したのですが

主催者様側で用意する食材(肉類)の入荷がやや不安だったのと

20人分ということもあり、前日にメールを入れてもし

売っていなかったら朝10時までにご連絡下さいと伝えていました。

 

すると案の定、食材が午後にならないと入荷しない事がわかり、

急いで家の近所のスーパーに走り、食材ゲット♫

そのまま電車に乗りました。間に合ってよかった!!

 

前回は火を使わないオードブルを数種類作りましたが、今回は

自家製の黒酢生姜を使った「骨つきチキンと野菜のエスニック煮込み」

「豚肉と生芋こんにゃく、メンマを使った中華風ピリ辛炒め」など

おかずになるものを作りました。

 

二回目の今回のテーマは「代謝力を上げて脂肪燃焼&アンチエイジング」

だったので身体を温め、血行をよくする食材を中心にお伝えし、なおかつ

お肌や美容にもよいメニューにしました。

 

 

こちらは、自家製の黒酢生姜。生姜は生ではなく、一度加熱してから

黒酢に漬け込んでいます。そして重要なのは「生姜の皮」なので皮は

剥かずに漬けています。黒酢は国産玄米100%のものをおすすめ

しました。この黒酢生姜を作っておくと、色々な料理に使えますし、

生姜と黒酢のパワーで体も温まります。今回は骨付きのチキンを使って

この黒酢生姜や発酵食品であるナンプラーなどを加えてエスニック風に

しました。骨付きチキンはコラーゲンも豊富。ビタミンCと一緒に

摂るとより吸収率がアップするのでVCが豊富なオクラと二種類の

パプリカを最後に加えて彩りもよくしました。

 

あとは、こんにゃくと豚肉を使った料理では豆板醤や味噌、メンマなど

の発酵食品を加え、代謝を高め、腹持ちもよく、食物繊維も豊富な

メニューに仕上げました。

 

こんにゃくはこんにゃく粉から作ったものではなく、「こんにゃく芋」

から作った「生芋こんにゃく」をおすすめしました。

 

 

というのも、生芋こんにゃくには、保湿成分の植物性のセラミド

含まれているのでお肌の乾燥やしみ、シワなどにも効果を発揮する

食材だからです。

 

私は群馬県の農作物を使った商品開発などもやっていますが、

群馬県の方は高齢の方でもお肌がツヤツヤでこの美肌の秘訣は

生芋こんにゃく効果ではないかと思っています。

 

購入する時は、表示をチェックして原材料に「こんにゃく芋」

となっているもの、もしくは表面に「生芋こんにゃく」

記載しているものを選びましょう!

 

もし、スーパーで売っていなかったらセブンイレブンさんで

群馬県産の生芋こんにゃくが手に入りますよ😊

 

 

好評発売中!!

プロテインを飲むだけで食べる量を減らして楽々ダイエット

「無理せずやせ体質を手に入れるプロテイン+αダイエット」

   著者:小針 衣里加

 

電 子 書 籍 版   →amazon注文ページはこちら→★

ペーパーバック版→amazon注文ページはこちら→★