こんにちは^^

藤原理恵です。

 

   

 

さて、やりたいこと、

実現したいことって、

 

言葉に出す前に行動に出ることって

多々ありますよね。

 

例えば、お腹が空いてるときには、

 

「ご飯が食べたいです」

 

って言う前に、お腹を満たそうと

行動しますよね。

 

過去にすでに体験したことが

あることは再現可能なことなので、

行動に移すことも容易でしょう。

  

 

 

「○○がしたい」

「○○に行きたい」

「○○を実現させたい」

 

と思っていることを

言葉に出すけど行動に移せなかったり、

「なかなか叶わないな〜」

ってことがあるとしたら、

 

その「やりたい」を「予定」に

していないのではないでしょうか?

 

例えば、

 

「ハワイに行きたいな〜」

 

って口癖のように言いながら、

 

「今年も行けなかったw」

 

みたいな人は、言ってるだけで

予定にしていません。

  

 

 

なので、予定にしてしまうことです。

(えw 簡単すぎるwww

てか、雑かwww)

 

 

 

予定にしてしまうと、

スケジュールが決まり、

行動が具体的になります。。。。

(って終わるやん( ・∇・)b)

   

 

  

予定にしてしまうと

スケジュールが決まってしまうから、

行動するだけになるし、

そうなると、結果を受け取らなくては

ならなくなる。。。

 

そう。

 

やりたいこと、実現させたいこと、

これらを予定にして行動にできないのは、

 

結果を受け取ることへの「恐れ」が

あるからなんです。

 

過去に体験がないこと、

今まで受け取ったことのない幸せを

享受するであろうこと、

 

うそみたいなことですが、

受け取ることにわたしたちは恐れを抱くのです。

 

これは「ホメオスタシス」という

変化を嫌う脳の恒常性が機能してるんですね。

 

この機能を理解した上で、

恐れを優しく横に置いて、

 

ゾワゾワしながら

 

「○○がしたい」

「○○に行きたい」

「○○を実現させたい」

 

をカレンダーに書き込む。笑

 

そして、更に言えば、 

 

「したい、行きたい、実現させたい」

 

のその先の目的、つまりゴールがあると、

 

「したい、行きたい、実現させたい」は

 

ゴールではなく必然のプロセスになります。

 

 

 

例えば、

 

「ハワイに行きたい」があったとして、

ハワイに行くのその先の目的が

「本場のフラを体験したい」が

あるとしたら、

 

 

「本場のフラを体験するために

ハワイに行きたい」

 

というふうに、ハワイに行くことは

必然のプロセスになります。

 

 

 

さて、

自分のやりたいことを実現させるためには、

 

①予定にする

②脳の恒常性機能を理解する

③「やりたい」のその先のゴールを設定する

 

ということで、

あっと言う間に実現へのショートカットです。

潜在意識と催眠を活用して

人生をドラマティックにクリエイトしていくための

30日間の無料メール講座を開催しています。

登録はこちらからどうぞ。