仏教塾の後は特別鍼灸祈祷です。


鎌倉時代に御住職がされていた

御祈祷のようです。


この御祈祷は鍼灸の役割も、とても重要です。

陰陽五行や経絡、経穴を把握している

事は当然ですが、気の流れと邪気を

感じ取れないといけません。





今回の檀家さんは、御住職にお世話になる前は

突然、起き上がる事もできないくらいに

体調を崩されたにも関わらず病院では診断名

がなく先祖供養などをしていただく度に

少しずつ良くなられたそうです。


今では仏教塾、石切遍路行にも

毎回、参加されるくらいに元気に

なられていますが、それでも体調は万全

ではなく私のサロンにも来て頂いています。


現代医学的には診断名はありませんが

東洋医学的には、かなり複雑です。


一般的な経絡のルートではなく

交差する経絡のルートが詰まりまくりな

上に前世でも、体が弱かったみたいで

前世の自分も出てきます💦


この日のためにあらゆる経絡のルートを

分析し何回も施術の計画を練り直しました。





ここで、こう交差してて、このツボは骨際まで

来てて‥と御住職に説明させていただきました。



私は、この施術自体は

しんどくはないのですが

準備段階は結構な疲労感です💦


御住職はオバケとか神障りとかと

違う、しんどさがあるそうです。


という訳で、この施術は月に一回のみで

年間10人しかできませんが、既に

来年3月まで予定は決まっています。


檀家さんでご興味のある方は

ご連絡くださいね😃


 

プロフィール→★★★

料金表&お申込みについて→★★★