★10月20日12時~14時トークショー

with牛窪万里子さん@六本木ヒルズクラブ(六本木ヒルズ51階)

詳細はこちらから

 

★日本初テーマディスカッション

100席満席御礼

2019年8月25日14時~ 赤坂にて

※この先はキャンセル待ちとして承らせていただきます

(このディスカッションの収益金は全額、次世代の日本を担う若者達を支援している

団体に御寄付いたします。3人の登壇者はノーギャラでさせていただきます。)

詳細はこちらから

 

 

皆様、おはようございます。

8月は暑いけれど気圧が高い日が多いので、私の身体にとっては

とても良い条件なのですが、心の話になると、また違ってまいります。

楽しい夏休みの対極にある昔の日本を思い出す月となります。

広島の原爆投下、長崎の原爆投下、そして終戦宣言。

暑い夏に落とされた原爆で亡くなった方々。

数年前の夏に広島に行った時のことを思い出します。

そこかしこに原爆を想像させる場所や物があり、

東京とは全く違った「哀しさ」がある場所でした。

年月が経過しても、空気から感じる当時の悲惨さや、

人々の苦しみと悲鳴が聞こえるようで、歩きながら汗をかいた喪服着物のせいなのか

重くなった心のせいなのか分からない程、

身体が重くなったのを鮮明に覚えています。

夏に長崎へ行かなくてはならない、きちんと見て来たいと思いながら

まだ行けていません。

やり残した事が無いように毎日生きていても、

こうしてまだ実行していない事があると改めて感じました。

明日は、広島の原爆投下の日です。

時間には必ず黙祷させていただきます。

 

 

 

先週金曜日は、株式会社カネボウ化粧品様での講演でした。

(昨今は、研修や講演の御依頼先を公開できない事が多いですが、

こちらは了承を得て公開させていただいております。)

講演というよりは、トレーニングと言った方が正しいかもしれません。

1978年にロンドンでデビューし、40年間、欧州のラグジュアリー市場において

欧米ブランドと並ぶ実績を積み上げてきたSENSAIという

スーパープレステージブランドが、9月から逆輸入のような形で

日本の市場でデビューいたします。

 

 

 

日本市場では、最高級品ばかりを扱う新宿伊勢丹と、

大阪梅田阪急で販売が開始されます。

その売り場のアドバイザー14名が、

3000人以上いるカネボウのアドバイザーの方々の中から選ばれました。

その14名のアドバイザーの方々に対する研修の一つとして、

私に御依頼が来ました。

「ファーストクラスのおもてなし

~サービスにかかわる人に必要な人間力~」

これが私に求められたゴールです。

おもてなしや接客方法を教える講師は大勢いらっしゃるでしょう。

でも、グローバルに活躍する方々と現在も仕事で日常的に1対1で接し、

JALで最高級のサービスを御提供させていただいてきた経験を持ち、

茶道の心得があり日本の文化を大事にしていて、

人間力を高めるためのトレーニングを体系化してお伝えする事が出来る人は

他にはいないとおっしゃっていただき、決定していただきました。

担当者の方は、長くこのブログをお読みくださっており、

私の人間性をこの中で感じてくださっていたそうです。

 

 

 

最初の御打ち合わせの時に、SENSAIについて沢山のことを学ばせていただきました。

「日本文化への理解と関心が高く、感性の豊かな方」に向けたブランド。

それを象徴するかのような高品質の「小石丸シルク」のエキスを含んでいます。

小石丸シルクは他の一般的な繭と違い、非常に稀有な素材です。

その小石丸シルクをどうやってSESAIに使えるようになったのかを教えていただき、

実際に、小石丸シルクと普通のシルク生地両方を触らせていただきました。

頻繁にお着物を着ますので、絹の感触はよく分かっていますが、

小石丸シルクの触り心地は、初めての感触でした。

それはそれはなめらかで、しなやかで、上品な艶がありました。

化粧水を手の甲につけさせていただきましたが、香りもとても心地よいものでした。

マーケティング部の方々と、あまりに真剣にお話しすぎて、

時間がオーバーしているのにも気が付かなかったほど。

 


 

 

 

 

トレーニング内容は書けませんが、14名の方々の意識の中に

何か確実なものをお渡しできた感触がありました。

トレーニング後にいただいた感想文には、

受講者の方々の想いが書かれていました。一部だけ載せさせていただきます。

「人間力のお話を荒井さんからお聞きし、

私に今足りない、求めていた答えが沢山ありました。」

「荒井さんの御話は全て心に響きました」

「本日の講話から、日々目標を持ち、人として深みのある存在となれるよう

経験を積みたいと強く感じました。また、荒井さんの講話を、

是非拝聴させていただきたいと思っております。」

「前半は”自分に本当にSENSAIアドバイザーが務まるだろうか”と不安が募ってしまいましたが、私達のことを想い、私達の為に厳しいことを言ってくださり、

しっかりフォローしてくださったので、むしろ自信につながりました。」

「人間力についてここまで考えたことはありませんでした。

とても勉強になり刺激をいただきました」

「荒井さんの講話では、まずは御本人の人間力に感動いたしました。

人を引きこむ力、教養、知識、向上心など、素敵だなと思うことが多すぎて、

今日教えていただいた日常生活でも取り入れられる事を実践する事から

していきたいと思います。」

「とてもパワーと情熱がある講師の先生で、お話が大変面白く、

あっという間に時間が経ち、とても実りある時間でした。」

 

 

皆様が御自身の言葉で感想を述べてくださいました。

担当者の女性からは

 

事前に予想はしておりましたが、想像通り

弥栄さんの素晴らしい人間力に裏付けされた講演内容にすっかり魅了されてしまいました。

お言葉一つ一つに重みがあり全身全霊でお伝えくださった内容に、心動かされました。

私だけでなく、受講者全員の明日からの行動が変わると思います。

また私個人としては、講演の内容はもちろん、本日は講演前に打ち合わせさせていただいたときに

いろいろお話聞かせていただけて、より深い学びを得ることができました。

ぶれない心で、常に自分に厳しくチャレンジしていかれる、言動一致されているお姿に触れ

私も、弥栄さんのような、人に感動を与え行動を起こせる人になりたいと決意が固まりました。

改めて、こんな素敵な方にお目にかかれ、直接お話しさせていただけたことに幸せを感じます」

と、メールを頂戴いたしました。

 

 

沢山のお褒めの御言葉を頂戴しましたが、このトレーニングは

MBAを学んだからこそできたものだと思っています。

御依頼をいただいてから、沢山のリサーチをいたしました。

競合他社様の同ランクの商品のこと、アドバイザーの方々の事、

会社の中の位置として、このブランドにどれだけの重みを置いているのか。

それらを全て事前にリサーチし分析し、どうすれば短い時間内で、

一番効果的にアドバイザーの方々に「今、必要な事」そして

「会社が彼女達に期待している事」をお伝えできるか。

私にしかできないと御依頼いただいた件です。

ここまでさせていただくのは当然のことです。

以前もここでも書かせていただきましたが、

例えば、A社の商品ライン㋐というものについてのお仕事をさせていただいたら、

その後競合他社のB社さんから㋐と同じ商品ラインのトレーニングを御依頼されても、

私はお断りする事にしています。

当たり前ですが、自分が関わらせていただくという事は、

その企業様のその部門が業界内でトップに立つためにさせていただくわけです。

それを節操なく、同業他社さんの同じ商品ライン

(今回の件で言うなら、大手化粧品メーカー競合他社様の最高級ラインです。)

をお引き受けするのは、私の「生き方」そのものに違うと思っています。

 

 

毎回、研修や講演をさせていただく度に、帰路につく時には、

エネルギーを全投入した後で疲れているはずなのに、

むしろスタート前より自分の中に力が生まれたことを感じて帰ります。

人は誰かの為に真剣に行動させていただくと、

それは全てその人に返ってくるものなのだと体感します。

14人のアドバイザーの方々が、9月からカウンターで接客いたします。

自分のお肌の美しさへの投資をお考えの女性の皆様には是非、

カウンターへ足をお運びいただきたい、と思っております。

毎日SENSAIを使われているという担当者の方も、その他の2名の女性の担当の方も

皆様、とても美しいお肌でした。

貴重な機会を頂戴し、自分の力を発揮させていただき、佳き日でした。

 

 

皆様、今日も充実した一日にいたしましょう。

 

本日のフレーズ

 

 

 

We can’t exclude foreign workers.

外国人労働者を排除することはできません

 

exclude   排除する・除外する

 

Who are you going to exclude from the invitation list?

招待客のリストから誰を外すつもりですか?