Nonsukeのブログ〜MAX77%〜

Nonsukeのブログ〜MAX77%〜

日々感じたことを綴ります

ご訪問いただきありがとうございます。日々感じたことをきままに綴るブログです。

読書や映画の感想、旅行記などもたま~に。
ユノとチャンミンの東方神起を応援しています。

TOHOSHINKI are YUNHO CHANGMIN !!

 

あの日から、ぐるぐる、巡って、

行ったり来たりしとりました。

 

アンチの思うツボはゴメンだし

ネガティブな発言に振り回されるのもイヤだから

しばらくSNSから離れようと思ったけど

嘘や噂でチャンミンの事を嫌いになれるなら

いっそ嫌いになりたいもんだわさ。

そう思って、敢えて見に行ったりもしました。

 

くだらない憶測を並べた見苦しいのもあるけど

どうしようもなく寂しい思いを綴る切ないものも。

チャンミンは全て受け止める覚悟で決断したんだと思います。

 

 

今まで何度私が揺らいでも

チャンミンは黙々と自分の道を信じ、

ファンを信じて最善を尽くす事で

私を引き戻してくれました。

これからも、チャンミンの信念は変わらないと思います。

 

私の方が

今こそ変わるべきなんだろうなあ。

もっと深いところでしっかりと根を張り

たくさんの愛や幸せをくれたチャンミンに

静かに応えて行く時なのかも。

 

 

これから9月に向けて、そしてその後も

チャミペンにとっては

さらなる試練があるんだろうな。

メンタルを保つためにも

今こそ変わらなきゃ。と踠いてる最中です。

 

 

 

あの日私は、

本当に、たまたまビギシャルに飛んで

チャンミンからのお手紙を目にしました。

虫の知らせ的な?

 

ひと目見て、察してしまい

心臓がバクバクしたけど

友達からとかネットニュースではなく

チャンミンのお手紙で知れて良かった。

 

 

夜になって、またじっくりとお手紙を読んで…

『ユンホ兄と僕、そしてファンの皆さんが

この先の東方神起がどうなるか分からない

不安な時期もありましたが・・・・』

っていうところで、ぶわっときた…

 

 

2009年に東方神起を好きになってからずっと

一緒にいろんな事を乗り越えてきたわなあーて

勝手にそんな風に思ってたわけだけど…

 

チャンミンも同じ思いでいてくれたんだなあって

悲しみというよりは、感慨深いものがこみあげて…

 

そんな不安な時期を乗り越え、帰ってきた東方神起は

新しいファンも加わり、

ファン歴の長さに関係なく、

たくさんの愛に支えられて、ここまで来ました。

 

 

 

まあ、あの時は不可抗力だったけど

今回はチャンミンの選択だから←いや、急に冷たくなりますが。

 

離れていくファンもいて当然。

アイドルの結婚は無条件に無理って人も。

 

私も…

おめでとうは言えない。

言える日が来るのかどうか分からない。

ライブで、おめでとう~!なんて、

そんなノリだったら行きたくねーっし

(スタッフツイートの祝福ムードに怯えてる…)

 

でも、チャンミンの幸せは願っています。

いつか、言える日が来たら、

SNSではなく、心の中でそっと呟くから。

 

 

 

東方神起への思いをクールダウンするとしたら

少し寂しい気がするけど

それは悲しむべきものではなくて

成長…と呼びたい。

いや、この歳になっても成長するよねー

 

チャンミンなら、きっとこれからも

新しいファンを得ていくでしょう。

そのファンがまた一時、熱く熱く応援してくれるさ。

私はそれを遠くから見守るさー

そう。

東方神起という歴史の中でファンは再生する。

 

 

こうしよう、こうあるべきと考えても

心が追いつかない時もあるけど、

私にはチャンミンへの信頼と愛があるから。

 

今、少し離れたとしても

自然と戻れると思うし

たとえ、夢から醒めたとしても

深いところで支え合うという意味では

さらにパワーアップできるのかも。


ずっと歌い続けるのがチャンミンの夢なら

またその夢の協力者として戻ればいい。

チャンミンがライブで話した「協力者」って言葉

辞書には相棒、仲間、パートナーとあって

チャンミン、調べたんだろなあ…とキュンとしちゃう。

 

 

2009年、不安だった東方神起やファンや自分に

大丈夫だよ~未来は素敵だよ~って

言ってあげたいと、ずっと思ってきたから

 

未来の自分が、今の私に、

大丈夫だよ!って言いたがってる気がする。

 

 

今はあまり考えず・・・

ここにいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


東方神起ランキング

 

にほんブログ村 芸能ブログ 東方神起へ
にほんブログ村

明日、6月1日から通常勤務に戻るので今週はリハビリ期間、でありました。

いろいろ不安ですし、できればこのまま籠っていたい・・・なんて思ってしまいます。

東京と大阪を行ったり来たりしていた旦那は、コロナをきっかけに大阪に戻ってくることになりました。

オンラインでええやん?新幹線代浮くやん?って判断でしょうかあせる

 

トン活するには旦那の単身赴任は快適だったのに・・東京に宿がある~って何かと便利でした。

しかし、これからはそうはいきません・・・トン活するにも何かと不都合なことが発生します。

 

まさに、早速

東方神起のBeyond Live参戦中に旦那の引っ越し荷物が届くという惨事が。

しかも、ちょうど私の大好きなTRUTHの最中に!はぁ~・・えーん

15分間くらい見れなかったかな?オンデマンドで早くもう一度じっくり見たいです。 

 

さて、東方神起初のBeyondLIVEから早いもので一週間が経ちました。

 

(画像はネットニュースよりお借りしています)

 

Beyond LIVEとは?

「ARや3Dグラフィックスなどの最新技術を駆使した世界初のオンライン専用有料ライブ」

ということで、日本の情報番組や新聞などでもたくさん取り上げられました。

TVを見てそのライブの存在を知った友からは

そんなライブがあるなら見たかったわ~と言われました。

そうですね。一般の方は事前に知るチャンスが無かったですね・・・

こんなんあるよ!って話してもなかなか伝わりにくい部分もあったかもしれません。

TVで取り上げられたことによって関心を持ってもらえたのは嬉しいです。

 

 

日本デビュー記念のイベントが見送りとなっていることから

日本語の歌もたくさん披露してくれて

日本語もたくさん話してくれてそれも嬉しかったし

ユノとチャンミンのソロが見れたのも嬉しかったなあ・・・

ただ、せっかくユノとチャンミンそれぞれを映すマルチカメラがあるのに

ソロの時はそれが使用されずメインカメラのみで上の写真のような分割画面だったのは残念・・・

分割せずに両方のカメラを駆使して欲しかったよー

 

 

ツイで、10年以上ファンだけど今回初めてライブに参戦できる!

って喜ぶ海外のファンの声があって、涙出た・・

今まで、毎年(活動休止中以外は)普通に日本でのツアーがあったこと・・・

当たり前じゃなかったんだなあとつくづく思い胸が熱くなります。

これからは、ライブの生中継がTVの有料放送や映画館でだけではなく

全世界への生配信になれば、日本のツアーを世界中のファンが楽しむことができますね。

 

 

朝、起きた時の「今日は東方神起のライブだ!」という高揚感、わくわく感は十分味わえ、

遠征費も要らずファンクラブなら3000円で何回も観れるんですから大満足です。

ですがやはり本物のライブで味わう、

東方神起がそこにいる!同じ空気を吸ってる!ていうあの感覚に勝るものはありません。

Beyond LIVEによって本当のライブに行く必要がなくなるのではなく

本物のライブの贅沢さ、特別感・・・ありがたみがさらに大きくなった気がします。

 

心配なのはBeyond LIVEに味を占めた事務所が生ライブの開催を減らしてしまうんじゃないかって事かな。

アーティスト本人は生の観客を前に歌う事を大切にしたいと思ってくれてると思うんですけどね。

 

 

練習風景でセトリのネタバレを知った時、

正直言うと、怒涛のダンス曲で大丈夫かな?と思ったんですがあせる

なるほど、生の部分と事前撮りの部分をうまく組み合わせれば・・・

これは、これから先何年も活動するであろう東方神起の体力的な部分を考えると朗報だなあと。

 

そういえば、XVライブでの『ミラーズ』は映像だったので

今でも生で聴きたかった・・・と思ってしまうんですが

オンラインライブだと『Why?』や『Maximum』は、事前に撮ってるのが分かるんですけど、違和感がないんです。

なんで生じゃないんだ?って事よりもあの3Dグラフィックはすごかったなあ!というポジティブな思いが強いです。

 

 

Beyond LIVE自体の計画はもともとされていたのですが、

コロナの事があって、前倒しになり

今回の日程は急遽組まれたみたいです。

短期間であの完成度ですから

さらに色んなアイデアを盛り込むこともできそうで

オンラインライブはこれからもっと進化するんじゃないかと期待でいっぱいです。

 

にほんブログ村 芸能ブログ 東方神起へ
にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ
にほんブログ村