発表会&イベント*晴れ*

テーマ:

発表会&コラボイベント、生徒さんご関係者皆様のご協力や、お客様にも恵まれ、

スタッフ等含め皆様のお陰さまで和やか且つ華やかな会を催すことができました。

当教室の生徒さんはご本人だけでなく親御さんも本当に素敵な方ばかり…当日のスタッフとしてお手伝いして貰った同業の知人も、生徒さんも親御さんも良い感じな方ばかりね!と感心していました。


素敵な発表会にしたいという思い入れが強いばかりに、当日までのお手伝い戴いてきたスタッフさんたちには要望も多く、きっと大変なことも色々だったかとも。。。

そんなスタッフとしてもお務め戴いた絵本ライヴ監修さんから、大きな舞台をほぼおひとりで進められた先生はやはり偉大な経営者です、とのメッセージも戴き、えっ?ビックリ!そうなのっ??

最初は何人か生徒さんいらしたら楽しいかな、おばあちゃんになってもひとりでも生徒さんいたら続けたいな程度で始め、ただやりたいことをさせて頂きながら続け、気づけば今月末で干支ひとまわり。

やはりピアノも、生徒さんも大好きなのです、発表会&イベントは、日頃の感謝の気持ちを込め今で精一杯なことをさせて戴きました。

発表会経験豊富な楽器店担当さんには、イベントなしの発表会でも準備大変なのに、こんなイベント付きでひと月準備はそりゃ~か・な・り!ハードですョ~!!と。

かくいう彼にもご尽力下さり、発表会前夜10時にイベント用パンフをお届け戴き、ギリギリで全ての準備が整ったのでした。

ちなみに発表会前日、小学校入学手前?からよく遊んだ幼馴染からなんと高校以来の便りが届き!(共通の幼馴染を介し)、想像通りピアノの先生してるのね、娘にピアノ教えてほしいなあとのこと☆

遠い地に引っ越したのでそれは難しいけれど。。遠くから発表会も応援してくれました。



年明け早々手術が決まり、手術日から約ふた月程で発表会を控え、最初は催せるか不安がなかったわけではありません。

発表会前にレッスンを休みたくなく、加えて事務的進行スケジュール的にも最低ひと月前には完治の必要がありました。

母には自分の演奏の不安等洩らしましたら、例え一度失敗したって、そんなもの後でいくらでも取り返しがつく、一番大事なのは生徒さんの晴れ舞台を良いものにしてあげることだと…同感し決行しました。

生徒さんにも一度やると決めたことは、簡単には諦めないで欲しい、という願いも込めて。


幸運なことに日帰り手術可能なドクターとご縁あり、一番早い可能な日にちで施術戴け、結局レッスンを休んだのは手術当日だけ。

最初のひと月は口頭だけのレッスンを指示されながら、どうしても弾いてみせてもあげたい!口頭だけじゃ困ります!とワガママな要求に、じゃ、絶対ペダルはひと月我慢だからね?…と半ば無理やりドクターストップ解除いただいたり。。。

腕だけでなく、人としての器も大きな先生、発表会を考えるあまり相当ワガママな患者に違いなかったのに笑い流して下さったりユーモラスな診察で、どこか楽しくもある通院生活も送らせていただけました。

ユーモアの大切さや、私も先生としての器も磨いていきたいな…とも。。


今回の手術にあたり、生きる有り難さも改めて痛感できたことは、病に感謝さえ感じ得ました。

以前は、東京の空って智恵子抄の云う通り、星も薄くしか見えないし、、と少々不満でしたが(御免なさい、、)、そんな夜空も美しく見えたり…

ふとした木陰の色合いにも、これを絵画として描くなら様々な工夫や技術が必要でしょうに、自然にこんなにも美しいなんて、世界はなんて美しさで溢れているの!と感激出来たり…

そして病とは決して誰しも他人事ではないもの、検査ではみつからないものも多いのです…そう思うと、毎日を大切に生きたいとも感じました。

このブログを始めたのも、世の、日常の美しさを少しでも伝えられれば、という気持ちが起きてからです。


そして発表会翌日の本日、最終検査結果で晴れて今回の病完治の証明を頂き、名実共に昨日から連日晴れの日となりました!

今回イベントで共演戴いた声楽家さんからも、生徒さんたちへの愛情がすみずみまで行き届いた素敵な発表会で、こんな素敵な先生に恵まれた生徒さんたちが羨ましいです!とのメッセージも頂きました。

司会もイベントもとても楽しんで頂けたようで、お互いに、またご一緒できたらいいですねと。


イベントでは自分への快気祝いも含め久し振りにドレスを着ましたが、なんだかんだテンション上がり♪楽しいものでした(*^^*)

自分のほうこそドレスアップ姿の可愛い生徒ちゃんたちからも褒められ嬉しかったり@

女の子の出演生徒さんたち皆それぞれに可愛い衣装で、観客の友人娘ちゃんは出演者の衣装に釘付けだったとか。

男の子もかっこよくきまっていて、リハの甲斐あり本番でも立派にお辞儀から演奏まで披露でき偉かったです!

自信にもつながったようで、子供にとって発表会は大切なことを実感しました。


イベントの演奏練習は雑務とレッスンの合間(エステもたまには!ですし)に、ペダル演奏解禁後のひと月で、直前の2週間は私の先生に週1で2回、出張レッスンにいらしていただきました。

自己研鑚や、自分のレッスンのヒントのためにも、時折ですが私もレッスンに参ります。

今回は私の忙しさを案じて下さり初めての出張レッスン、アロマの資格もお持ちで、いつか香りとコラボの

コンサートもしてみたいだとか音楽談義も楽しく、音楽は五感に関係すると先生も仰っていました。

教室で既に時折アロマを用いることもありますが、来年度からもっと本格的にアロマの香りつきレッスンをしてみても良いかしらとも?

レッスンの甲斐もあってか、当日の演奏は観客の方々からとても素敵な演奏だった、感動した等の嬉しいお声を戴けました。

ちなみに私はハタチからエステフリークでもあり、今回は発表会とイベントの間の休憩時間に、ロビーで催事戴いたハンドエステコーナーもお洒落に敏感な生徒さん親子や大人生徒さんなどに好評でした*



一番嬉しいのは、生徒さんから、すぐに次の発表会何弾こうかな~、とか、ピアノは絶対辞めない!と話している等のメッセージ。

ほんとうに、長~い目の継続が必要なのです、ピアノって。

好き度合に波もつきものかもしれませんが、とりあえずでも続けてみて頂きたいです♪


大好きな詩と、出演生徒さんへの記念品ピアノ型教室ロゴクッキー を添えます。

ちなみに記念品は他に、今回イベントで弾いたショパン幾つか曲中ノクターンのオルゴールと、

ステージを彩ったスタンド花をラッピングして手渡しでした。


「知命」 茨木のり子


他のひとがやってきて
この小包の紐 どうしたら
ほどけるかしらと言う

他のひとがやってきては
こんがらかった糸の束
なんとかしてよ と言う

鋏で切れいと進言するが
肯じない
仕方なく手伝う もそもそと
生きてるよしみに
こういうのが生きてるってことの
おおよそか それにしてもあんまりな

まきこまれ
ふりまわされ
くたびれはてて

ある日 卒然と悟らされる
もしかしたら たぶんそう
沢山のやさしい手が添えられたのだ

一人で処理してきたと思っている
わたくしの幾つかの結節点にも
今日までそれと気づかせぬほどのさりげなさで

出演生徒さん記念品ピアノ型アイシングクッキー

教室は今、お花の香りで充満しております*