素晴らしきプラモデル野郎#18〜やっぱりトラブルF-15塗装編〜 | のぶりんのマガジンラック

のぶりんのマガジンラック

いつもは普通のサラリーマン。しかしそれは世を忍ぶ仮の姿。ひらめきと思いつきのグダグダブログ。良かったら立ち寄ってくださいませ。

こんにちはニコニコ

6月と言えば我が国では梅雨チュー
この時期は我々プラモデル野郎にとっては受難の季節。
ジメジメとした湿気は、エアブラシを使った吹き付け塗装にとって最悪のコンディションガーン

だけど今年はまだ本格的な雨が少なく、比較的乾燥しているので、今の内に塗装を済ませてしまおうウインク

さて、前回までに本体の組み立てを終えました。
次に塗装に備えてキャノピーを仮組みし、マスキングを行います。
{D9DC8042-8282-4406-B705-730208B0DD06}
今回も通販で購入した「名古屋の塚本さん製」マスキング材を使用しました照れ
(ぴったり!いぃ〜仕事してますね〜ラブラブ)

{D261727E-E16E-4C9D-AADD-5EBC70D568DC}
まず、キャノピー枠の内側に反映させる為、黒を塗装。
続き自衛隊機のキャノピー枠の赤茶色を塗装。

{32604A37-62A9-42FC-B302-75F6FC8B1B3B}
赤茶色を残す部分に0.4mmのマスキングテープを張り付けます。
(こ、細かい…滝汗)

{43DFD6A7-104A-45C2-86E1-F9178D5CDDFF}
機体表面を均し、塗装の食い付きを良くするためにサーフェイサーをエアブラシを使い全体に吹き付けます。

{12BC4F37-A1A9-4127-9CD0-4DFD2DD624B0}
次に、自衛隊機の下地塗装「308番」グレーを吹き付け。
色褪せを表現するため、所々白を混ぜ、調子を変えてニコニコ

{2E39A693-F6D8-4FD5-825A-F89EB6176FA3}
自衛隊機は「制空迷彩」。
塗装図を拡大コピーしてスケールを合わせ、濃いグレー以外を隠す型紙を切り抜きます。

{7500F0DF-81C7-4E53-89D8-7D5B3D8BDAE6}
切り抜いた型紙(マスキング紙)を機体に張り付けます。
両面テープをこよって、やや浮かし気味に貼ると自然な境界が再現できますニコニコ
(指にテープがいっぱいついてアタクシ「できるかな」のノッポさん状態爆笑)←アンタは古いっ!

{24408E97-2BA8-4404-9D17-7A8044017961}
割り箸の取っ手を取り付けました。
やっふぃ〜っ!順調順調口笛

{AC98A519-C5DB-44E1-9211-ED3CA3558FBD}
さぁ、庭の一角。いつもどおり塗装しようと忙しく準備していたところ…

「ガッシャ〜ん!!?

な、なんと庭で子供が遊んでいたボールがストライクイーグルに直撃びっくり(バウンド爆弾かグラサン)
垂直尾翼が取れて、パーツが折れ曲がってしまったではないかガーン 

えーんえーん

「バッカも〜んムカムカハッ何回も気をつけてって言ったのに!チュー

普段はクドい小言は言わないおとうさん。
しかし、この時ばかりは爆発雷(波平に変身ムキー)

「ただのプラモデルだけど、一生懸命やってきたのだよ。誰にでも大事なものがあるよね。おとうさんにとっては大切なものなんだよプンプン…」

子供も素直に反省した様子ショボーン

オッケーよおねがい
すぐに気分を変えて予備パーツでリカバリー。
ホッニコニコ

{B05B698B-0476-4711-B1C0-2006E068701F}
さて、一時間くらいで垂直尾翼を補修。
気を取り直し塗装再開ウインク

ストライクイーグルは「305」番グレー。
自衛隊機は「307」番グレーを吹き付け塗装。
今回も白を混色し、パネルラインを意識して調子を変えて塗装。

特にストライクイーグルは暗い単色なので、単調にならないようにウインク
(今回から「ダブルアクションエアブラシ」を実戦投入しましたラブラブシングルに比べ使い勝手がすんげぇ良くなりました照れ爆笑)

{8CBFE710-AE7E-46B6-9105-9870C9D693D3}
自衛隊機の型紙を剥がすと、綺麗な迷彩が現れましたラブ

{653F4E73-CDAB-4542-B5D0-31606C4BF9D0}
次に、機体表面に「クリアーがけ」を行います。
塗装の保護と段差の解消。後のデカールの「シルバリング」を少なくする効果も。

{369EADB3-898F-4790-AC59-EE540D684F8F}
そして機体後部の「金属塗装」に入ります。
塗装部分以外をマスキング。
シルバーの発色を良くするため、下地の黒を塗装。

{12F6CA30-51AF-470C-8714-7F52F1B724CA}
金属部分は表現が難しいです。
資料写真が少なく、表現方法は作例によってまちまち。
光の加減で色調が様々に変化するので、センスが問われます。

でも端正なF-15イーグルの少ないメカニックな見せ場。ラブ
「スーパーファインシルバー」にスモークや黒を混色してパーツ毎に微妙に色合いを変えて塗装。ニコニコ

{284DCDD9-07DC-433C-9C06-309F53F08138}
エンジンノズルは「スーパーアイアン」に黒などを混色して黒鉄色に塗装。
基部は色調を変えてクリアーイエローやオレンジを混色塗装。

ふぃ〜っ照れ
なんとか基本塗料が終了。

金属塗装では奮発して高価な塗料を使ってみましたウインク
何だかホンモノの金属みたいで眩しいぜよ〜ラブ

今回もトラブルがありましたが、なんとか回復。今後もまだまだ続きます。
どうか暖かく見守ってくださいなおねがい

ではまた、バイナラバイバイ