Beat-H ~think aloud~

主にセレッソ大阪のことを。まれに個人的なことを。


テーマ:

3.
 
入場前は「勝ってほしいですね」「勝ちましょう」って希望的言葉を発していたものの、自分を含め皆が選手入場からキックオフされるまでには「勝つ」「絶対に勝つ」と断定的な言葉に変わっていった。
 
そしてフロンターレボールでキックオフ。
 
一発勝負なので入りは慎重に・・・と思った矢先、丸がスローインで投げ入れたボールを曜一朗が頭で後ろにそらすとボールは相手DFエドゥアルドがまさかの空振り、ボールはそのまま健勇の足元へ・・・
 
そのままターンした健勇はGKと一対一、冷静に決めセレッソが開始早々貴重な先制点を奪うことができた。
 
最初は何が起きたかわからなかった。丸がスローインして・・・曜一朗が触って・・・あれ?・・・一対一・・・決まった!!!!!

立ちあがり、叫び、思い出したように歓喜の輪を写した後、隣に座る皇帝さんに「やったぁー!」って抱き着くと、「まだまだ、始まったばかりですよ!」と冷静な皇帝さん。
 
周りのセレサポの方ともハイタッチ。一気に知り合いのように打ち解け、合間合間で話せるようになった方もいた。
 
曜一朗に話しかける健勇。去年から急成長を遂げ、今やだれもが認める桜のエースになったと思う。2015年に一度フロンターレに移籍したが、それ以前は未完の大器と言われ自分は期待していたがなかなかサクラサクまではいかず周囲からはあきらめてる人の声も聞いたことも多々あった。

しかし最近の健勇は以前とは違い、試合中には曜一朗をもけん引しそうな気持ちを見せてくれ頼もしさを感じる。
 
2010年にレンタルでセレッソに在籍した家長・・・その存在感たるや・・・この日もかなり効いてたように感じセレッソのキーマン、キヨを封じ込もうと右サイド(セレッソでいう左サイド)で存在感を見せつけていた。

 
ルヴァンの準決勝までは2ndGKのタンタンが堅守を見せつけていたがこの日はジンヒョン。

ジンヒョンは絶対的だが、個人的にはタンタンも大好きな選手なのでタンタンのここまでの頑張りを無駄にしないように頑張ってほしいと思っていたし、ジンヒョンはよくやってくれた。
 
今季ヨニッチの加入は大きすぎる。ヨニッチのおかげでヤマシの負担がかなり軽減されたし、木本がCB適性をつかむための経験値を積めたと思う。木本は本来ボランチで守備より展開力が売りの選手で現在ボランチには蛍、ソウザというボール奪取能力にたけた2枚看板が絶対的であり、CBで展開力のある選手というのはJリーグでは貴重であり、木本が今後CBの経験を積んでくれれば攻撃へ転ずる時の展開力にかなり重要なプレーヤーになると思う。
 
後半は曜一朗からのキックオフで始まった。


 
一点ビハインドのフロンターレはより一層攻撃のプレッシャーをかけていき、セレッソは防戦一方に見えた・・・しかし、フロンターレの選手交代が次々とはずれ、失点するにおいはなくなっていく気がした。
 
これはフロンターレの鬼木監督が決して悪いわけでなく、膠着もしくはビハインドの状況でどうやって現状を打破するか、振り子を揺り動かすかの問題でフロンターレとしてはどうにか好転してくれればという交代策が結果セレッソに味方したと思っている。
 
ボール保持率は一方的にフロンターレ・・・耐え忍ぶセレッソ・・・時折カウンターを見せるが、徐々にフロンターレの選手交代が裏目に出てる感じがしていけるんやないかとおもってた84分ついに曜一朗が交代・・・ 
 
後日、曜一朗のインタビュー記事を読んだとき、「ああ、曜一朗・・・君も立派なシャケマニアやで・・・」と思った。

録画を見直した時、選手交代の曜一朗の襟元にはシャケちゃんのユニを確かに来ていた・・・ 
 
今季、特にルヴァンカップにおいては木本はトータルでMVPの活躍。

この日も動けなくなるまで奮闘した。
 
アディショナルタイムは4分。

フロンターレには短く、セレッソには長い時間・・・
 
フロンターレはらしくないパワープレーに入ったように見え、セレッソは楽になったように思えた・・・
 
蛍が時間帯を理解してキープに入る。

 
時間も差し迫り、フロンターレが一層前掛かりになったところでとどめの一撃。
 
キヨから、水沼・・・水沼に寄せたDFをあざ笑うかのようにフリーになったソウザへ・・・

ソウザが冷静に相手GKをかわしてゴール。これで試合は決まった・・・。

選手、スタッフ総出でソウザに手荒い祝福。セレッソサポーターの歓喜の声、絶叫・・・埼玉スタジアムがセレッソサポの圧力鍋になったのは2013年の最終節以来か・・・今日はその数倍沸きたっている。
 
待ちに待ったタイトルまであと少し・・・
 
足をつっていた丸と田中裕介が交代。丸もよく走っていたし頑張っていた。


西村主審の笛が鳴り、タイムアップ!
スタジアムにいたセレサポはもちろんのこと、スタジアムにこれずにTVで固唾をのんで見守っていたサポーターもいたことだろう・・・

優勝だ・・・キヨのガッツポーズ!!喜びが腹の底から湧き上がってきたと思われピッチに崩れる瞬間の健勇。
 
セレッソを応援していた皆に今日の日は心に刻まれる一日となったであろう。
 
4.
 
一年前の今日セレサポの誰がこんな日を想像できただろう・・・

昨年の11月3日はフクダ電子アリーナでのジェフユナイテッド千葉VSセレッソ大阪。なにもできずに3-0の完敗。この日の敗戦でJ1に自動昇格が手中からこぼれ落ちた日。

久しぶりのシャケちゃんスタメンも何もできずに残念な思いをしてスタジアムを後にした記憶が蘇る・・・そこから昇格プレーオフ勝利(優勝?)、J1開幕、リーグ戦一時は首位を走るも失速、そしてこの日の初タイトル。今までJ1、J2を短期間で行ったり来たりする「ジェットコースタークラブ」と揶揄されたけど、今もなかなかのジェットコースターなのには変わりない気がした。

 
ベンチから出てきた曜一朗と抱き合う健勇。

健勇が抱き着きながら何かをずっと耳元で話しているのに曜一朗は何度もうなずいていたのだが何を話していたのだろう・・・

 
ベンチからベンチ外の選手、スタッフがピッチに姿を現した。
 
自分はシャケちゃんを探した・・・いた!と思ってカメラを向けたら丸だった。(ネタではなく素です)

次にキヨシを視認・・・「ちがう、ちがう、そうじゃ、そうじゃなぁい・・・」と頭の中で巡りながらようやく見つけた。感動からかこの時、自分のシャケセンサーはかなり精度を欠いていたらしい・・・
 
「(屮゚Д゚)屮シャケエエエェェェ!!!!! シャケちゃ~ん!!!!!」
 
聞こえないのはわかってる・・・おめでとう?試合に出れない悔しさもあるだろうし違うような・・・自分の感情の高ぶりをあらわすには「(屮゚Д゚)屮シャケエエエェェェ!!!!!」が一番なのかもしれない。
 
皆が「けんゆ~♪」「よういちろう~♪」「ほたる~♪」「ソウザ~♪」各々好きな選手、活躍した選手の名前を呼ぶ中、自分は何度も「シャケちゃ~ん!」って叫んでた。
 
シャケちゃんを見つけた。

誰かを見つけたのかメインスタンドを見ている。
 
モリシも発見。

一時期痩せたと思ったが気のせいだったか、この日はなかなかの丸さを帯びていた。
 
自分のいた座席のワンブロック隣に去年までセレッソに在籍した横浜FCの北野選手がいた。「北野さーん!」って声をかけると自分がシャッターを切るまでこちらを見てくれた。

ポジティブシンキングの塊の北野選手は去年チームが苦しい時期に団結力を高めるために一役買い選手はもちろんサポーターからも絶大なる信頼があり、この日も表彰前にピッチの選手が北野選手を見つけると皆で手を振っている光景を目にし、今でも北野選手は選手たちの中で良き兄貴分として存在しているのだと思った。
 
シャケちゃんに?・・・カップを渡され表彰台に立つ曜一朗が誰かを指さすしぐさを見せていた。

そして毎年他クラブがカップを掲げるところをTVで見ていて羨ましさを覚えていたのだが、ようやく目の前で実現されることに。

 

 
ピッチの外からシャケちゃんが感慨深そうに見ている。

 
今の気持ちを聞かれ健勇が「サイコー!」と叫ぶ。

 
皆がピッチに背を向け表彰台の選手たちを見ている間、自分はピッチのシャケちゃんを見ていた。

シャケちゃんの横には康太、関口の姿も・・・
 
気持ち悪いと思われるだろうが、シャケちゃんの表情で泣きはしなかったが涙腺が緩んだ・・・

自分は2009年から乾見たさにスタジアムに通い始めた。当時は香川真司、乾貴士の2シャドーがJ2を席巻し、すごく面白い攻撃サッカーを見せてくれたのだがその乾のいる右サイドの後ろ、右サイドバックが気になって仕方がない・・・当時シャケちゃんをよく知らずに守備は全くだが攻撃の起点としてはかなり面白いと感じたのがキッカケで、元々あまのじゃく体質の自分はメインストリームである真司、乾よりシャケちゃんを主体に見るようになった。
 
決定的にシャケちゃんにハマったのは2010年11月28日、平塚球技場で行われた湘南ベルマーレ戦。当時まだ観客も少なくその日は8775人。メインスタンドの端に座っていたのだが、シャケちゃんが右サイドを駆け上がってきてバックパスを出した瞬間に「シャケちゃん、勝負!勝負!!」と大声で叫んだ。その後シャケちゃんがどんどん仕掛けるようになり「この人、こんな一観客の声も聞いてくれている」と思ったのがキッカケでどんどんのめり込んでいった。

酷いピンボケ写真だが、左からシャケちゃん、アドリアーノ、アマラウ、マルチネス・・・懐かしすぎる。
 
セレッソを象徴する選手、ミスターセレッソといえば一昔前はモリシ。今チームを引っ張っているのは曜一朗なのかもしれない・・・異論はあると思うが自分の中ではシャケちゃんが2代目ミスターセレッソなのだ。

 
ピッチにおりてきてあらためて記念撮影でカップを掲げる曜一朗。

 
ベンチ外の選手も呼ばれて記念撮影。もちろん最初にシャケちゃん。

シャケちゃん大好きの曜一朗のいたずら発動。カップ掲げようとするシャケちゃんにカップを握って上げさせない・・・曜一朗のシャケちゃん大好きが垣間見えた。
 
あらためて前に出てカップを掲げるシャケちゃん。

去年の昇格プレーオフでシャケちゃんがシャーレを掲げるシーン。
 
去年の昇格プレーオフ同様、「オ~、オイ!」のタイミングでカップを掲げるのだが、「オイ!」を言わずにシャケちゃん1人で掲げさせるシーンを再現しようと試みるもキヨはおらんかったからもちろんだが、ソウザ、リカあたりはすっかり忘れてたみたいで悔しそうな曜一朗。
 
次に最年長のモニさん。

この人もセレッソには欠かせない精神的支柱の一人だと思う。
 
リカとソウザ。

ソウザは言わずもかなだが、リカはリーグ戦ではなかなか出番がないがルヴァンカップでは大活躍。この日は出番がなかったが、カップ戦の活躍は誰もが認めるところだろう。
 
康太と大地。

シャケちゃんに次ぐ古参の康太。最近はケガでなかなか出番がなかったが、ルヴァンカップではそこそこ出場していて、シャケちゃん同様まだまだ頑張ってほしい選手だ。大地はルヴァンカップでゲームキャプテンを務めることも多く、蛍、ソウザにはまだ及ばないかもしれないが、最近かなり良くなってきた気がして近いうちに二人を脅かす存在になると思っている。
 
そして、モリシとユンさん。

ユンさんは今まで個はスゴイがチームとしてまとまりに欠けると言われていたセレッソを戦える集団にしてくれた功績は大きい。モリシは・・・自分も人のことは言えないので何度も言わないことにする。
 
モリシの胴上げ。

重いと言われ2回で落とされたらしい。
 
ユンさんの胴上げ。

今季リーグ戦は3位、そして天皇杯優勝を目指してもらいたいし、来季もこそはリーグ戦でタイトルを獲れるようにさらにチームをレベルアップさせてほしい。
 
泣くのかなと思ったが涙は出なかった。うれし涙ってなかなか出ないものだ・・・ただ嬉しい感情は湧きあがってきて、酒本会のメンツとハグしまくった・・・女性は怒られるとこまるので握手で済ませた。

 
シゲさんの顔が効く西川口のお店で祝勝会。

焼き鳥屋さんなのに無理行ってサーモン盛をお願いしておいた。皆が笑顔で包まれた宴は4時間半も続いたができれば朝まで続けたいくらい楽しかった。
 
 
セレッソ大阪にかかわるすべての人に。

ありがとう、そしておめでとう!
 
 
 
・・・小説風に綴ってみましたが語彙力のなさにやっぱり文章をつらつらと書くのは無理やなと思いましたゲロー
 
「ひではちの鼓動=BEAT‐H」で始めたブログ・・・じつは2000年ごろからHPをはじめ、簡単にできるからってブログに移行して10年ほど・・・アメブロに移行したのが2011年11月やからちょうど丸6年。
 
人生の半分以上を関東で暮らすことになり、セレッソ大阪にシャケちゃんにハマって話せる仲間が欲しいと始めたこのブログ。今ではノリで始めた酒本会が大きくなり、観戦に行くたびに楽しい思いをさせてもらってます。負けて悔しい日もまたみんなで集まって楽しもう!って特に去年のサッカーはスタジアムに足を運ぶのが辛いくらいでしたが皆に会えるのが楽しくてスタジアムに通ってた時がありましたえーん
 
今ではチームもよくなり、より一層観戦が楽めてます。自分がシャケちゃん好きで始めた酒本会・・・「シャケちゃんが一番好きって訳やないですが、シャケちゃんも好きなんで入ってもいいですか?」って言われ、シャケちゃんのようにセレッソ一筋で熱く、ゆる~く応援しようってのがコンセプトなんで構いませんよ。と始めたのがキッカケで今では酒本会限らず多くの方と仲良くさせていただいて大変ありがたく思っています土下座
 
酒本会と名乗っているからにはシャケちゃんはもちろんクラブや選手、サポーター方々の迷惑にならんよう心がけるのはもちろんですが、他は拘束力のないゆる~い集まりも楽しいですよ。スタジアムに足を運びませんか?というのが自分の考えで、負けたからもう行きたくないって思っても一緒に観た人、お話しした人オモロかったなぁって思ってもらってまたスタジアムに足を運ぶきっかけの一助になればと思ってますグッ
 
もともとマメな人間やないんで、一つのことに熱中すると他のことを疎かにしてしまうんでとりあえずこれを最後にブログは閉鎖します。今年いっぱいくらいは放置してるかもしれませんが・・・滝汗
 
スタジアムに足を運んでもらってセレッソ大阪をひいてはJリーグを盛り上げる一助になればと思っています。来年から(?)新しい試みをしてみようと思っています。Twitterは継続していますのでまた決まり次第ご連絡いたします。つたないブログでしたがご覧いただきました皆様本当にありがとうございます。これからもアホなオッサンですがよろしくお願いします。
 
ひではち

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ひではちさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。