今日みたいな天気の日、予報を聞いただけでラウンドに出かけずにいらりょうかでしょ。金曜の帰宅は、いつもよりちょっとだけ早めながら、就寝時に時計を見たら、4時間程度しか眠れない。まぁ、とりあえず目覚ましかけて、って感じでしたが、遊びだと、しっかり目が覚めるもんです。
いいもの残してくれました!-Hagen 67 round
今日のモデルは、ウォルターヘーゲンの、ヘイグウルトラ67年モデルです。いろいろと考えながらも、71年リバイバルの変な印象以来、ヘーゲンモデルを持ち出す機会を失っていました。ヘーゲンモデルのどれかにしてって事は、すぐに決まったんですが、どれにしよ。

リバイバルはちょっと置いといて、59年もいいし、54年はグリップにオイル刷り込む時間がないかな。70年と、74年はまだ2Iの捜索中なんで、自身にとっては歯抜け状態。するてぇと、61年オリジナルと、67年、77年ってことになるんですネェ。61年もグリップオイル、ちょっとだけ刷り込みたかったんですが、これも時間がなく。77年は、今年に入って一度連れ出しています。てぇことで、屁理屈の結果、67年を持ち出したわけです。
いいもの残してくれました!-Hagen 67 round
このモデルのキャラクターは、ボールが上がりやすい、カジュアルなモデル。ちょっと打感が鈍い様な気がするけど、細いグリップでしなりを感じられるシャフト。ボールが上がっても、距離は番手なりに出るって感じかな。

まぁ、帰ってきてから書いているんで、この印象は今日のラウンドそのままなんですけど、ホントに良くボールが上がりました。中には上がりすぎて、距離が足りないのもありましたが、木の下から低いボールを打ち出そうとした時、普通なら絶対に当たらない高さの枝に、何度も当ててしまいます。右足の前においてもですよ。絶対にフォローを取らないようにしても、ぐんぐん球が上がります。いくつかのショットは、すんげぇ気持ちのいい球も弾いてくれて、この上がりすぎる傾向をしっかりと把握すれば、やっぱり楽しい一日でした。
いいもの残してくれました!-Hagen 67 round
でも、このセット、2IからPWなんすけど、SWは、71年リバイバルのものを持ち出しました。こないだも学習したとおり、そのセットモノを使うと、ロフトはともかく、ソールの設計意図が、セットによって、みんな違うんですね。で、モダンなモデルの印象そのままにつかえるかなと思いまして。ま、これもその通りでした。

あえて言うとPWのロフトが、かなり上を向いているので、9Iをアプローチにも使ってみました。でも、8Iから上は、普通のモデルと同じ距離の印象なんですけどね。かなり、ではありませんが、なかなか上手くいきましたよ。こんな背景なんですネェ、昔の皆さんが9Iをアプローチに多用していたのは。
いいもの残してくれました!-Hagen 67 round
最近は、近くの学校の時報チャイムの鳥の声ばかり聞いていましたが、今日は雉がギャーギャー、きつつきがコッコッコッ、ウグイスがホォホケキョ、ツバメも飛び回って、ズオウとかいう花も満開。いやぁ、満喫しました。春と晩春と初夏、全部堪能しましたよ。もちろん半そででね。ティーショットを曲げて走っていましたから。

そう言えば、マスターズも始まっていますね。話は変わりますが、今日は結構若い方もたくさんおられました。遠くから見て、すぐわかるんですよ。今時の機能性何とかって言うシャツ、パンツ,ベスト、もろもろ雑誌や新聞チラシで見かけるとおりの格好。それに工場長のお帽子なら、間違いなくお若い皆さん。
いいもの残してくれました!-Hagen 67 round
ロートル族は昔のままのポロシャツに普通のベストとか、パンツはコットンかな。さすがに革靴スタイルのスパイクはいませんでしたが、ロートルは機能性何とかには手を出していない様子。

かくいう自身も、コットンパンツに、ブランドじゃない普通のポロシャツ。サンプルでもらったジップトレーナーでしたから、ロートル組みです。

でもねぇ、お風呂の脱衣所で見ていたら、ロートル組みはアンダーウェアーに機能性モノを着ていたんですね。体にぴったりとした、今日は寒くもないのに、そんなの着込んで、なんて見ていたら、脱ぐのが大変そう。頭が抜けなくてふらふらしている方がたくさんいましたよ。引っ張ってあげようかと思っちゃいました。
いいもの残してくれました!-Hagen 67 round
そう言えば、ホームコースでは機能性アンダーウェアーが、外から見えてしまうのは遠慮してくれって掲示がありましたね。それはあくまで下着であって、見せるものではないと。時代の流れですから、徐々に変わっていくのでしょうが、シャツ出しとか、短パン、相変わらず禁止だもんな。

このコースでは、いろいろと教わりましたよ、タオルは首からかけるなとか、ティーグラウンドは真っ直ぐ降りない、使った後のバンカーレーキの置き場所とか、隣のコースへ打ち込んだ時の挨拶は、声とともに脱帽せよとか。細かいこともたくさんアルのですが、今はそういうことを若手に教える人はいなくなりましたネェ。
いいもの残してくれました!-Hagen 67 round
話が変わってしまいましたが、お天気がいいだけで、一日がこんなに楽しいもんなんデス。

67年のキャラクターも、今日の調子で完全に把握…、したかな。アイアンモデルの球が上がりすぎてプロが使わない、というのも分かったような気になってしまいました。

さァ、次のラウンドはどのモデルでいくかなぁ。

明日も休み、ノビノビしてまぁす。マスターズ、見るかぁ。

いかん、流石の4時間睡眠では、眠い!