昨夜は様々な事情でなかなか眠れず。

そんな時に点けたラジオから流れる

グレングールドの

トルコ行進曲に聞き耳立てちゃって

頭が冴えてしまい、

寝た時間が明け方で

寝坊。仕事には間に合いましたが。

 

今日は大丈夫ですが

明日は大丈夫か?

 

さて本題。

 

会津若松は町をあげてアート展をやっております。

昨日ちらっと寄ったのはこちらの

井上一夫商店。

 

急な階段の上に展示スペースがあります。

 

 

今回もちょいと面白いものが展示されていました。

 




うっかり2回の風穴のところに足を入れてしまいそうになり

一瞬焦りまくりましたが

セーフ。

 


蔵は気を付けないと。

梯子のような階段の蔵。

 

その後、お茶を!と声をかけられ

いただきました。

骨董の器に美味しいお茶。

 


そして気になった窓のお話。

この窓は「結霜窓」といい、貴重なもの、と。

 


母屋蔵にもあったような?

(今確認したら、同じ!あった!!!)




これがなんとなく

アールデコっぽくきれいであります。

 

お宅がとにかくすっきりしていて

憧れちゃう!

 


これが出来そうで出来ない・・・・。

 

 

肝心な骨董は気になるものがありました。

が、さて、どうしましょう!

 

売れちゃいそう!

(欲しいものは皆が欲しいんじゃないか?と思っちゃう)

 

使わないかもしれないけれど

見ていたいもの。

物を減らしてから買おうか?

気になる・・・・・・・。

あんなもの初めて見た!

 

脳裏に焼き付いておりますが

実用性があるか?


雅に生活しているわけではないけど

憧れるものを色々見せていただきました。


アートのみならず

色々勉強になりました。