あのファッションイラストの天才長沢節氏が

この会津若松に生まれ育っていたと知ったときは

正直、衝撃でした。

 

 

私が若かりし頃、

有名なファッション界のイラストレーターで

セツ・モード学園はやはりファッション界ではかなり有名。

 

独身時代に読んだan・an

ドキドキワクワクして読んだものでした。

今より時代的に先端を行っているとんがったイメージ。

そんなan・anにもイラストがあったような・・・・。

 

その長沢節がこの会津若松に、ってくどい!

 

彼のイラストを見たくて

喜多方美術館に行きました。

 

 

 

 

そこで自画像も含め見てきましたが

断然今回の展示の方が面白いです。

だってだって

生家でイラストが見られるのですもの♪

 

 

 

 

こちらは節さんの妹さんの手作りシャンデリア!

ナイスアイデア!!!

 

 

「落ち着いたら寝にいらしてください!」

なんて言われて半分本気にしたりして(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この潔い生け方は今住んでいらっしゃる

甥の奥様の作品。

 

 

 

お洒落な生家でして、納屋を改装した、とのことですが

素敵なお部屋。

 

それならうちの向かいの蔵の納屋みたいなのを改装できるかも?

など発想を飛ばす。

 

横道にそれましたが、

生家にいらっしゃった3人の方の説明をそれぞれに受け

立体的に長沢節をイメージできるようになりました。

 

鉛筆と水彩画のイラストを

わずか5分以内で描けるという。

無駄な線がないイラスト。

誰にもまねできないイラスト。

 

甥にあたる方が今そちらには住んでおり

奥様が広い敷地の庭を案内してくださいました。

素敵なご夫婦でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰り際、節さんの甥にあたる方の奥様に挨拶をすると

お庭を案内されかわいいとうがらしと

いちじくをいただきました。

西洋いちじくなので大きいとのこと。

甘くない、なんておっしゃっておりましたが、

甘~~~い♪

 

私は昨日から

1日にいくつのいちじくを消費しているだろう?

 

 

話を戻します。
 
その展示期間は今日から6日。

後半は18日から20日のみの公開となります。

ご興味のある方はこの機会に是非!!!