戊辰150周年最後のイベント、

ということで

昨夜は「プラネタリウムコンサート」に行き口笛コンサートを堪能してきました。

 

 

 

口笛を吹くのは世界大会で2度優勝し

 大河「いだてん」でもテーマ曲で吹いている柴田晶子さん。

 

3オクターブの音がでるとありましたが

確かに素晴らしい高音で、

とてもなめらかな音色でした。

自由自在に(口笛だと)音が出せるらしいです・・・・・。

 

ステキ!

 

プラネタリウムコンサートというだけあり

会津の景色から始まって

星空を説明を聞きながら

オーロラ、また沢山の星座を見ました。

発見の多いコンサートでした。

BGMのオルゴール、また

キーボード演奏も画像に合っており

素晴らしく聴きごたえがありました。

 

個人的には、子供の頃よく弾いた有名な

中田喜直」の祖父が

会津藩の鉄砲頭だったと知り

なんだか嬉しいような誇らしいような

不思議な気持ちになりました。

あの有名な作曲家の中田喜直

会津とつながっていたんだ、

などなど・・・・・。

「小さい秋みつけた」など作曲した人。

穏やかな曲とともに

星座を見ながら平和を祈る、

という話でした。

 

8月は生々しい過去を思い浮かべる月でもありまた戦争を知らない私たちも

それを次世代に伝える義務は

あると思います。

 

様々な形で「平和」がいかに幸せなことか、を

訴えている方々を心から応援したいと思っております。