ジェネシスも出遅れ | Through Blood

Through Blood

一口馬主ブログ

10月24日(日)

阪神11R 菊花賞(G1) レッドジェネシス 13着

 

アルファヒディに次いでレッドジェネシスも出遅れ…。

3000mの長丁場のレースが一瞬で終わりました。

 

うちのみんな、まともにスタートできる馬はいないのか?

 

【レース後コメント】

友道調教師「すみませんでした。結果論から言うと目に見えない疲れがあったのかもしれません。ジョッキーが乗ってからテンションが上がり、馬場入りする時もうるさいところを見せていたのですが、気合いが乗ってのファイティングポーズではなくて、競馬に対してイライラしてしまっている感じに映りました。川田騎手も『返し馬でもゲート裏でも落ち着きがなかった。道中は折り合いがついて無駄な動きもしていないし、反応がいい馬ではないのでいつでも動けるように準備もしていたが、前にいた馬が動いた時に一緒に動けなかった。前回からの疲れが競馬場に来てから出てしまったのかもしれない。すみませんでした』と話していました。ゴールしたあとの様子を見てもしっかり走ってきた感じだったので、メンタル面、体力面の両方に疲労があったということでしょう。事前に感じ取れなかったことも申し訳なく思っています。この後についてはノーザンファームしがらきへ放牧に出してリフレッシュを図る予定です」

 

もう競馬や~めた!(嘘)

 

2021年競走成績 64戦11勝 11-11-4-5-8-25