初代八木橋を出荷

テーマ:

家畜商は言った。

「ダッシュ村、わかります?初代の八木橋はうちから行ったんですよ。」

マジか!!Σ(~∀~||;)

ダッシュ村の八木橋は、高崎出身とは知らなかった。

 

いつから家畜商をやっているのか聞いたら、おじいちゃんの代かららしい。なんで家畜商になったのかと聞いたら、「儲かるからですよ」って。当時、富岡のウサギ農家から、一頭1000円で仕入れたウサギを、軽トラにたんまり積んで東京に行くと、一頭5000円で売れたらしい。なので、おじいちゃんは札束をもって帰ってきたらしい。(≧∇≦)

なんか、やばい感じ~。(≧∇≦)

今は、仕入れ値も上がっているから、昔ほどはうまみがないという。そして、ウサギ農家は減ったが、長野だとまだかなりウサギ農家が残っているらしい。高齢化の波は来ているが。長野の人に聞いたが、「知らない」と言われて、蜂の子取りの話を教えてもらった・・・それも面白かった。

 

ちなみに、家畜商の資格というか開業は、今でも年に1回ぐらい講習があるらしい。3日間くらい講習を受けて修了証をもらい、2万円を供託すると、開業できるらしい。講習は、衛生法とか、栄養学とか、なんかそういうものらしい。私の知らない世界だ。

 

本当に、世の中、知らないことがいっぱいあるんだなあ~と思ったよ。また次に、彼に会えるのが楽しみ!豚

AD