研修コーディネーター日本酒の「それでは人は育たない!」

研修コーディネーター日本酒の「それでは人は育たない!」

人材育成に本気で取り組む男のブログ。
日本酒の話題もあり。
気ままに更新中。


テーマ:

研修コーディネーターの飯島です。

 

研修会社が様々な研修を企業や組織に提案していますが、

そのほとんどは効果がない、と私は思います。

 

その理由は様々ですが、研修会社の多くは「研修の販売会社」であり、

「人材育成の会社」ではないからです。

それは、カリキュラム見れば一目瞭然。

一般論ばかりで、中には「そんな内容でよくお金が取れるな」と思う

ひどいものもあります。

 

そんな提案をする研修会社も研修会社ですが、それを見ぬけない

人事担当者も人事担当者です。

 

役所関係なんて、内容よりも金額で選ぶこともあるので、さらにひどい。

これでは「住みよい街」「地域に根差したサービス」なんて、できません。

それなのに「自分たちはしっかり人材育成をしている」なんて言うもの

ですから、へそが茶を沸かしてしまい、暑い夏には大変です。

(今年はさらに大変でした)

 

民間企業はネームバリューで研修会社を選ぶ傾向にありますね。

そんなに有名企業に高いお金を払って、効果のない研修をしたいのですかね?

無駄な時間とお金をかけるなら、研修をしない方が良いですよ、と

アドバイスしたくなります。

 

つまり、研修会社も人事担当者も「研修の効果」という基準で研修会社や

研修内容を選んでいないケースが多いのが現状なのです。。

(もちろん、しっかりしている研修会社や人事担当者もいますので、

全てがそうであるわけではありません。が、少ないです!)

 

日本の人材育成のレベルはかなり低いです。

ある方が「室町時代レベル」と言っていましたが、その通りだと思います。

世界に通用する企業や人材を創出することは困難でしょう。

 

その要因は、人材育成の専門家が少ないこと。

そして、企業や組織が人材育成の重要性を軽んじていること。

などなど。

 

日本の人材育成の革命を、私は起こしたいと思います。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス