ゲーム、テレビが味方に!! | 「不登校・ひきこもり」と向きあった日々

「不登校・ひきこもり」と向きあった日々

私たちは不登校・ひきこもりを体験した子どもたちをもつ保護者の集まりです。
「先の見えない不安や苦しさ」「相談できない孤独」「わかってもらえない悲しさ」 このような中で自分と向きあってきた日々をつづります。


テーマ:

息子が不登校になって1年たった中学2年の時

カウンセリングを受けはじめ、

   毎日書いた9マスシート

     (6月3日のブログにも書いてあります) 


読み返してみました



始めて3か月ほどたったころ


  『ガンダムのDVDを見ながら微笑んでいたり

   声を出して笑っている息子の姿を見て

   幸せな感じがした

   途中でガンダムの説明や話もたくさんしてくれた』


と書いてありました



息子が不登校になって

学校にも行かないのにテレビやゲームばかり

そんな息子の姿は見たくもありませんでした

ゲームやテレビは私の敵でした


でも、シートに良いところを書かなくてはいけなくて

毎日良いところを探しているうちに


息子が笑っている姿が好き 

笑っている姿を見ていたい

           と思うようになりました

それがゲームでもテレビでも


そういう思いで息子を見るようになって

息子にも伝わったのでしょうか


ゲームやガンダムの話を

たくさんしてくれるようになってきました


そして、楽しそうに話すその姿がまたうれしくなり


いっぱい聴きたくなり


そうすると話してくれて


良い循環が!!



そこから始まり、少しずつゆっくりだけど

自分のこと、考えていること、学校のこと・・・

色々と話してくれるようになってきました


by つき☆うさぎ

 

共感していただけたら、ポチッとしてね。

      ↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村

ペタしてね 読者登録してね

美ハーモニー<不登校ひきこもりの保護者と共に歩む会>さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス