CEATEC JAPANN 2010で3D BDをたっぷり楽しもう! | ブルーレイディスクの小部屋
2010年10月06日 15時00分00秒

CEATEC JAPANN 2010で3D BDをたっぷり楽しもう!

テーマ:ブログ

国内最大の家電展示会「CEATEC JAPANN 2010 」が、千葉の幕張メッセで10月9日まで開催中です。


今回の見どころはなんといっても3Dテレビ&3D対応のBDレコーダーやプレーヤーでしょう。会場では各社のブースで最新の3D映像を体感できます。


担当は一足早く会場に行って、各社の3D映像をチェックしてきました。
駆け足ですが、見どころをフォトレビューでご紹介しましょう。


3D BD体験コーナー



まず足を運んでいただきたいのがBDやIPTVなど、様々な最新コンテンツを紹介する「コンテンツエクスペリエンスゾーン」です。このブースにはシアターがあり、話題の3D対応BDタイトルを試聴できます。


ちなみに取材日はあまり並ばずに入れたので、穴場でした。

ぜひ3D対応BDタイトルをコンテンツエクスペリエンスゾーンで楽しんでください。


ブルーレイディスクの小部屋

小さいブースなのでお見逃しなく!

ブルーレイディスクの小部屋

話題の3D対応BDソフトも展示中。

東芝

取材日に話題を集めていたのは東芝ブースに展示されているグラスレス3Dテレビです。

3Dは映画、テレビを問わず専用メガネをかけて試聴する方式が主流ですが、東芝は独自の技術によりメガネを使わなくても3D映像を楽しめる製品を発表しました。


その人気はすさまじく、実機を見るには1時間以上も待たなければなりません。
担当も並んで見ましたが、ほんとうにメガネ無しで3D映像が楽しめました。

ただ、メガネをかける方式と違い、画面より映像が飛び出る感じは少なく、むしろ奥行きの深さを感じました。


かなりの混雑が予想されますが、メガネ無しの3D映像はとても新鮮です。

ぜひ会場に早めに行って、チェックしてください。



ブルーレイディスクの小部屋

ソニー

リアルタイムで3D映像を撮影し、それをテレビに表示するというド派手な展示をしているのがソニーブースです。3D放送がどのようにして放送されるのか、その仕組みがわかってとても楽しいです。


ゲーム好きなら人気のドライビングゲーム「グランツーリスモ5」の3D版を試遊できます。

最新のCG技術を駆使したリアルな映像は、3Dでこそ、その真価を発揮します。担当はこのゲームが苦手なので、見物だけしてきましたが、立体感のある映像は、まさに本物!グランツーリスモ好きなら、並んでも体験してほしいですね!

ブルーレイディスクの小部屋

BRAVIAは壁のようだぁ(汗)

ブルーレイディスクの小部屋

まるで特撮番組の基地のような、制作ブース。

ブルーレイディスクの小部屋

会場で撮影した映像をリアルタイムで3Dにして展示。
ブルーレイディスクの小部屋

3D対応のグランツーリスモ5も試遊できる。

ブルーレイディスクの小部屋

大スクリーンで自分のドラテクを披露できる!
ブルーレイディスクの小部屋
3D対応のプロジェクターを発見!

パナソニック

行列を覚悟しないといけないのがパナソニックブースです。3D対応VIERAや3D撮影できるムービーに一眼カメラがズラリと揃っています。ブース内では3D撮影のデモが多く行なわれているので、興味のある方は要チェックです。

ブルーレイディスクの小部屋

大行列だったパナソニックブース
ブルーレイディスクの小部屋

3DVIERAがズラリとならぶ。


シャープ

AQUOSシリーズにも3D対応モデルが加わっています。3D仕様のBD再生に対応したBDレコーダーの充実ぶりには驚きました。

ブルーレイディスクの小部屋


ブルーレイディスクの小部屋

技術解説が充実。

ブルーレイディスクの小部屋

HDDとBDを内蔵するオールインワンAQUOS



三菱電機

三菱電機は3D対応のリアルシリーズの展示に力を入れています。3D対応のプロジェクターを使ったシアターは迫力があるので必見です。


ブルーレイディスクの小部屋
BD内蔵モデルが人気のリアルシリーズ


ブルーレイディスクの小部屋

プロジェクターによる3Dシアターもある



日立製作所
Woooシリーズが好調の日立製作所では、3D表示に対応したプロジェクターのデモンストレーションがオススメです。入れ替え制ではないので、空いているときなら、並ばずに3D映像を楽しめます。


ブルーレイディスクの小部屋

ブルーレイディスクの小部屋

気軽に立ち寄れるオープン展示の3Dコーナー


この冬テレビの買い替えを考えているなら、CEATEC JAPANN 2010に行くことをオススメします。会場ではテレビの最新技術やその仕組みが、わかりやすく解説されています。日ごろ接することができない、設計担当者に疑問を直接ぶつけることもできます。


そしてなにより、各社、最新の3Dテレビを見比べられるのは、とても参考になります。というのも、3D対応テレビの表示は、メーカーや製品ごとに違いがあります。映像が“ドーン”と飛び出す製品もあれば、とても自然に立体感を表現している製品もあります。会場では、3D対応の製品を見比べ、自分にあった1台を見つけてください。


入場無料の9日土曜日には、子供向けの電子工作教室なども行なわれます。
お子さんがいらっしゃる方はお見逃しなく!
詳細は
こちら


CDi


P.S 日付を修正しました 10/7 1:00

ABIと愉快な仲間達さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ