おしらせ

テーマ:
こんにちは爆笑

大変ご無沙汰しております。
色々考え投稿を控えておりました。


インスタには書きましたが、
私はビューティークリニックザギンザを5月29日をもって退職させて頂く事になりました。

何もない美しい箱からスタッフ達が見事に作り上げてくれたクリニックで、
モニターさんもいないので私の顔ばかりインスタに出して笑
それでもこれまで培ってきた技術と吉田理事長からご指導頂いたスレッドを駆使して
皆さまに満足頂けるように頑張って参りました。

最近ではブログやインスタを見て下さった患者さまにお会いできることも増え、とてもありがたく思っております。


今後も同じ様に働いて参りますが、このブログはビューティークリニックザギンザの院長として作ったものですので、これで更新はやめようと思っています。

もしかして、またインスタだけでは枠が足りずに、ブログを書くこともあるかもしれませんが…


今まで読んで下さった皆様、ありがとうございました。
ちなみに本当に結婚もしませんし開業もしません笑い泣き無念!


アラブの石油王に見初められて〜みたいな話だったら大々的に書きたいのですがチュー
大人しく都内でウロウロしております。

これからもインスタは継続して参りますので、よろしかったらご覧下さい。


ありがとうございました。

柳下 悠

こんにちは爆  笑
さて前回とっても長々と書いたブログですが、太字だけでも読んでもらえたでしょうか?
むしろ太字だけでいいです。
 
で、ですね。
じゃあコラーゲンペプチド飲む?どうする?ってなると思いますが・・・
 
そもそも論としてコラーゲンペプチドが本当に人の肌でコラーゲン合成の刺激になるかは不明。
コラーゲンペプチドってどの形なら吸収率がいいかはわかっていなさそう。
オリゴペプチドまでは分解されるのがわかっているけれど、
じゃあなぜゼラチンじゃだめなの?
胃腸で分解されるのに・・・?
疑問がおおい
 
しかし、別にコラーゲンを食べて悪いことはなさそう。効果はわからないけれど。
しかし、もっともっと大事なのは、そもそも、
蛋白質を必要な量摂取することが大事
だと考えます。
 
 
日本の成人女性は推定平均必要量が40g、
推奨量が50g
 
 
しっかり摂取できていますか?
体の蛋白質は肌のコラーゲンだけではないので、体を維持するために必要なタンパク量が取れていないと、コラーゲンとか言っている場合じゃないです。
 
なので、ここを最低限摂取してからのコラーゲンだと思ってくださいね!!!
 
 
 
さて、ここからはおまけ。
 
 

 

こちらの写真はあのころころで有名なリ◯ァが出してるコラーゲンドリンク。

480ml中160000mgのコラーゲン→160gが入っているもよう。

そして1日15ml飲むのが目安だそう。

1日1杯:15ml中のコラーゲンは160g×15ml÷480ml=5g

 

さほど多くないね

 

 

 

ちなみに卵1こ61g(可食部52g)として、蛋白質量は6.4g

(コラーゲンペプチドではないですよ、たんぱく質としては)

 

 

 

 

さっきのドリンクの成分表

 

 

 

栄養成分

またもや一回分15mlに換算してみます。小数点第2位以下四捨五入

たんぱく質:5.5g、ビタミンC:125.0㎎、コラーゲンペプチド5000㎎

蛋白質グラム表記でコラーゲンペプチドがミリグラム表記のところに、

工夫がみられますね口笛いやみ

 

 

つまりコラーゲンペプチドが5gでゼラチンが0.5g

ってことでしょうか?

 

ビタミンCは125mg ですが、例えば

シナール錠は200mgです。

いちごだとMサイズ5個が全重量が61gとして、ビタミンCは37.8mg

 

 

 

 

 

そして卵ちゃん

 

 

 

卵は都内だと10個で180円くらいから売ってますね。

30日分で540円

 

先ほどのドリンク7603円。

 

 

 

 

 

これは直近私が飲んでいる奴。糖質が低めです。味は普通

 

じゃあ例えばプロテインは?

 

 

 

 

 

 

 

 

これは1パック900gで30杯分ですね。1パック2980円

蛋白量は23g

 

 

コラーゲンをとりたい。きっとコラーゲンを作ってくれるはずだからそこにかけたい!!!という感情の話であれば

コラーゲンペプチドを取るのはいいと思います。

 

 

しかし元々の蛋白摂取量が少ないのであれば、

まずトータルの蛋白質の食べる量を増やしましょう

かつかつの蛋白摂取量でコラーゲンペプチド飲んだからって、

肌のコラーゲン作るのなんて最後ですよ。体の臓器としては・・・

肌がカサカサだってシワシワだって、人体が生きていくうえで

そこまで大きな問題ないわけですから。

筋力の低下や貧血などの方が体にとっては大問題。

 

1日50gです!!

まずは自分の食事を振り返ってみてくださいね!

 

 

みんな大好きコラーゲン①

テーマ:

こんにちは爆笑

 

 

インスタに書いてたら長文になったのでブログにします。

ほんとは昨日の朝すぐアップする予定だったんですが、調べるものが多くなりすぎて時間がかかりましたガーン

 

しんど

これ+あと2つは読んだ

 

 

 

今回はコラーゲンを内服する場合について。

 

 

 

美容業界にいると、だいたい何度かはコラーゲン飲むならどれがいいの?と聞かれる事があります。未だに。

 

 

コラーゲン飲んだからって、

それがそのまま肌のコラーゲンになる訳ではありません

レバ刺し食べて肝細胞ができるとは誰も思わないでしょうが…

 

 

とは言え、色々しらべると良いこともあったので、ガッカリしすぎず。

長くなりますがお付き合い下さい。

凄く長いです。

軽く知りたい人は大きい字と色のついたとこだけ読んだらいいです。

 

 

 

 

まず基本から。

 

コラーゲンは蛋白質の一種なのはご存知ですか?

蛋白質はアミノ酸が沢山繋がっているものです。

アミノ酸が2こ以上繋がると、ペプチドという名前になります。

アミノ酸が10こ分以下ならオリゴペプチド、

沢山繋がるとポリペプチド。

大体50こ以上繋がったら蛋白質

と、いいます。

 

今後出てくるコラーゲンペプチドという言葉は、コラーゲンを分解して作ったペプチドって意味です。

ちなみにゼラチンもコラーゲンからできているんですが、

 

 

 

コラーゲンがおばQ だとすると、ゼラチンは波平です。

 

 

 

 

これがコラーゲンなら

https://pbs.twimg.com/profile_images/821414005667295232/oWckIf5a_400x400.jpg

 

 

 

 

 

こちらはゼラチン

 http://animetribia.com/wp-content/uploads/2017/08/IMG_4788.jpg

伝わった?

 

 

 

 

 

私達が蛋白質を飲んだり食べたりすると、胃液、膵液、腸液などによりアミノ酸やオリゴペプチドにまで分解されます。

 

 

以前はアミノ酸の大きさでしか吸収されないと言われていましたが、オリゴペプチドのおおきさでも吸収されるとわかってきました。

 

 

 

 

 

みんな付いてきてますか!?ざっくり読んでください!

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてアミノ酸やオリゴペプチドは小腸で吸収されて血液中にいき、全身に運ばれたり肝臓に行ったりします。

 

一般には

皮膚などに到達したアミノ酸やオリゴペプチドはビタミンなどの栄養素を運ぶ役割を担っているようです。

 

肝臓に入ったアミノ酸やオリゴペプチドはそこで新たに蛋白質に合成されます

 

 

 

 

なので、コラーゲンを食べたら新しい蛋白質の原料にはなるけど、コラーゲンになるとは言ってないよ!!

 

ってのが我々医療者の認識だと思います。

 

 

 

 

 

ただ、私が読んだ論文では

 

コラーゲン特有のアミノ酸であるHYPの量をはかったら、ゼラチンを食べても増えなかったのに、コラーゲンペプチド食べさせたら増えたよ(ラットにね)

 

コラーゲンペプチドを摂取すると、コラーゲンを作る線維芽細胞を刺激してコラーゲンの合成を促進するよ(口からでなく、胃管からね)

 

コラーゲン合成促進作用を知るために、、コラーゲンペプチドとカゼインペプチド、大豆ペプチド、乳タンパクをそれぞれ食べさせて前後のHYPの量をはかったら、コラーゲンペプチドが一番多く増えていたよ(ラットにね)

 

 

④魚の鱗からとったコラーゲンペプチドを1日5g以上4週間飲んでもらったら30代以上の女性のメ目元の皮膚の水分量が増えたよ

 

 

 

 

ていう感じでした。ただこの辺の論文多くは同じ方が書いておりまして・・・

参考文献が自分の論文か~っていう。有名企業の方だし・・・

他に積極的に研究している人がいないという事もあるとおもうんですけど。

 

 

ラットもね。哺乳類ならみんな一緒な訳ではないですからね〜。

ただそんな可能性あるよね。ていう夢は出てきました。

 

 

ですから、ここまでの私の結論は
 
 
コラーゲンを食べたからと言ってそのままコラーゲンになるわけではない
 
ただ、コラーゲンペプチドを食べることで、コラーゲンを作る刺激になる可能性がある
 
となりました。