ミュージシャン十人十色SEASONS3~ベーシスト編 | BigBoss仙台店のブログ
2018年10月07日

ミュージシャン十人十色SEASONS3~ベーシスト編

テーマ:ブログ

インフルエンザが前倒しで流行中

温度変化が激しいですので体調管理には気をつけたいですね。

 仕事柄多くのミュージシャンにお会いしてきましたが

色々な事に対するこだわり方が十人十色で目から鱗状態でした。

SEASONS3では5人のベーシストを紹介していきます。

M氏  かれこれ15年のお付き合いになりますが、入り時間の1時間前には

     メンバーの誰よりも早く到着していました。

     音楽業界の大原則としては 時間厳守というのがありますが

     M氏は どんなにお付き合い等で午前様になって 一睡もしていなくても 

     1時間前入りのスタイルは 崩れることはありませんでした。

     本番では 一睡もしていなかったとしても  一切手を抜く事はありませんでした。

     長く活躍する方に共通しているのは  自己マネージメントが優れています。

     

 

K氏  ベース一本で世界中を飛び回っていますが、いつもK氏は一人でやってきますが、

    ベース&機材は一人で運びます。

    お持ちしましょうか?と声をかけますが 必ず一人で運んで セッティングをして 本番 バラシも一人

    運搬→セッティング→本番→バラシ→運搬の流れがセットで 自分の体の一部となり

    流れが出来上がっているのだと思います。

    本番はいつも完璧で トラブルも見たこともありません。 持ち運んでいる間も 機材と対話しているのだと思います。

    

I氏  ミュージシャンの方々は 「1日何時間ぐらい練習してるのでしょうか?」という一般からの

    質問に 大体の方の答えは表向き「していません・・」なのですが、

    I氏は この質問に対して 「学生時代は平均8時間の練習」 「今でも練習は欠かさず行っています」

    「あと本番前の決まったエクササイズをしている」そうです。

    長く活躍する方に共通しているのは 表向きは「練習していない」と言っておりますが

    そんな事はありません。常に努力を続けているのでした。

 

G氏  外国のミュージシャンに共通しているのが どんな機材でもどんな会場でも自分の音を出して

    楽しんでプレイしているという事です。

    当時の会場は国分町にあったスタジオで一般も使用する部屋でした。

    機材も普通のスタジオに置いてあるベースアンプ

    必ず その性能を100%引き出して帰っていくのです。

    終わってから「あんなにいい音するんだ・・あのアンプは・・となるのです。

    「 弘法筆を選ばず」とはこのことか・・・   

 

B氏  憧れのベーシストにL.Aでお会い出来ました。世界的に有名なベーシストなので

    緊張しましたが とても気さくな方でした。

    当日幸運にも 演奏も見る事が出来ましたが あの「サウンド」と「プレイ」と「歌」でした。

    ライブ終了後は ハーレーで帰っていきました。 さすがアメリカです!!

 

     

  

    

     

 

 

      

   

   

    

    

 

    

 

 

 

     

     

    

     

     

 

BigBoss仙台店さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス