NLP心理カウンセリング 日本NLP学院

NLP心理カウンセリング 日本NLP学院

アダルトチルドレン克服のためのNLP心理カウンセリングをおこなっています。あなたが本来のあなたに戻るためのカウンセリングです。対面カウンセリング、スカイプカウンセリング。日本NLP学院

Amebaでブログを始めよう!
●ポジティブな言葉やイメージを有効的に使う方法   

こんにちは。岩渕洋(いわぶちひろし)です。

イメージと言うものは、自然に湧き上がるものですよね。

イメージは意識的に出すよりも、人の言葉や自分の状態に左右されます。

イメージは感情と同じように、自然と思い出されるものです。

このように、意識的に制御できないものは潜在意識(無意識)の領域にあると言えます。

例えば、「ディズニーランドを想像しないでください」と言われたらどうなりますか?

自然と勝手に想像してしまいますよね。

意識は、「否定形」は理解できますが、潜在意識は「否定形」を理解できません。

なので、「ディズニーランド」と聞いたとたんに「思い出して」しまいます。

意識は「それを打ち消す」ことはわかるんです。

そして、潜在意識は意識と違って、現実と想像を区別できません。

あと、もう一つ、他人と自分を区別できません。


そんな馬鹿なと思いますか?、

でも、テレビや映画を見て、現実ではないとわかっていても、反応してしまいますよね?

意識は「作り物」とわかっていても潜在意識は「現実」と変わらずに認識しています。

では、どうしたらいいでしょう?

まず、日ごろの言葉の使い方を肯定的にしていくといいんです。

「失敗しないようにしよう」ではなく「うまくやろう」

「嫌い」ではなく「あんまり好きじゃない」

「病気を治そう」ではなく「元気になろう」


言葉はとても、イメージを掻き立てます。

例えば、子供に「転ばないでね。転ばないでね。」というと転びます。(笑)

小さい子供であればあるほど、意識は未発達なので左右されがちです。

こういう場合は、「気を付けて歩いてね」のように使ってください。

また、きれいな物、美しいもの、感動するものを見る習慣を付けましょう。

自然と、心が穏やかになっていくはずです。

言葉使いや見るものを少し変えていく。

そんなちょっとした工夫で、自分の心に栄養を与えてくださいね。^^


アダルトチルドレンを克服するためのNLPカウンセリング  カウンセラー 岩渕洋

日本NLP学院

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-15-24 ヒカリビル3F(リエンゲージメント内)

カウンセリングメニュー
アクセス
ご相談者さまのご感想
アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー(無料)
・Email:m.c.c.hiroshi@gmail.com

最寄は新宿御苑前駅、新宿三丁目駅より3~4分。新宿駅からは少し歩きます。

アダルトチルドレンの克服、毒親、DV、離婚、虐待、いじめなどのトラウマ、対人恐怖症、PTSDなど。 
●五感の仕組みを知ってリラックスしましょう  

こんにちは。岩渕洋(いわぶちひろし)です。

今日は、五感のお話をします。^^

五感は視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚の五つです。

それで、ここまでは皆さんもよく知っていることですよね。

でも、これが外からの刺激と、内からの刺激に分かれる、と聞くとどう思いますか?

外からの刺激に対して感じる場合、これを外的五感と言います。

そして、内からの五感の刺激を、内的五感と言います。

外的五感はいわゆる普通の五感です。

内的五感はイメージなどを想像したり、過去を思い出した時に働く五感です。

例えば、レモンの輪切りを口の中に…と言われるとすっぱくなりますよね。

食べてないのに、すっぱくなる。

これは、イメージによって内的な五感が働き、すっぱく感じています。

ポイントは「今は、レモンはないのに、どうしてすっぱいの?」なんです。

「今ここにないのに、想像すると刺激が現れる」と言えますね。

この仕組みと同じで、例えば、ネガティブなことを想像すると嫌な気分になったりしますよね。

このように、「記憶は、思い出すと、現在の自分に影響を与える」と言えます。

リラックスするには、この仕組みを逆手に取るります。

過去の記憶(今はないもの)にアクセスせず、今の良いものに五感を働かせる。

例えばすぐにできる簡単な方法は、いい刺激を取り入れることです。

いい刺激を取り入れて、「今ここ」にいながらリラックスを感じることを増やす。

そうすると、自然に穏やかな状態が増えてきます。

穏やかな音楽でも、アロマでも、きれいな花でも風景でも絵でも。

そんなものを日常に取り入れるだけで、心はリラックスしていきます。

方法的には地味ですし、変化はゆっくりすぎてわからないかもしれません。

でも、ゆっくりな変化は、戻りにくいのが脳や潜在意識の仕組みです。

そして、確実で、頑張らなくても未来が変わる方法です。^^

アダルトチルドレンを克服するためのNLPカウンセリング  カウンセラー 岩渕洋

日本NLP学院

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-15-24 ヒカリビル3F(リエンゲージメント内)

カウンセリングメニュー
アクセス
ご相談者さまのご感想
アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー(無料)
・Email:m.c.c.hiroshi@gmail.com

最寄は新宿御苑前駅、新宿三丁目駅より3~4分。新宿駅からは少し歩きます。

アダルトチルドレンの克服、毒親、DV、離婚、虐待、いじめなどのトラウマ、対人恐怖症、PTSDなど。 
●ネガティブなイメージを遠くへ飛ばすエクササイズ   

こんにちは。岩渕洋いわぶちひろし)です。

ネガティブなイメージを、変えていくエクササイズをお伝えしますね。

人の記憶って、実は正確ではないんです。

自分で無意識的に創り出している部分もあるんです。

その証拠に、寝転がって本を読んでいる時を思い出してみてください。

二通りに分かれたと思います。

1、自分の目線から本が見える

2、寝転がっている自分が見える


二つとも正解です。

1、主観的に思い出した。

2、客観的に思い出した。


ということです。

でも、ここで考えてみてください。すべての人が2の客観的に思い出すということは出来ます。

でも、…「いつそんな場面見たんですか?????」

と言われると、見てないですよね?

これは、「脳は見ていないイメージを補完することができる」=「脳はイメージを作りだしたり、変えたりすることができる」ということなんです。

なので、イメージは意識的に変えることも出来ます。

では、実際のエクササイズです。

落ち着いて、ゆったり座った状態で、ゆっくり呼吸をしながらおこないます。

嫌なイメージを思い出すと、嫌な感じがしますよね。

どこに嫌な感じ(胸とかお腹とか)が1から10でどれぐらいの強さか書いてみてください。

あとで、変化を確かめるためです。

では、嫌なイメージを思い出します。(あんまり強いのはやめてくださいね)

これから、イメージを変えますが、出来ないことはスルーしてください。

では、イメージが自分の目線(主観的)であれば、自分を登場させてください。

自分を登場させると客観視することになります。

そのイメージがカラーであれば、白黒やセピアにしましょう。

鮮明であれば、ぼやかしてみましょう。

おもしろい絵を貼り付けることができたらしてみましょう。

動画であれば、静止画にしてみましょう。

大きければ、小さくしてみましょう。

音があるのであれば、音程を変えてみましょう。

リズムやピッチ、速さを変えてみましょう。

好きな音楽があれば、頭の中で、流してみましょう。

嫌な感触があれば、好きな感触(例えば、柔らかい、ほかほか、さらさらとか)に変えてみましょう。

出来たら、画像ごと、今より上の方に置きます。

そして、どんどん小さく遠くへしてみてください。

そして、小さくなったら、破くなり、燃やすなり、風船につけて飛ばすなり好きにしてやっつけましょう。

そして、心の中で、「もう必要ないから、ありがとうございました」と唱えてください。

以上です。

ポイントは、「許す!」ぐらいの気持ちで手放す感じです。

出来事や、人は許せないかもしれませんが、自分の持っている感情を許しましょう。

そして、ありがとうの感謝。

あなたの心は、あなたを、二度と嫌な目に合わせないために、過剰防衛で記憶してくれてたんです。

だから、それについては、ありがとうって、自分の心に伝えてくださいね。

あんまり強いネガティブなものは、きっついのでやめましょう。

自分が取り組める範囲の、軽いものからおこなってくださいね。^^

アダルトチルドレンを克服するためのNLPカウンセリング  カウンセラー 岩渕洋

日本NLP学院

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-15-24 ヒカリビル3F(リエンゲージメント内)

カウンセリングメニュー
アクセス
ご相談者さまのご感想
アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー(無料)
・Email:m.c.c.hiroshi@gmail.com

最寄は新宿御苑前駅、新宿三丁目駅より3~4分。新宿駅からは少し歩きます。

アダルトチルドレンの克服、毒親、DV、離婚、虐待、いじめなどのトラウマ、対人恐怖症、PTSDなど。 
●あなたは自分のことを褒めていますか?   

こんにちは。岩渕洋(いわぶちひろし)です。

自分のことを褒める。

「なんですか?それ?」と思いますよね。

自分の良い所を、例え小さいことでもいいので、たくさん書きだしてみてください。

普段は忘れていることも、あるかもしれません。

じっくり時間をとって、たくさん書き出してみましょう。

人は、他人とコミュニケーションをとるように、実は自分ともコミュニケーションをとっています。

頭の中で、「ああだ、こうだ」と。

それが、ネガティブになると、人を責めたり、自分を責めたり。

そればかり続くと、心がまいってしまいます。

自分の良い所に気が付いて、自分に栄養を与える。

人は褒められると嬉しいものです。

褒められると元気になります。

自分を他人のように褒めてみてくださいね。

心身のバランスが取れて、元気になっていきますよ。^^

アダルトチルドレンを克服するためのNLPカウンセリング  カウンセラー 岩渕洋

日本NLP学院

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-15-24 ヒカリビル3F(リエンゲージメント内)

カウンセリングメニュー
アクセス
ご相談者さまのご感想
アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー(無料)
・Email:m.c.c.hiroshi@gmail.com

最寄は新宿御苑前駅、新宿三丁目駅より3~4分。新宿駅からは少し歩きます。

アダルトチルドレンの克服、毒親、DV、離婚、虐待、いじめなどのトラウマ、対人恐怖症、PTSDなど。 
●あなたの心に聞いてみてくださいね。  

こんにちは。岩渕洋(いわぶちひろし)です。

先日、映画のマレフィセントを見てきました。^^

意外な展開のお話で、マレフィセントの愛情が素敵なお話でした。

詳しく書くとネタバレになるので、あまり詳しく書けませんが。

素敵な親子愛?の映画でしたよ。^^

さて、感動のお話を見たり、聞いたりした時、どんな気持ちになりますか?

例えば、あなたが素晴らしい絵を見て感動した時。

雄大な自然を目の前に感動した時。

命の尊さに触れて涙した時。

人の優しさに触れて、愛を感じた時。

神様の贈り物のような偶然を感じて神聖なものを感じた時。


そんな時に、人は「素敵なことが外からやってきた」と思いがちです。

でも、よーく考えてみてください。

なぜ、あなたは感動したのでしょう。

人の心はは知らないものに感動はできません。

あなたの心は、「素晴らしいそれ」を知っていたんです。

あなたの中に既に素晴らしい部分があるからこそ、あなたの見たものや聞いたものに感動したのです。

本当はその感動を既に知っている「あなたの心が素晴らしい」のです。

あなたの中に「既にあるからこそ」あなたがそれを受け取れるのです。

あなたの中に、優しさや、美しさ、愛や神聖さ。

そういうものが、既にあるから、あなたは感じることができるのです。

それは、自分にとって「誇り」にしていいものだと思います。

あなたは、自分で思っているよりも、素敵な人なのです。

そんな自分を、自分の心を、信じて欲しいと思います。^^

アダルトチルドレンを克服するためのNLPカウンセリング  カウンセラー 岩渕洋

日本NLP学院

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-15-24 ヒカリビル3F(リエンゲージメント内)

カウンセリングメニュー
アクセス
ご相談者さまのご感想
アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー(無料)
・Email:m.c.c.hiroshi@gmail.com

最寄は新宿御苑前駅、新宿三丁目駅より3~4分。新宿駅からは少し歩きます。

アダルトチルドレンの克服、毒親、DV、離婚、虐待、いじめなどのトラウマ、対人恐怖症、PTSDなど。