2015.10.25(日)関西大学ラグビーAリーグ 第4節 摂南大学vs同志社大学 京都市宝が池球技場 12:00キックオフ!京都の北山を望む宝が池は、気温も少し下がり、時折強風も吹くコンディションとなった。





同志社大学はここまで2勝1敗、優勝戦線に踏みとどまるには負けられない一戦。摂南大学も天理に敗れたものの、関学、京産大に競り勝っており、侮れない対戦相手だ。




特に摂南にはNo8セコナ・トプィ、CTBトゥア・サミソニのパワフルな突破力が驚異的だ。同志社は、この両外国人選手をいかに止められるかが今日のポイントとなるだろう。




一方の同志社、初戦の近大戦で痛い星を落とし、関大、立命館に勝ったものの、まだ波に乗り切れていない状態だ。




今日はバックス陣を入れ替え、インサイドセンターに永富晨太郎選手、WTBに高野蓮選手、花園優勝メンバー東福岡出身のルーキーを入れてきた。




さて前半のキックオフ!キックオフのボール処理を誤り、ペナルティからいきなり攻め込まれる同志社、前半3分あっさりと摂南のトライを許した。またしてもかと冷たい予感が背筋を走る。




しかしすぐさま反撃に転じた同志社、スピード良く走りこんできたFL野中翔平選手が前半6分に見事なトライ。彼も東海大仰星、優勝チームのキャプテンだ。このトライはチーム、ファンをも勢いづかせる価値あるプレーだった。




スクラムで優位に立つ同志社、何よりもFWの運動量では摂南を上回っていた。前半16分LO山田選手のトライ、20分には韋駄天WTB高野選手がスピードと切れのあるランで相手ディフェンダーを抜き去り待望のトライを上げた。難しい位置からのゴールも成功し、同志社19-7摂南とリードを奪う。




しかし23分にはまたしても摂南にトライを許す。今日の同志社は相対的に低く刺さるタックルを敢行し両外国人選手を止めてはいたが、被トライのシーンはエアポケットに入ったがごとく、あっさり取られのが気になるところだ。同志社19-12摂南。




今日の同志社の第1列、2列は①海士②山﨑③才田④山田⑤森山、ラインアウトも安定し、スクラムでは充分に押し勝っていた。第3列は⑥秦⑦野中⑧倉本、FW全員が良く走り、FW戦では完全に優位に立っていた。




前半32分倉本選手のトライ、玉際に強く突破力のあるNo8ですね。35分山崎選手、39分森山選手とFWで取りきったトライで同志社36-12摂南と突き放して前半を終了した。


同志社サイドのファンの顔には少し安堵の笑みが浮かぶ。しかし後半は3分摂南のトライで始まった。前半も後半も入りでトライを取られる同志社はどにかならないものかと苦言を呈しておこう。



しかし後半6分、12分に立て続けに2山﨑選手のトライが生まれる。しかもバックス並みにライン参加した形でのトライだ。山﨑翔太選手、筑紫高校出身の2回生、今はヤマハで活躍する日野選手を彷彿する選手。これからの活躍に期待しよう!



この時点で同志社48-19摂南、同志社ファンも少し余裕を持ってゲームを見られるようになった。このあたりからベンチも次々と選手を入れ替えて行く。後半21分倉本選手のこの日2本目のトライ。




やはりラグビーはリズムが大切ですね。それと自信を持ってプレーすること。これだけのメンバーが揃っているのだから、普段の力を出し切れば負けるはずはないと私は信じています。



そんなこんなで最後は摂南にトライを1本許したものの55-26でノーサード!同志社はまずまずではありますが、「快勝」と言ってあげても良いでしょう(*⌒∇⌒*)



最近は仕事の関係で日曜日に休みが取れず、今日はたまたま貴重な休日でした。宝が池までは自宅から2時間ぐらい掛かりますが、今日は思い切って出掛けてみて、良かったです。(≡^∇^≡)


北山からの吹きすさぶ風も今日は心地よかった。ラグビーはワールドカップのジャパンの活躍で注目されていますが、やはり贔屓のチームを応援にラグビー場に出かけ生観戦がオススメですね。



同志社の諸君たち!あとの試合も自信を持って堂々と戦ってくれ。さすればラグビーの女神は必ず微笑んでくれます。Do my best!シンプルに考えましょう!


※Dサポートネットワークは同志社大学ラグビー部を応援しています。最新情報はこのHPで・・・。

http://d-support-network.net/