2015年6月28日(日)同志社大学田辺グラウンドで、同志社大学vs天理大学、春のシーズンを締めくくるAチーム・Bチームの熱戦が繰り広げらられた。


今年の同志社、明治にはロスタイムでサヨナラ負けを喫したものの、関学、京産大、早稲田、立命などを撃破!闘将才田キャプテン率いる今年の紺グレ軍団にはかなりの期待が寄せられている。


この同志社に関西リーグでは双璧として立ちはだかるのが黒衣軍団の天理大学!モセセ・トンガやジョシュア・ケレビ、フィリモニやマキシも脅威の的、留学生パワーもヒートアップ!この天理の壁を打ち破り、まずは関西王者復権がノルマとなるだろう。



13:00B戦キックオフ!①趙②東③石橋④朴⑤戎⑥丸山⑦中村⑧高田⑨大越⑩永富⑪佐藤⑫永富⑬吉澤⑭高野⑮岩本が同志社のスターティングメンバー!SO永富健太郎CTB永富晨太郎、永富ブラザースのコンビネーションにも注目でした。








前半14分⑭高野蓮選手のトライで同志社が先制!高校ラグビー花園のトライゲッター東福岡出身、高野蓮選手のトライに関する嗅覚は流石ですネ。



しかし一進一退の攻防が続き、トライを取り合う展開、トライ数は3本づつ、前半はコンバージョンの差で19-15と同志社4点リードで折り返しました。







後半6分、先手を取ったのは天理、19-20とスコアを引っくり返しました。ジリジリとあせり始める同志社サイド!このムードを吹っ切ったのは、後半25分右隅に飛び込んだ高野蓮選手のトライでした。



むずかしい角度からのコンバージョンキックも決まり、同志社26-20天理!同志社ファンも胸をなでおろした瞬間でした。







ひと息ついて、勢いを取り戻した同志社、相手陣での攻撃も落ち付を見せ、28分倉本選手、35分趙選手のトライで天理を突き放し・・・。



そのまま終わるかと思いましたが、37分には天理のトライを許し、38-27同志社勝利でノーサードを迎えました。




今日の同志社Bチーム!バックス陣はまとまりがあったように思います。⑬吉澤⑮岩本と同志社香里出身4回生のこの二人が声を出してチームを引っ張る。献身的なプレーも光っていました。



永富弟も前半にはここぞと言うところでのトライもあり、非凡なところを魅せていました。FWも含めて楽しみな選手が多かったですネ。



輝く選手達!秋には紺グレのファーストジャージに袖を通して欲しい。期待していますネ。そんなこんなで、まずB戦は同志社の勝利!続くAチームは・・・。



A戦の模様は後ほど・・

※Dサポートネットワークは同志社大学ラグビー部を応援しています。最新情報はこちらのHPで・・・。