ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 2013年11月23日(土)関西大学Aリーグ最終節 大阪体育大学戦終了後『がんこ三条店』17:30より『同志社大学ラグビー部激励会』が開催された。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧

学生スポーツのあり方については様々な角度からいろいろな意見が出されているが、私は心からスポーツを愛し、ラグビーを愛し、母校を愛している。



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 “One for all,All for one”“no-side”フェアプレイの精神の中でお互いの肉体がぶつかり合うラグビーに於いて“志高く”自らのラグビーを追求する選手達からはいつも感動をもらっている。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧

願わくは関西Aリーグで優勝し、大学選手権では関東の強豪を撃破し大学日本一の座に返り咲いて欲しい。夢を追いかける姿勢は選手もファンも同じだと思う。



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 この日の激励会はDRC(OB)、DRFC(ファンクラブ)、そして選手の関係者の方々が一堂に会し、関西リーグを戦った選手達を労い、そして来るべき大学選手権に向けての叱咤激励会となった。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 関西大学Aリーグ、同志社大学は5勝1敗1引き分けでシーズンを終えた。山神孝志監督が宮本勝文前監督からバトンを受け、大学選手権にも進めなかった昨年の悔しさを晴らすべく頑張ってきたチーム。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧




ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 この5勝1敗1引き分けをどう受け止めるか、そこから明日への挑戦が始まるだろう。今年は力強い新人が入部、140名を超える大所帯を最も部員が少ない4回生がチームを引っ張る。



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧

ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧






ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 私は毎年同志社ラグビーを見続けているが、真摯にラグビーに取り組む姿勢が感じられるのは今年のチームが一番かもしれない。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 NHK大河ドラマ『八重の桜』が放映されているが、同志社が注目されている中、『同志社と言えばラグビー部』金看板を背負った選手達への期待は思った以上に大きい。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 『激励会』はファンクラブの会長でもある小島淳志会長の『がんこ寿司』が会場を提供している。DRC会長や大学関係者の方のご挨拶のあとは選手達との歓談の場となった。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧

ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧

スポーツのあり方は選手とファンとのふれあいから素晴らしいチームが出来上がるものだと思っている。勝つことを目標に頑張る選手達、その選手達を周囲が支え応援する。


時には悔しくて涙することもあるが常に声援を送り続けるファンがこの激励会には集まっているのだろう。



ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧 さぁ、12月8日(日)からは大学選手権セカンドステージ・プール戦が始まる、関西1位で行くか2位で行くかはまだ判らないが、長居、花園、瑞穂で関東の強豪と対戦することは決まっている。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


関西大学Aリーグ5勝1敗1引き分けは決して満足の行く結果ではなかったと思う。そのことは選手達が一番感じていると思う。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


大学選手権までにはまだ2週間ある。でも2週間は長いようで短い。「今しかやれないことを今やろう」選手達からは「これだけやったんだから結果は後からついてくる」と言って欲しい。


ジュリア&グリーン 日本酒とワインとラグビー三昧


140名を超える大所帯、紺グレのジャージに袖を通す選手達ばかりではなくて、裏方で支えるスタッフ達の意識も高い。


"志高く”今年のスローガンを胸に大学選手権に向けて威風堂々と駒を進めましょう。「頑張れ!同志社!」今こそ雄雄しく立ち上がりましょう!